まきくま山

まきくま山の備忘録。 山歩き・美味しいもの・愉快な仲間


GWは早くも前半終了。
私は飛び石出勤でまとまった連休がなくなり、よって、お山も日帰りのみです。
それでも、この季節ならではの山遊びを満喫しました!


1.タケノコの山

GW前半の某日
師匠がお山の仲間と一緒に定期的に世話をしている山で、「作業」にお伴させていただきました。
武蔵五日市から車で30分ほどのお山です。
師匠、ろび、そしてお仲間4人、総勢7名で風情のある民家の脇から作業道を登ります。

最初のミッションは、大雨で一部の苗が流されたわさび田の手入れ。
塩ビの筒を切ってわさび田に埋め、わさびを植えました。
とても蒸し暑かったこの日、清流の中の作業は、なんというか、えーと、子ども頃の水遊びそのまま(不真面目ですみません)
楽しかったこと!

そして、次なるミッションのために、ひと山越えて向こうの斜面に広がる竹林に移動しました。
ここで何をするか、というと、、、タケノコ退治です。
どんどんどんどん生えてくるタケノコをほっとくと、竹林がたいへんなことになるそうです。
なにがたいへんか、そのあたりはあんまりよくわからなかったのですが、とにかく退治せよというのが、この日のミッションでございます。

おっ にっくきタケノコ見っけ!!
IMG_1140.jpg

周りの土を掘りましてタケノコの大きさや生えている方向を把握いたします。
ねっこのぶつぶつが見えてくるまで掘り進めまして、あとは狙いを定めてクワをクワっと入れてテコの原理でグワっと掘り起こします。

IMG_1146_20120501220516.jpg
大きなタケノコを退治した勇者まきくま。

IMG_1150.jpg
ふと足元を見れば可憐な春蘭が咲いていました。
ほんらい3月のお花の春蘭と5月のタケノコが同時に見られるなんて。今年はほんとうになにもかもいっしょくたにやってきた感じですね。

IMG_1148.jpg
まきくまが生け捕りしたタケノコ
白い花が咲いているのはワサビです。
今晩のお浸しに、きれいな若い葉っぱとお花を摘みました。

2.雪の山

そしてもう一日
まきくまさんのお気に入り 尾瀬笠ヶ岳に行ってきました。
この時期は鳩待峠までマイカーで入れます。
深夜2時半に高坂SAでまいどのゆっきーと合流。
仕事の愚痴を言い合っていたらあっという間に沼田に到着。通いなれた真っ暗な道をひた走ります。
このままいけばちょうど夜明け頃に鳩待峠につくはずです。

が、しかし。
鳩待峠のほんの少し手前で7-8台の車が列を作って停まっていました。
重機が横付けされ、工事による通行止めとのこと。
道があくのは6時らしい・・・

はあ。ネットで道路情報見たんだけど、、、そんなこと書いてあったのかなあ。
時間は4時半。
ま、いっか。1時間半寝ることにしましょう。

6時に通行止め解除。
鳩待峠でさっさと支度をして、さあ出発!
と、思ったらゆっきーの山スキー仲間のご夫妻にばったり。
なんと、テント装備で平ヶ岳まで行ってきたそうな。はあ、うらやまし。

この季節は、ほとんどの人が至仏山での山スキーねらい。
私たちのような登山装備は少数派です。
ましてや、至仏をほっといて、笠ヶ岳に行っちゃうなんて、ちと変わりもんかもしれませんね。

IMG_1153.jpg
のっけから真っ白な至仏の歓迎をうけます。
手前のでっぱりが小至仏ですね。
この大斜面をスキーで滑るそうで。。。ああ、いつかやってみたいもんです。

少し標高をあげますと。。。

IMG_1157.jpg
燧ケ岳と尾瀬ヶ原が見えてまいります。

ああ、ひさしぶり!
心の中で呼びかけます。
いろいろな意味で、震災と原発の影響を大きく受けている尾瀬。
こうして、今年もまた通い続けることが、とりあえず私たちにできること。
大好きな尾瀬がいつまでもこうして私たちを迎えてくれますように。

気温が高く、まだ朝早いのに雪がぐずりだしています。
踏み抜きのあとを発見したのでスノーシューを装着しました。

至仏と笠ヶ岳をつなぐ稜線にのっかりますと、
越後の山並みが眼前に迫ります。
平ヶ岳、越後駒、巻機山、そして白毛門と谷川岳。昨年の秋に泊まった苗場山も見えています。

IMG_1162.jpg
行く手に見えているのが、かわいい小笠と大きな笠。
写真にはありませんが、笠の向こうに上州武尊、後ろにはもちろん至仏に燧ケ岳、左手には日光連山。
なんと贅沢な稜線漫歩でしょう。

笠ヶ岳はその名のとおりきれいな笠の形。
夏道では、最後はその笠をくるっとトラバースで巻いて、向こう側から頂上に直登します。
雪が多ければ手前からそのまま頂上にアタックできるのでしょうが、sでに頂上付近の這松が見えているのでそれは無理そう。前にGW最終日に来た時も、直節アタックして途中敗退したので、今回は、とりあえず夏道通りに向こうに回り込んでみることにします。

IMG_1170.jpg
このトラバースがこの季節の笠ヶ岳の核心部でしょうか。
スノーシューとストックをアイゼンとピッケルに替えて慎重に進みます。
前を行くゆっきーがしっかりステップを作ってくれるので、私はひたすらアイゼンをひっかけないように、景色に気をとられてバランスを崩したりしないように注意して歩きます。

と、あれれ? 斜面の向きによるものでしょう。最後の数十メートルは雪が消えまして、
すっかり雪がなくなった夏道を直登させられました。
岩がちのめちゃ急登。ほんの15分ほどですが、これがなかなかいつも苦労するんだなあ。

IMG_1181.jpg
写真は下りで撮ったもの

では、頂上の大展望~
IMG_1172.jpg
右奥が燧ケ岳、中央が至仏、そして左に平ヶ岳が見えていますね。

IMG_1173.jpg
越後駒ヶ岳に中ノ岳あたり

IMG_1174.jpg
中央奥が巻機山。左端が朝日あたりでしょうか。

景色を堪能したら、景色を堪能しながら来た道を戻りました。

IMG_1203.jpg
美しい樹をみつけてごきげんのゆっきー。

曇っていたけど、それなりに展望を楽しめたこと。
暑くもなく寒くもなく、風も冷たくなく、程よい気候だったこと。
日差しがなかったので、たぶん、思ったよりは日焼けしなかったこと。
鳩待峠6:45-笠ヶ岳頂上10:30-鳩待峠13:35 たっぷり7時間近く歩けたこと。
終わってみれば、とってもいい雪山日和でした。


登れてええな・・・v-413
2012/05/03(木) 12:04:08 | |はっしー #u5ZknUJo[ 編集]

はっしー
なんだか懐かしかったです。敗退したの、もう4年lくらい前?
ようやくリベンジでした。
で、足首はどお? ちょっとトレーニングがハードすぎたのでは?
そして、懸案のあれはどうなった? もう決めたのかな。ご招待、お待ちしてまーす
2012/05/03(木) 21:32:26 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
さっそくー
うわわ、タケノコ生け捕りまでは、あー楽しそ!

雪山は、近頃の私には斜面が90度暗いに見えました・・・
ゆっきーさんも元気そうですねー

そっか、尾瀬はまだ雪の世界だったんだ・・・そーだそーだ。
山、そーだそーだ。
2012/05/03(木) 22:18:44 | |ぽこ #-[ 編集]

ぽこちゃん
ひゃあ、早速きてくれてありがとさん。
>うわわ、タケノコ生け捕りまでは、あー楽しそ!

でしょでしょでしょ。
山の空気吸えて、たけのこまでいただけるなんて、すばらしい企画ですよね。

>雪山は、近頃の私には斜面が90度暗いに見えました・・・

んなわけないやろ。

>ゆっきーさんも元気そうですねー

はあ、あいかわらずですわ。
私もゆっきもね。
まゆちゃんは、大躍進だけどねー^^

そっか、尾瀬はまだ雪の世界だったんだ・・・そーだそーだ。
山、そーだそーだ。
2012/05/04(金) 12:50:01 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

おぉー うぷされてる。ただいま

>クワをクワっと入れて・・・
うんうん 言いたくなっちゃうよね。
わかるよ その気持ちv-398
たけのこ退治は正義の味方だもんね。
あんなに要らないのに無理して退治したんだよね。
でも 木の芽あえ むちゃうまかった。

笠もいい景色げとできてよかったね。
尾瀬の雪は例年より少ないのかな。
にしても、1時間半の睡眠で体力あるなー
ゆき&まきコンビは最強だす。
笠の頂上で食べたサンドイッチ思い出しました。
2012/05/06(日) 20:51:20 | |ロビン #qIFa0De.[ 編集]

ろび様
お帰り~
いい山だったみたいだねー。よかったよかった。
タケノコ退治はどうもお世話になりました。最後は送ってもらってありがとさん。楽しかったねー。
そして朝掘りタケノコはさすがにうまかった!
マコト先生も喜んでました。

で、
>にしても、1時間半の睡眠で体力あるなー

そんなこと書いてないと思うんだけどなあ。
もちろん、出発前に家で寝てるんだよー。
雪の笠はぜひ、行ってみそ。ほんとに素敵だよん。
2012/05/07(月) 00:24:26 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

採ったばかりのタケノコだとアク抜きいらないんでしょ?美味しかったぁ?

雪の笠いいなぁ。ぼくもほんの手前までしかいけなかったからなぁ。いいなぁ。
2012/05/07(月) 12:55:13 | |たけさん #USldnCAg[ 編集]


男の子はね
リベンジするもんぜよ
2012/05/07(月) 12:58:26 | |ろび #qIFa0De.[ 編集]

勇者まきくまさまは首からタオルがお似合いですね~
竹の子も観念して食べられたことでしょう。

雪の笠、いいですね~うちも今回は大天井越え敗退だったから、リベンジはさぞうれしいでしょうね~
2012/05/07(月) 14:45:16 | |ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]

まっきーの顔より大きな筍、美味しそうだね~
私の食べてみたいものベスト10に筍のお刺身ってあるんだけどなぁ

笠良かったね~
雪山気分満喫でした。
また遊びましょ。
それまでに私も双眼鏡買っときまする。
2012/05/07(月) 23:09:46 | |ゆき #-[ 編集]

たけさん

ん? たここじゃなくなってる!!!
こちらでは久しぶり~
コメントあざーす。

>美味しかったぁ?

あたぼうよー。
って、この日はたけさんは石尾根だったよね。
来年、師匠にすりすりすればたけのこれるかもだよ^^

>雪の笠いいなぁ。

でもね、あのときは、頂上にいけなかったことを除けばすべて最高のコンディションだったと思われ。
アイゼンが気持ちよくきくしまった雪、抜けるような空と大展望!
今回はほんとに気温が高かったと見えて、ぐずぐず。スノーシューがあってよかったです。

ぜぜさん
>勇者まきくまさまは首からタオルがお似合いですね~

おほほほ。ほれ、この日は山のお仕事ですけんね。
労働者風にきめてみました。

>大天井越え敗退だったから、リベンジはさぞうれしいでしょうね~

いやいや、それ、難易度違いすぎますって。
私たちも以前GWの燕から常念ねらったけど、道の状況聞いてしごすご退散。天気はよかったんですけどね。
残雪期のアルプス縦走は、やはりかなりの覚悟と体力がいるのではないかなあ。
お互い、安全第一。あんなニュースを聞くと、ほんとうに他人事は思えず気が引き締まりますね。

ゆっき
このあいだはありがとねー。

>私の食べてみたいものベスト10に筍のお刺身ってあるんだけどなぁ

おやおや。
それは、試してみなかったんだよねー。
やってみればよかったなりよ。

>それまでに私も双眼鏡買っときまする。

うんうん。山にはやっぱ双眼鏡だねー
2012/05/08(火) 12:48:59 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://makikuma.blog34.fc2.com/tb.php/480-28f0867e
トラックバック