まきくま山

まきくま山の備忘録。 山歩き・美味しいもの・愉快な仲間


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山のあなたの空遠く、
「幸」住むと人のいふ。

aozoraそれはこんな青空の日。
山に向うときに、自然と口をついて出てくる詩だ。

富士見下の駐車場に車を置いて、K林さん親子と歩き出した。
富士見峠まではなだらかな林道。
rindo
峠の向こうは美しい尾瀬ヶ原。尾瀬に向かう気持ちって、なんだかこの詩にぴったりだ。

だらだらだらだらと登る林道をゆっくり進む。
最初に出迎えてくれたのはこれ
rashomon
「羅生門蔓(ラショウモンカズラ)。「渡辺綱に切られた鬼の腕にているからついた名前なんだって」「へえ~へえ~」。今日は、なんと我らが王子、k林さんのお花の講義付きなのだ。

tachitubosumireutsugi
kurumabasouiwanashi&maizuruso
タチツボスミレ、***?、クルマバソウ、イワナシ&マイヅルソウ
enreiso エンレイソウ
すみれの地上茎とはなんぞや? クルマバソウとクルマムグラの違い、マムシグサのオスとメスなどなど、ためになる話満載。
よって、歩みは極端に遅くなり、その分楽しさは増える!

ブナの大木が多いのがこの道の魅力だ。途中にはいくつも水場がある。森と水の豊かな山はほんとうに気持ちがいい。
合流予定の熊・山猫チーム(パンダになりそこなってまます)から何度か電話が入る。が、電波状況が悪く切れてしまう。
aozora
だいぶ登ったなあ。
隣の稜線がこんなふうに見えてきたら、峠は近い。

富士見峠の小屋で小休止。肩に食い込む重いザックをおろして持参のおにぎりを食べる。このまま尾瀬ヶ原に下ってもいいのだが、天気がいいので、アヤメ平~横田代に行ってこようということに。きっとここを往復する間に熊・猫チームは追いつくだろう。

峠から西、鳩待方面の稜線へ一歩足を踏み入れると…あれあれ、道は急に雪だらけに。ほどなく伸びやかな湿原に出る。
なんだ、雪がとけたばっかの枯れ野じゃん、と思ったら、咲いてます。ぽつぽつと。
shojobakama
ショウジョウバカマ
イワカガミ、チングルマ、ヒメシャクナゲ、タテヤマリンドウ……

でも、ここでは必死に花を探す気になれない。
なぜなら、ココの魅力は湿原のお花だけではないからだ。

天空にぽっかりと浮かぶオアシス 

そう、尾瀬が大好きなたけさんの言葉を借りていうならば、そんな場所。この場そのものの美しさが私の心にぐっと迫ってくる、そんな場所なのだ。
sibutsu
池塘の向こうに残雪の至仏。クリックで拡大

oyako
仲良し親子とヒウチ。

アヤメ平からも横田代からも残雪の山々が一望できる。とても気持ちのよいベンチもあって、シャンパンとグラスを担ぎ上げているペアもいた。うーーー。うらやますぃ! 私も今度やるもんね(ひとりで? いやいや**さんと来るもんねー)。

小屋まであと3-4分というところで、熊・猫チームの電話をキャッチ。なんと小屋で「出来上がっている」様子。
えーっ、こんなところで酔っ払いひろっちゃうの? かなり不安になるが、山で仲間に会う楽しさはまた格別。雪の道をはねるように小屋に急ぐ。

感動のご対面をすませたあと、一行は長沢新道を通って、一路本日のキャンプ地へ向った。
そして、その長沢新道はこの時期かなりの曲者だ。
まきくまのもっとも苦手とする、濡れてかつななめった木道が次々と出てくるいやーな道なのだ。思わず詩の続きが頭をよぎる。

われひとと尋めゆきて 涙さしぐみ帰りきぬ

さー、どーする まきくま

時間切れのため 続く~

よみがえって
先週がよみがえってきますねぇ、長沢新道にまきくまさんのおたけびがとどろいてたなぁ~。
いつかは?アヤメ平も行きますです(^^)
2006/06/24(土) 07:28:11 | |熊さん@ビデオ接続まだ #YIV7L8X6[ 編集]

情緒感あふれるレポですねー良いですねー尾瀬いいですねー
まきくまさんはいろんなワザを持っていてうらやましぃ。
最高の梅雨の晴れ間になりましたね。
2006/06/24(土) 12:24:00 | |たここ #USldnCAg[ 編集]

も~もたろさん、ももたろさん♪
で来るかと思ったらカール・ブッセですかあ。
もう、かっこいいんだからあ。
2006/06/24(土) 18:02:00 | |ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]

はぁ~ v-406ますます後悔の念ねん
素晴らしい青空と景色。
まだ見ぬ世界だわぁ~

こりゃ、早くエミさん連れて
尾瀬散策へGO!v-355だわさ。
2006/06/24(土) 22:33:27 | |ロビン #qIFa0De.[ 編集]

まきくまさん、こんにちわ。
尾瀬シリーズ、はじまりましたね~。きゃ~、楽しみにしてました。
天空にぽっかりと浮かぶオアシス、本当に素敵♪
おっしゃ~、わたしも生オアシス(なんのこっちゃ?)見にいくぞ~。

#わたしも尾瀬レポ、UPしはじめました。TBしたのだけど、しっぱい・・・。暇なときに見に来てくださいね!
2006/06/25(日) 13:09:21 | |まゆ太 #-[ 編集]

熊さん
楽しかったですねー。毎度の遅出で、なんだかいつもどきどきです。あれは、エンターテインの一手法か? アヤメ平から大声で林道にむかって呼んだのになあ、聞こえなかったみたいですねー。残念。

たここさん
この件に関しては、たけさんに大感謝だあ。(他の件もそっかーv-14) たけさんは尾瀬の広報委員長じゃけん。またいいスポット、いい季節たんまり情報くださいな。私もことしは何回か行ってみたいです。

ぜいぜいさん
うひひ、かっこいいっすか? でも、ももたろさんで始めたほうがよかったなあ。この調子はぜったい二日目まではもちません。どたばた喜劇の予感が…

ロビンさん
ほんと、残念。ロビンさんいたら、感激や同志、涙流してたかもねー。でも、ためがあると、感激もひとしおでは? 秋楽しみだねー。

まゆ太さん
私は、生ヒウチいくぞー。ほんと尾瀬っていろんな表情があって面白いねー。
お互いあと何回いけるかなー。

2006/06/26(月) 19:36:15 | |まきくま@お仕事 #CxfrnmnI[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://makikuma.blog34.fc2.com/tb.php/55-777ecdb7
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。