まきくま山

まきくま山の備忘録。 山歩き・美味しいもの・愉快な仲間


大雪でまったりしたあとは、旭川市内の日帰り湯で汗を流して、道道72号を北へ30分ばかり走らせまして、江丹別に参ります。

牛、牛に会いにいくの図。
s-IMG_0590.jpg
そう、我が家の大好きな短角牛です。





そして、ここが今夜のお宿。オサラッペ牧場のゲストハウスです。
ご夫婦でやっている、小さな牧場です。

s-IMG_0587.jpg

せっかく北海道に行くなら牛にあえるといいね、といろいろ調べていたら、なんと、岩手県岩泉原産の短角牛を肥育している牧場に行き当たりました。
岩泉は、私たちがとても気に入って毎年のように訪れているところ。
岩泉一帯の山は放牧場になっていて、そこで草を食べて育つ茶色い短角牛は、つぶらな瞳のキュートな牛。その肉は、赤身で噛むと、ジュワッとうまみがひろがり、とてもおいしいのです。普通の牛肉肉より、アミノ酸が多いのだそうです。
そして、なんとこの牧場では、レストランとゲストハウスを併設しているというではありませんか!

というわけで、迷わず予約!

夕食は、どどーんと
s-IMG_0529.jpg
200グラムを超える特大ステーキでした。
これが、もう、絶品でございます。
(食べかけ御免! はやる気を抑えきれす・・・)

先ほどの画像の小さなログハウスは、牧場の主の手造り。
週末のランチタイムはレストランに、夜はそのままゲストハウスになります。
ちいさなレストランのロフトにささっと布団をしいて泊まるだけですから、当然お泊りは一日一組のみ。
なにせ、牧場の中にあるちいさな小屋なので、夕方から大量に発生した羽虫を掃除機ですいまくるという騒動もございましたが・・・

お隣の農場までは100m以上、
夜は邯鄲の声しか聞こえません。
外にでれば、満天の星。
ミルキーウエイも、流れ星も堪能しました。

牛は、夜中の2時にも起きだして、夜の鳥が鳴いていないか一回りお散歩したみたいです(汗)

朝は、もちろん牧草地をお散歩。
s-IMG_0537.jpg
朝もやがたちこめるなか、ひんやりした初秋の空気が心地よかったです。

双眼鏡を持って、小鳥を探して歩きます。
ベニマシコが藪から藪へと飛んでいました。
本州では冬の鳥ですが、北海道では夏の鳥。ここで繁殖をして、渡ってくるのですね。
なんか、すごく遠くにきた感じがするなあ。

s-IMG_0539.jpgs-IMG_0543.jpg
s-IMG_0545.jpgs-IMG_0555.jpg
野の花に癒され。

s-IMG_0558.jpgs-IMG_0565.jpg
ポニーと遊んで、
部屋に帰ると

牧場のお母さんが朝ごはんを作ってまっていてくれました。
s-IMG_0581.jpg
オサラッペ手作りソーセージと、お野菜、そしてお隣の牧場の生乳とヨーグルト。
(食べかけ御免! またかよ・・・)

さて、今日のイベントは・・・
江丹別からさらに北へ30分ほど、幌加内へと参ります。
s-IMG_0629.jpg
ん? この旗はなんだ!!!

一面の蕎麦畑です!
s-IMG_0686.jpg
幌加内は、全国ナンバー1の蕎麦の産地。
なんと、この日は新蕎麦祭りだったのです。

幌加内の役場近くの広場には、12の蕎麦やさんが出店しています。どこも1杯500円。いろんな蕎麦を楽しめます。
地元幌加内の蕎麦やさんあり、蕎麦打ち研究会あり、ほかの蕎麦産地からの出店もありました。使っているのは、基本的に幌加内の新蕎麦。とれたばかりの旬の恵みを、味わい尽くすお祭りです。
一番人気は、なんと、蕎麦打ちが必修科目、全国高校生そば打ち選手権では個人団体ともに日本一に輝く幌加内高校。
全国高校生そば打ち選手権 って、それなんだ? って話はさておき、行列の長さに、食べるのを断念したほどです。

この日いただいた蕎麦
s-IMG_0640.jpgs-IMG_0643.jpg
幌加内そばうたん会
細切り、こしのある蕎麦でした。
食べた後に、口蓋に広がる蕎麦の香りがたまりません。
つゆは美味しいのですが、ちょいとかつおだしのききすぎ、新蕎麦にはどうかな、と思いました。

s-IMG_0645.jpgs-IMG_0649.jpg
会津山都そば協会
大好きな山都のそばが出ているなんて! 蕎麦粉は、現地、幌加内、蕎麦うちのうでは、会津。夢のコラボですな。
香りもこしも、つゆとのバランスも、個人的には、ここのそばがいちばんでした。

s-IMG_0657.jpgs-IMG_0655.jpg
そば処北最寒
地元のお蕎麦屋さんのようです。温かい鳥蕎麦が名物らしいのですが、食べ比べたいので、やはりもりをいただきます。
ある程度皮も引き込んだ黒め、太めのお蕎麦です。
山形あたりの、極太蕎麦まではいきませんが、どちらかというとかんで味わう蕎麦の部類でしょうか。

s-IMG_0663.jpgs-IMG_0665.jpg
北海道そば研究会
残念なことに、ちょっとゆですぎでした。蕎麦は悪くないのに、もったいないなかったなあ。
つゆは江戸ふうで、ここがいちばん好み。すっきりと辛口でこなれた味でした。

と、4つの蕎麦を梯子しまして、
もう、全身が新蕎麦の香りでいっぱいになるくらい堪能いたしました。

s-IMG_0675.jpgs-IMG_0677.jpg
左は珍しい赤い蕎麦の花です。そして、おなじみの白い蕎麦。こちらは実がなってますね。

s-IMG_0709.jpg
まだお花が咲いていた蕎麦畑。
8月中旬は、雪が降ったかのよう、見渡す限りの蕎麦畑が、真っ白になるそうです。
きれいだろうなあ。
と、思うけど、やっぱり私は、新蕎麦の季節の方がいいや。

帰りは、オサラッペのお隣の牧場でソフトクリームをいただいて、北海道のお楽しみはこれにて終了。

広い景色と、美味しいものに満たされて、帰りも北斗星にゆるゆる揺られて東京に帰りました。
とさ。

おしまい。


う~新そば早く食べたい!
まっきーはお宿もだけど、面白いところ見つけるの上手だね~
参考にしなくっちゃ
2014/09/11(木) 10:22:23 | |ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]

短角牛・・・まだ食べたことない
そっかー うまみがたっぷりなのか。食さねばだ

新蕎麦の季節やね
わぁ 真っ白な小さなお花が一面、長野も蕎麦畑が見事だろうな~
新蕎麦祭りにドンピシャで喜びも倍だね
2014/09/11(木) 12:58:07 | |ろび #qIFa0De.[ 編集]
良い遊山と存じます(^_^)
こういう旅をしなくっちゃ
なんて思いました。
2014/09/12(金) 19:55:21 | |     河童 #P.nK..n2[ 編集]

ぜぜさん
牧場は私の検索の結果。新蕎麦祭りは、牧場のご主人が教えてくださったのです。
こういう地元のお祭りって、大好き! けっこうお得なことあったりしてね。いいもんです。
で、新蕎麦、おいしかったよー。
ぜぜさんもぜひ、秋は蕎麦山地へおでかけくださいませ。

ろび
長野もきれいだよね。蕎麦畑。
ただ、北海道の規模はやっぱ、桁違いですわ。ほんとに見渡す限り~。
びっくりするよ。
どっちの蕎麦がうまいかはまた別の話だけどねー。
あちこち行って、新蕎麦たべまくりたいね。

河童ちゃん

お、遊山のプロに褒められたー^^
でしょでしょー。よい遊山でしたよ。
ある程度計画する部分と、いきあたりばったりの部分と、そのあたりの配合も決め手かと。
あと、そういう感覚があう人同士だと楽しくなるよね。
河童ちゃんの次回の旅はいずこへ?
2014/09/15(月) 23:37:21 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://makikuma.blog34.fc2.com/tb.php/542-b24156b9
トラックバック