まきくま山

まきくま山の備忘録。 山歩き・美味しいもの・愉快な仲間


上野駅を19時過ぎに出て、札幌駅に着いたのは11時過ぎ。
実に16時間列車に揺られていたことになります。
なんだか、ホームに降り立ってもまだ体が揺れてる感じです。


昼食は、札幌駅でラーメンのつもりだったのですが、ちと時間が厳しかったので構内のそばやでささっと済ませます。
もちろん、そば粉は北海道産でしたけどね^^

で、そうなんです。
まだまだ乗りますよー。

s-IMG_0137.jpg   s-IMG_0140.jpg
北斗星から                特急サロベツ に 乗り換え~

特急のヘッドマークのデザインって、素敵なのが多いですよね。
稚内に向かう特急サロベツは、サロベツ原野のエゾキスゲのモチーフ。
遠く海の向こうには利尻富士が見えてます。旅情がそそられます。

特急サロベツを旭川で降り、そさらに各駅に乗り換えて美瑛まで。

美瑛で私たちを迎えてくれたのは・・・

s-IMG_0152.jpg 
観光列車 ノロッコ号~♪
旧型のちっちゃい機関車がやってきました。
パステル調の塗装が、写真で見てたときはだっさいなー、と、思っていたのですが、これがなかなかかわゆいのです。

s-IMG_0190t.jpg
横から見ると、大雪の山並みが描かれてますよ。

美瑛~富良野の景勝地を、名前のとおり、のろのろ走ります。
客車は、さわやかな風が吹き抜けるトロッコ風。

s-IMG_0168.jpg
解放感たっぷり。
景色との一体感もたっぷり。
大雪の山並みが見えてるの、わかりますか?
ビールでも飲みながら風に吹かれてのんびり乗ることをお勧めします。
(まきくまさんは、飲んでないんだよね)

そして、窓から見えるのは・・・

s-IMG_0158t.jpg
はあ、北海道だなあ。
な、景色でございます。
すでに収穫が済んで、秋の装いです。

ノロッコの終点富良野で降りまして、ここでレンタカーに乗り換えです。
ふう、どんだけ乗ってるんだ?! 乗り物・・・

でも、出会うのは、こんな景色ですからねえ。
さすがです。

s-IMG_0217.jpg
富良野のお花畑。
いやいや、そりゃ、山のお花畑にはかなわいないけどさ。
カットメロン食べたり、ゆでもろこしかじったり、あげじゃがほおばったりしながら眺めることをお勧めします。
(まきくまさんは、そのうちの1つをいただきましたー。3つともいきたかったよ、ほんま)

おまけにこんなシャッターチャンスにも恵まれました。

s-IMG_0230t.jpg
突然車を停められ、撮ってこい! て、言われてもねえ。
でも、なかなかすてきでしょ?
最近話題の北海道米が、稲穂を垂れて実っておりました。
地酒でもきゅうっとひっかけながら眺めたいですな。
(まきくまさんは、そんなことはしてませんけどね)

そして、大雪のふもとにあるホテルに向かう途中、忠別川のダムのほとりで夕日を眺めました。

s-IMG_0232.jpg
赤くそまる森。

明日は天気かなあ。。。

続く


いやん、なにこの風景、すてきすぎや~
北海道って冬しか行ったことないんだよなあ
やっぱ、花の時期に行きたいなあ
列車の旅、最高だね~
2014/09/04(木) 17:39:58 | |ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]

うーん 素晴らしい~
美瑛~富良野の景色を窓向きに座って
眺められるってゴチソウやね。
牛さんの髪の毛が風でなびいてるのが
爽やかな風を感じさせますな。

青森で八甲田をクリアしたから
今度は北海道やね
2014/09/04(木) 20:01:57 | |ろび #qIFa0De.[ 編集]

ぜぜさん
やっぱ、きれいだよねー。
夏の北海道もいいもんです。
冬の北海道もいいけどねー。クマ寝ちゃってるし。安心して歩けるね。
って、寒くて死んじゃうか?!
ぜぜさんも、のったり、ゆるゆる列車の旅してみてくりょ。

ろび
風に吹かれるのって、気持ちいいよね。
でも、牛の前髪はくるくるに伸びているので、ねてるときとか切っちゃいたくなりますよん。
そんでもって、八甲田はまだまだクリアじゃないのだ。秋の黄葉、お花の盛り、ちゃんとこの目で見てみないとね。
旭岳はロープウエイでひとっとび、とってもきれいなところに行けるので牛は味を占めたらしい。だから、これから何度もいくことになりそです^^

2014/09/08(月) 00:39:53 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://makikuma.blog34.fc2.com/tb.php/540-8d8e6f86
トラックバック