まきくま山

まきくま山の備忘録。 山歩き・美味しいもの・愉快な仲間


4月23日の日曜は、GW前の足慣らしで奥多摩の山歩きに出かけました。
うしが鷹の調査抜きで山につきあってくれるなんて、なんと珍しいこと!

コースは青梅線古里駅にほど近い寸庭橋からスタートして、イワウチワで有名な鉄五郎新道で大塚山まで。。。
のはずが、なぜかとりつきで迷いに迷って、寸庭橋から大楢峠を通って、城山経由で寸庭橋までのグルリップになりました。

寸庭橋のたもとにも有料の駐車場がありますが、坂道を50メートルくらいあがったところの無料駐車場に車をとめます。
橋まで戻って川沿いの細道に入ります。大多摩トレイル(奥多摩駅までの遊歩道)の道標があります。
ここからいくつか小さな橋を渡って、ワサビ田の横を登っていくはずが、どこをどうまちがったのか、ぐるぐるぐるぐる1時間以上川のあたりをさまよいます。
何度も大楢峠に向かう舗装道路に出てしまったので、もう、それでいいよ、ということになり、大楢峠に向かいます。
(おかしいなあ。鉄五郎新道はもう何度も登っているのにね)
新緑のいちばんきれいなところに行く、というのが今日のテーマだったので、広葉樹の森で新緑がドンピシャの標高なら、ま、どこでもよかったのです。

s-IMG_0405.jpg
ほら、新緑のぽやぽやがたまりませんな。

s-IMG_0406_20170430233940f8c.jpg
越沢のパットレスの岩登りの人びとを眺めながら登ります。この辺りはこんな岩場があちこちあるので、岩の人びとにも人気です。もちろんこっちは至極安全な道です。
が、足元でがさがさっと音がしてびっくりします。

s-IMG_0407.jpg
ヤマドリさんでした。

s-IMG_0409_20170505221515b89.jpg
山中にこんな立派な石垣が残っていました。昔はこんなところに集落があったのでしょうか。
広葉樹の森を目指していたのに、いつまでも植林のなかの級坂が続き、ちょっとがっかりです。

s-IMG_0419.jpg
暗い山道ですが、べっぴんさんなエイザンスミレにちょっとだけ励まされます。

とりつきから1時間はんほどで大楢峠に到着。
s-IMG_0421.jpg
その名のとおり、楢の大木があったのですが、数年前の台風で倒れてしまっていまはこんなふうです。
ここで、お昼ご飯にします。
ところが・・・カップうどんのお湯を沸かし始めたらガスがなくなってしまい・・・
小さなおにぎりとお菓子でしのぎます。

峠から左に行けば、御岳山、右に行けば城山です。
私たちは右コース。ここからはきもちよい尾根を進みます。
s-IMG_0422.jpg
ちっちゃいちっちゃいスミレや
s-IMG_0428.jpg
巨木を
s-IMG_0435.jpg
楽しみながら進みます。

城山頂上。
s-IMG_0439.jpg
尾根の上のちょっとしたピークで、展望もなにもありませんが、いちおう、本日の最高地点。

ここから急降下が始まりますが、広葉樹も出てきて、新緑や、山桜がきれいです。
そして、こんな娘さんにも会えました。

s-IMG_0453.jpg
イワウチワ。葉っぱがびっしりだったのですが、咲いていたのはほんの少し。1週間遅かったようです。

s-IMG_0458.jpg
とにかく急な道を鳩ノ巣駅方面にとっととっとと下ります。このあたり、新緑がまぶしいです。
舗装道路に降りたら右へとって、鳩ノ巣大橋を渡り、青梅街道をしばらく歩いて寸庭橋に戻りました。

s-IMG_0469.jpg
駐車場の山桜。

寸庭の駐車場9:40-迷い迷いーパットレス展望台11:00ー大楢峠12:00 昼休憩12:30 ―城山13:05-寸庭駐車場14:40

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://makikuma.blog34.fc2.com/tb.php/555-2ab15650
トラックバック