まきくま山

まきくま山の備忘録。 山歩き・美味しいもの・愉快な仲間


ちょっとしつこいですが、津軽の旅の続きです。
でもね、今回のネタはけっこうすごいです。
自信ありです。
でも長いです。お時間ある方だけどうぞー。

題して、 つがる三大びっくり~

其の壱 最終氷河期埋没林
ロマンあふれるその名前に惹かれて、出来島海岸にやってきました。

ガイドによれば、

出来島海岸では、約28,000年前のエゾマツやアカエゾマツの針葉樹を1kmに渡り見ることが出来ます。
幅約30cmの泥炭層に1m~2mの間隔で、数千本が並ぶ規模は世界最大級といわれ、最終氷期(約80,000~20,000年前)後期の極寒期に洪水などの急激な環境の変化により針葉樹が水没。
真空パックのような状態になったまま埋没したという貴重な樹木の化石です。

とのことです。

最終氷河期埋没林駐車場(!)で車をとめて海岸に降りていきます。

IMG_0767.jpg
川(?)の流れがそのまま海岸への道になっています。
たまには海もいいねえ。
なんだかわくわくしますよ。

IMG_0764_20120424013414.jpg
おおお!!! なるほど、海岸線は崖になっていて、地層が露出しています。それも高さ4メートルはありそう。
マコト先生が指さしているのは。。。

これ
IMG_0763.jpg
木質のものが見えているのわかりますか?
これが最終氷河期の針葉樹。2万年以上前の樹木の幹や根っこが泥炭層に閉じ込められてこんな風に保存されることになりました。

実はマコト先生が指さしているのは、その埋没林のちょっと上の層。
少し白っぽくて質感の違うラインがあるのわかりますか? これは約28000年前とされる姶良カルデラ(鹿児島湾)の噴火による白色の火山噴出物。この噴火の際には、火山灰が日本全国を覆いました。実は、この火山灰の層は地層の年代を見るときの重要な基準点になります。
この層が泥炭層にふたをして安定した環境をつくるもとになったのでしょうか。なんて、素人の当て推量をぐるぐる頭にめぐらせつつ、じっくりと観察をしてみます。
埋没林の木質部はしっとりふうわりやわらかく、もうそれだけで胸がいっぱいになるまきくまでした。
だって、28000年も前の地球と生命の営みが、いまここに目に見える形であるなんて!!!

もう、びっくりじゃないですかあ。

其の弐 しゃこちゃん
上野の博物館に遮光器土偶(しゃこうきどぐう)と呼ばれる比較的大きい土偶があります。
遮光器とはアイヌなどの北方民俗にほぼ共通する雪メガネ。大きな目の表現がまるで遮光器をつけているようだ、ということからこの名がつきました。
たぶん、日本でいちばん有名で人気もののこの土偶は国の重要文化財に指定されています。
いや、むしろなんで国宝にならないのか不思議なくらいのもんですが、じつはこれ、津軽で出土したものです。

まきくまさんも、彼女が大好き!
(土偶はみんな女子です。よく見るとおっぱいや妊娠したおなかの表現があります)

この遮光器土偶は、地元で「しゃこちゃん」と呼ばれ、とても大切にされているといううわさを聞き、木造(きづくり)町を訪ねることにしました。

こちら出土地跡の広場。
IMG_0768.jpg
じゃじゃーーーん。

IMG_0774_20120424013527.jpg
こちら駐在さんのカンバン。
そ そんなところまでしゃこちゃんですか。

木造駅前商店街を行きますと・・・

IMG_0775.jpg
なぬ?

IMG_0776.jpg
ぬおおおおーーーーーーーー!!!!


IMG_0778.jpg
津軽鉄道 木造駅~
しゃこちゃんとまきくまさん。

しゃこちゃん でかい。

こんなに愛されているなら、地元にお返しした方がいいのではないかしらん。
なんて、思っちゃうくらいマジなしゃこちゃん愛でした。


其の参 白鳥は哀しからずや
湖面に静かに浮かぶ白鳥。
首をぐっと前に伸ばして飛ぶ白鳥。
私の中の白鳥といえば、やはり、水の青、空の青をバックにした優美なイメージでした。
みんさんはいかがですか?

ところが、津軽で車を走らせていると、こんな光景に出っくわします。

IMG_0857.jpg
どろどろの田んぼで休む白鳥の群れ。

うーん、なんだか白鳥らしくない。。。

なんて、自分勝手な感想はおいといて、カメラを持ってそっと近づいてみます。

あああああ、なるほど。
彼らが田んぼにいるわけがわかります。
IMG_0859.jpg
泥の中にひたすら首をつっこむ白鳥。 
餌をあさっているらしい。

なんだ! 長い首はこのためだったのか。。。。

そして、田んぼの白鳥の真実は画像だけでお伝えすることは困難です。


べちゃべちゃべちゃべちゃべちゃ ずずずっ べちゃべちゃべちゃ~
くわっ くわっ くえーーーっ
べちゃべちゃべちゃべちゃべちゃ べちゃべちゃべちゃ~
べちゃべちゃべちゃべちゃべちゃ ずずずず~
べちゃべちゃべちゃべちゃべちゃ べちゃべちゃべちゃ~
くわっ くえーーーっ くわっ くわっ くわっ
べちゃべちゃべちゃべちゃべちゃ ずずず~
べちゃべちゃべちゃべちゃべちゃ べちゃべちゃべちゃ~
べちゃべちゃべちゃべちゃべちゃ ずずずず~
くわっ くわっ くわっ


ああああああ! やかましい!!

べちゃべちゃは 餌を食べる音。

くわっ くわっ はなんだかわかんないけど、興奮で声が漏れちゃうらしい。
だいたい、白鳥って飛んでるときも くわっ くわっ くわっ くわっ  ってうるさいんですよね。

な なんか。。。。
白鳥 下品 かも。

びっくりかも。


その5 鷹の渡り に続く


ぎゃははー
>興奮で声が漏れちゃうらしい

ココわろーた わろーた。

白鳥ね、そんなにウルサイんだね。
イメージがね、とすると私達も白鳥・・・・?

土偶みるとまゆぴょん思い出すんだ。
ほら、通販で(爆

んで私的には
「2万年以上前の樹木の幹や根っこが泥炭層に閉じ込められて」
これいいわー
見てみたい、触ってみたい
太古の昔 ロマンやわ
なんか発見と喜び一杯の旅だったね。
まっきーのチョイスがうまいんだろうな、きっと
2012/04/27(金) 12:46:39 | |ろび #qIFa0De.[ 編集]

>しゃこちゃんとまきくまさん。
すっごくかわいくてええです。
縄文時代が、ついこの前のような気がしてたのしいっす。
2012/04/28(土) 02:12:36 | |監督 #yZfxqMi2[ 編集]
行きたくなります
いや~、面白い場所ばかり。
目の付け所が違いますね。
しかし、駅にあるとは知っていましたが予想以上に大きいのですね。
2012/04/29(日) 08:29:25 | |かいねこ #SFo5/nok[ 編集]

ろび様
>イメージがね、とすると私達も白鳥・・・・?

どうつっこんだらいいのかわからなかったなり。
かといって、放置も危険かと思われたので触れてみました。

埋没林、興奮するぞー。
ぜひぜひ、あけぼのの旅に取り入れてね。

監督
津軽って、けっこうぶっ飛んでます。
ねぶたとかも、素朴っていうより、スケールの大きさを感じますよね。
エネルギーといい、造形感覚といい、たぶん縄文からずっとそうなんだと思いました。なんか大好きになりましたよー。

かいねこさん
旅のエキスパートにそういっていただけると、うれしいですねえ。
ほんと、面白かったです。
そうそう、狛犬さまでもなかなか興味深いものがありましてですね。。。
なんてやってると、このシリーズいつまでたっても終われないなあ。
そして、季節は移っていく~。
きゃーーー。
2012/04/29(日) 17:01:06 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://makikuma.blog34.fc2.com/tb.php/479-200c9374
トラックバック