まきくま山

まきくま山の備忘録。 山歩き・美味しいもの・愉快な仲間


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縦走の前にもういっちょ。

夜の高尾山のお話です。

夏休み前の週末、縦走に行くには歩いておかなくっちゃ。とは、思えども、なんだかだるくてどこかへひとりで出かける気になれず、こんなあたしにつきあってくれそな優しいねーちゃんも昼間は用があるという。
ほんなら、というわけで、高尾山ナイトハイクに出かけることにしました。
日が傾いた頃に出かけて、涼しい山頂でビールを飲もう! という企画です。
これね、あの、人気のビアマウントではないところがミソです。

待ち合わせは高尾山口駅に3時半。
メンバーはロビン、えみさん、そしてまきくまの3人です。
駅についたら、すでに二人の笑顔。
でも、なんか、びみょーな笑顔なのはなぜ?
エミさんは、ビアマウントのつもりで、なーんも持ってこなかったという。
メールにはちゃんと書いてあったのに、、、ま、かみ合わないのもまた一興。
ビールなど買い込んで歩き出します。
コースは高尾病院の玄関前から登っていく、私にはお初のコース。

00-3.jpg
ここ、人が少なくて、いきなりけっこう山やました気分でいい道です。最初に急登があって、いきなり高度をあげ、後は尾根上の薬王院をゆるゆると巻いて頂上にぽんとでる、不思議なコースどりでした。

はしゃいでいるせいなのか、年のせいなのか、固有名詞の極端に少ない会話を繰り広げつつ、登ります。
かみあってないことは言うまでもありません。

ま「うわあ、見てみて、でっかい!」
ろ「ほんとだー すごいカブトムシ!」
ま「いやいや、それ違うでしょ カタツムリでしょ」
ろ「え? なに?」
え「なんでみんな、これは平気でナメクジはだめなのかしらね!」
ま「え? じゃ、平気なの? ナメクジ」
え「いやよ、平気じゃないわよ~」
ま「え?」
ろ「ああああー、わかった! デンデンムシだあ うくくくくっ」
え「ああ、そうそう、それよ」
ろ「♪でーんでんむーしむし カーブトムシー♪」
ま「なんで、そこまできて、またカブトムシなんっ?」

たいへん愉快です。

s-RIMG9449.jpg
花があると、(あんましないんですけどね)ロビ持参のルーペでのぞいて大騒ぎ。

この日も35度近い暑さ。
s-RIMG9450.jpg
なのに、高尾の森のなかはひんやりと涼しく、風がくれば、背中がすーっとします。
ヒグラシの声が、心の中も涼しくします。

この日は、城山を往復して高尾山頂で飲もうという計画。
ところが、なんだかまきくまの脚が前にでません。なんで、高尾でばててんだろ。。。
頂上まであともう少しのところでベンチに座り込み、水分補給。
日も翳ってきたことだし、すでに時間も5時近い。ということで、城山はキャンセルし、いきなり宴会に突入しました。

午後5時の高尾山頂。
みなさんどんなふうだと思います?
売店はすでに店じまいしています(当たり前)
まだまだ明るいとはいえ、日は完全に傾いています(当たり前)

人は、もうほとんどいません。。。。
と、思いきや
まだまだ数十人いらっしゃいました。

とにかくベンチはすべて埋まっている。

ので、ちょっと石段になったところにロビ持参のレジャーシートを広げ、保冷剤を仕込んできたつめたーいビールでカンパイです。
ちょっと上に羽織りたくなるくらいの涼しさ。意外なことに蚊などの虫はぜんぜんいませんでした。
そこで、エミさんからびっくり発言が。
「実は私、今日誕生日なの~」
それも、なんと! 記念すべき ○○歳の誕生日だというではないですか。

いままでのこと、これからのこと、いまのこと、山友のこと、話題の尽きるヒマはありません。
そして、そして、どんな大きな声で話しても気兼ねなし! (これがなにより)

木立が西側の展望をふさぐので残念ながら壮大な夕焼け、というわけにはいきませんが、空がアカネに染まるのが見えます。

ひとり減り、ふたり減り、5人減り、3人減り…

やがて山頂は人もまばらに。

一番星 みーーーっけ。
ロビの大きな声が響き渡る頃…

え? 団体さんが登ってきました。
どうもナイトハイクツアーのようで、ガイドさんがついて説明をしています。
なんだかたのしそ。

そろそろヘッデンいるねー。
ザックのなかをがさごそやる頃…

なに? この軽装のワカモノは?
もう夜の闇がそこに迫っているのに、ヘッデンはおろか、ハイキングシューズさえはいていないようなグループが、たむろしてます。
だいじょうぶなのか? この人たちは。

ちょと、トイレいってきまーす。
ヘッデンつけて歩いていくと…

きゃー きゃー 
こわい~
はしゃぎながら真っ暗なトイレから出てくる若い女子たち。
をいをい キミたち ちゃんと降りられるのか?

てな具合で高尾の夜、けっこう不思議な空間です。

この日のおつまみは、おだんご、焼きイカ、ひややっこ、エビフライ、サラダナス(ミズナスとナスの間みたいなもの。これ、生で食べるのめっちゃうまいです)、などなど。
(ほんとはロビがえびとお肉ごろごろの焼きそばを持ってきていたのに、なぜか作りそびれて持ち帰りやした ←なんでだ~?)

宴もたけなわな頃、この日お仕事だったたけさんと下界でも飲もうという話になり、8時過ぎにお片づけ。
ケーブル駅まで真っ暗な道をまさにナイトハイクします。

と、なんだなんだ!
大人の男子がわんさか、大きな虫網を持って歩き回っているではないですか。
暗い空に白い網がふうわりふうわり。
夜行性の昆虫の愛好家? はたまた研究者?

夜の高尾、ほんと不思議なところです。

人気のない薬王院の境内を探検気分で降りていきます。
からす天狗も天狗も、いまに動き出しそう。
高い高い杉の梢に明るい月がかかっていました。
子どものころからお世話になっている高尾山の、いろんな想い出が洪水のように溢れてきて、
とっても濃い時間軸のなかで、くらくらめまいがするようでした。
あ、また会えたね。お母さん。

RIMG9453l.jpg
ビアマウント営業にあわせて9時まで運行されているケーブルでらくらく下山。

そして、たけさんが買っておいてくれたケーキで

00-7.jpg
はっぴー ばーすでい な夜がふけていきました。

ああ、楽しかった!

やっぱり、山はいいね。 
って、これ山なのか? をい。


僕も高尾山ナイトハイクへ行ったことがあります。
ナイトハイクと言うのは建前で、山頂での飲み会です。
みんなでお酒、つまみなど持ち寄り、4時に高尾山口駅に集合し、登って宴会開始、9時頃終了し、下山です。
日も暮れると、山頂にいた人もみな下山します。それからは、僕らのグループの天下でしたね。
大声で何を話しても迷惑かからず、楽しい宴でした。
そんな宴が、今週末も開催されます(僕は仕事で参加できませんが)

夕方以降の高尾山、普段と違った情景が見れて、それはそれで楽しいところと思います。
足慣らしにはちょっと物足りませんが。
2010/09/01(水) 21:54:22 | |へろへろ #-[ 編集]

はうっ v-402
シクシク シクシク シクシク

このアホアホないっこもかみ合わない
3人の会話をみたら・・・・
本当の私に会った事ない人は
本当にアホな女だとおもってしまう・・・
シクシクシク
2010/09/01(水) 22:13:03 | |ロビン #qIFa0De.[ 編集]
山ですよ~
あ、こちらにもお母様がいらっしゃった(^^
夜の高尾、やっぱ楽しそうですねえ。
でもそんな不思議空間だとは……。
ますます行ってみたくなりました

連続コメ、すみません~。
2010/09/01(水) 22:40:09 | |To-ko #-[ 編集]

ナイトハイク楽しそうやね。
勝手知ったる高尾ならやや安心?(笑)
でも、以前のビアマウントでは色々とあったから程々にノマにゃあかんか・・・
帰りがケーブルカーってのがポイントだよね。
しかしBBなメンバーの会話は恐ろしいなりv-390
2010/09/02(木) 18:13:36 | |食う寝るさんだ~す #EBUSheBA[ 編集]

わあ、おもしろそう~
ナイトハイクは湯河原の幕山でやったことあるよ。
町の灯や、海に浮かぶ漁火が幻想的だったです。
歌うたって降りてきたんだったなあ。
日常と違う空間は不思議いっぱいで、おもしろいよね。
2010/09/02(木) 23:45:39 | |ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]

へろへろさん
先輩でしたかあ。
意外に人気だったりして!
>日も暮れると、山頂にいた人もみな下山します。
>それからは、僕らのグループの天下でしたね。
そうそう、山頂占拠って、なんだろ、戦に勝って、国とったみたいな気分ですよねー。
今週末もですか? なんだかまたやりたくなってきたなあ。

ろびろび
あの会話はね。もう芸術の領域です。誇りに思ったほうがいいよ。

あ、そうそう。私はね、「本当のろび」よりも「ありのままのろび」のほうが好きだよ。 ふふん
2010/09/04(土) 08:09:01 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

To-koさん
たぶんTo-koさんめっちゃ気に入ると思いますよ。夜の高尾山。
あれでむささびなんか見ちゃった日にゃあ、もう大興奮! 大きなクワガタくらいはほんとに見つけられそうだしねー。

くねるさん
>勝手知ったる高尾ならやや安心?(笑)
あはは、台風のアルプスに比べたら百倍安心だしょー。
>程々にノマにゃあかんか・・・
ぶふ。酒に、ほどほどってあるのかにゃあ。 不可能への挑戦!
>しかしBBなメンバーの会話は恐ろしいなり
いやいや。恐ろしくはないよ。かわいいもんです。
あんな味、百年かかってもだせませんて。
2010/09/04(土) 08:15:05 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

ぜぜさん
そうそう、あの幕山のイメージがあったから提案したんだよね。
わっきーと行ってたよね。楽しそうだなあ、って思ってた。
>歌うたって降りてきたんだったなあ。
あああああ! 歌うたうの忘れてた~
ああ、ぐやじ ぐやじ
2010/09/04(土) 08:18:50 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

ほんと~思いもかけぬ素晴らしい誕生日となりました~ヽ(´▽`)/
ごちそうさまでした~
あんがとSUN☆

さすが~マッキー♪軽妙な文章にぐんぐん引き込まれ~
またまたあの日を楽しめました~

でもね~何かお忘れじゃ~

あの日のマッキーからのメール抜粋☆

件名 南武線にのりやした
高尾山口着(15時)33分ですぅ

嗚呼 それに乗るはずが・・・
手に持っていたはすのSuicaがないんよ~(涙)

メール打ってたら分倍河原で乗りそこなうとこやったわ。
ロビのせいやで
カモシカのようなダッシュでひとつ前に乗れた
23分着だす
てことは、おふたりはどんだけ早いねん。
やっぱ●○とるとセッカチになるんかなあ

この変化!

これも含めてメッチャ楽しかったヽ(´▽`)/

2010/09/07(火) 05:05:01 | |emi #jnRiruIs[ 編集]

emiさん
>でもね~何かお忘れじゃ~
あはは。SUICAはねえ、帰ったら玄関のところにおいてありました。
なんか、そういうこと前にもあったなあ。準備しすぎて手に持ったりするから忘れるわけですわ。
それにしても楽しかった! emiさんのお誕生日のおかげで何倍も楽しくなったです。で、またあれやりましょうねー。気が向いたとときに、待ち合わせしてふらっと。ね。
2010/09/13(月) 10:25:45 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://makikuma.blog34.fc2.com/tb.php/418-53b897c9
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。