まきくま山

まきくま山の備忘録。 山歩き・美味しいもの・愉快な仲間


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月10日(土)、紅葉真っ盛りの鷹巣山へ。
山は毎年紅葉するけれど、毎年同じ紅葉ではありません。
山は毎年紅葉するけれど、そのピークにその山に登れることは、早々あるわけではありません。
そんな意味で、
「一生に一度あるかないかの紅葉だよね」
というセリフが何度も出てくるくらいの素晴らしい景色を堪能しました。

スタートは、峰谷の奥の集落から。
IMG_3426_20121113005418.jpg
車から降りるとそこはもう、紅葉真っ盛り!!

登山口から急な斜面をググッと上がると、間もなく浅間神社の鳥居があります。
富士講の歴史を物語る石碑など見て、まずは安全登山のお祈りをすませましょう。
IMG_3435.jpg

針葉樹の斜面を登るとほどなく黄金の唐松帯に出ます。
IMG_3436.jpg
唐松って、黄葉がひといき遅い印象があるのですが、今年はほかの樹種と同時に燃えてます。

そして、その隙間から、ほら!
IMG_3440c.jpg
白化粧の富士山。

再び針葉樹林に戻り、クマ剥ぎのあとを見つけました。
IMG_3443_20121113005415.jpg
クマ剥ぎとは、ツキノワグマがスギなどの樹皮を剥ぐ行動です。4~8月、幹と樹皮の間にある、糖分を 含んだ樹液が多くなる時期にそれをなめているのだとか。
うんうん、ここはクマのいる森なんだね。

道が明瞭な尾根にのっかって、斜度がゆる~くなったあたりから広葉樹の林になります。
IMG_3454.jpg
色があふれる明るい森です。

IMG_3457.jpg
見上げると、青空に赤も黄も映えます。

IMG_3472.jpg
春の新緑も、雪がついたころもよさそうですね。

IMG_3475.jpg
先を歩く牛さん
IMG_3476.jpg
なんかやってるし
IMG_3477.jpg
ばたんっ!!!
IMG_3478.jpg
行き倒れのふり。。。

奥多摩駅前で偶然会った同級生によると、牛さんは、給食の時間にマーガリンを顔にぬってクラスメイトを笑かすような子どもだったらしい。

なるほどね。

IMG_3479.jpg
行き倒れ 復活。
「山は登るものじゃない、見るものだ」と公言してはばからない牛さんも、この紅葉ですもの、気持ちよく、機嫌よく元気よく歩いています。
てか、ペース速すぎだし。

2時間半ほどで鷹巣山避難小屋に到着。途中、写真でだいぶ遊んだので、すんなり登ったら2時間でいけるんじゃないかなあ。
ここで石尾根に合流。進路を東に取ります。
鷹巣山はもうあとほんの少し。

石尾根からはお約束のこの山々。
IMG_3488.jpg
遠く、雪を頂いた南アルプスを望みます。

IMG_3490.jpg
石尾根、雲取山方面。左半分の大きな山塊は大菩薩連嶺ですね。
石尾根、何度来ても、しみじみいい。そして、こんな天気の日はすかーっと、気持ちよくなります。

IMG_3495.jpg
秋色に輝く奥多摩側、南の斜面です。
尾根フェチ、山襞フェチにはたまらない風景ですな。

紅葉は1300のラインくらいまで。
IMG_3506.jpg
頂上直下はこんな感じ。もう冬の景色ですね。

スタートからちょうど3時間で、頂上へつきました。

頂上では大展望がまってくれていました。
IMG_3516.jpg
富士山どーん。
山襞ばばーん。
たまらんのお。 

頂上は思ったよりは人が少なく、眺めのいいところに、思い思いに陣取れる程度の人出でした。
持ってきたお湯でカップヌードル&おにぎりタイムにしました。
この景色がおかずですもの。そりゃ、何よりもおいしいです。
でも、こんななら、ちゃんとお弁当作ってくればよかったと、ちょっと後悔。

そうはいっても、背後のグループのおしゃべりがちょっとうるさくなってきたのでいったん撤収。
少し石尾根を戻り、小さな踏み跡をたどってぽかぽかの草地に寝転がります。

IMG_3527.jpg
咲き残りのリンドウ

チョコレートを食べて、またーり。

しようと思ったら、どんどんチョコが溶けだした!
この日、日当たりはほんとに暖かかったのです。

すぐ近くの灌木にコガラが遊びに来ました。
IMG_3531t.jpg
木の実をついばんでいます。

IMG_3537t.jpg
こちらは牛さんの撮ったコガラちゃん。
身が軽そうでいいなあ・・・(遠い目)

このあと、いつのまにか2人とも爆睡。
はっと気が付いたら、日がだいぶ回っていました。

あわてて、鷹巣山避難小屋まで石尾根を戻り、同じ道をぐんぐん下ります。

途中、こんな落し物を発見!!
IMG_3544.jpg
特大のうんこ。
もうこれはあの方の仕業に違いないでしょう。

ほんとにクマがいる森なんだなあ。
奥多摩、深いっす。

IMG_3549.jpg
午前中とは全く違う光のなか、紅葉の森はまた違った美しさをみせてくれました。

15:20 もう陽が傾きかけたころ、車に戻って見ると

こんな素敵な風景が。紅葉の斜面が西日に輝いて見えます。
IMG_3555.jpg
いつか、こんな山の集落に小さな家を建てて住みたいなあ。なんて、思ったりして。

次から次へと欲望は果てしないけれど、とりあえず、今日一日が幸せだったことに感謝して。
うーん、やっぱり山は登るものかもだねー。

会いたくなってきた
最近 富士山見てないなぁ
こちら側からは なかなかお目にかかりませんから 関東エリアの低山からは 拝めますもんね

できる事なら ぐるりっぷが 良いですが この時期の朝の光と 夕方の西陽では 全く違った表情をみせてもらえるので 来た道を戻るのも楽しめますね

この調子で 山は歩くもの と思わせていってくださいな
冬が最高ですよって♪
2012/11/19(月) 13:17:00 | |岐阜ぺんぎん #-[ 編集]
紅葉
おはようございます
落ち葉を踏みしめながら紅葉を楽しむ山歩き~良いですね。
お天気も良かった様で、ほっこりとした様子が伝わって来ます。
富士山も最高です。
もう少し、この辺りを歩きたかったなあ!
2012/11/21(水) 06:03:51 | |やまとそば #g6FRH5K2[ 編集]

こうよぉーーーー!!
今年は本当にイケテますね。
寒い暑い方が自然は元気なんだにゃー

>給食の時間にマーガリンを顔にぬってクラスメイトを笑かすような子どもだったらしい。

残念、負けたかも

あのコケぶりは並べるかも

(って そんなとこ競わんでよろし?)

2012/11/21(水) 12:31:24 | |ろび #qIFa0De.[ 編集]
鷹巣山
奥多摩の好きな山トップクラスです。
きっと反対側も良かったでしょうね。
行きたかったけど、行きそびれてしまいました。
来年も今年のように鮮やかであれば良いな♪
2012/11/22(木) 00:06:14 | |K林@一休み #W0p.A8Zs[ 編集]

蜂谷から登って避難小屋で一泊して石尾根を奥多摩まで下るコース、何年も前からねらっていて果たせていません。ますます行きたくなりました。
2012/11/25(日) 04:47:59 | |監督 #yZfxqMi2[ 編集]

暫くブログをご無沙汰していたら、こんなBIGな話題で盛り上がっていたのですね~

遅ればせながら、ご結婚おめでとうございます。
ひょうきんでイケメン(風)で優しそうなパートーナーをゲットしていたなんて…
こちらまで嬉しくなります^^
大好きな牛さんと歩く鷹ノ巣山は紅葉真っ盛りで二人を祝福ですね!!
まきくまさんの幸せそうな笑顔が浮かんできます。
いいな~~~~
2012/12/03(月) 10:49:13 | |fu-co #1fsKKpfw[ 編集]

ありゃりゃ~
↑↑ (風)って、意味不明ですね^^;
ここは、平井堅風って書いたつもりだったのですが…(汗)勝手な妄想です^^;

素敵な出会いに乾杯!!
こちらまでほんわか幸せな気分にさせていただきました~
末永くお幸せにv-434
2012/12/03(月) 23:04:13 | |fu-co #1fsKKpfw[ 編集]
ご無沙汰してます。
 鷹ノ巣ですか。懐かしや。
 20回は行ってる気がします。

 あ、遅くなりました。お目出度うございます。
 てか、行き倒れのフリって(笑) 牛さんとは仲良くなれる気がします(笑)

 大きいウ〇チ…。

 すいません、つい出来心で(^^ゞ ちがうか。
2012/12/04(火) 11:42:50 | |ヨシ #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/12/13(木) 21:26:31 | | #[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://makikuma.blog34.fc2.com/tb.php/497-ecba4961
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。