まきくま山

まきくま山の備忘録。 山歩き・美味しいもの・愉快な仲間


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらあら また広告に占拠されちまいましたまきくま山。

この3週間ばかりの間にいろんなことがおきました。
って、まあ「こと」はひとつなんですけどね。

6月の最後の日に母が亡くなりました。
あまりに突然で、なんだかいまも実感がありません。
まだ小学生の頃、もしもお母さんが死んだらどうしよう、なんてことをいきなり想像して、悲しくて悲しくて一晩中泣いていたことがあったあなあ。
たぶん、そのときからなにも進化していないような、40もとっくのとおに過ぎた私がいます。

今日、30年前になくなった父の会社の上司が、暖かいお手紙をくださいました。
母にとっては最愛の父とつながる信頼できる相談相手だったのでしょう。電話や手紙のやり取りが続いていたようで、告別式にも不自由な体を推してきてくださいました。

手紙の最後に追伸としてこんな言葉をちょうだいしました。

私がまきさんなら、こんなときにこそ逸早く山へ行き、山に慰めて貰い元気をもらいます。

年長の方の言葉はありがたいものです。
山に向かう気力がまったくわかない私ですが、そうだよね、こんなときこそ、かもしれませんね。


うん、山もそうだけど、体を動かすとすっきりするよ。
動かさなくても緑に囲まれるとか。
ゆる山、ゆるキャン、ご一緒しましょう。
2010/07/18(日) 16:51:49 | |輝子 #juZz/cEU[ 編集]

まきくまさん、こんにちは。

そんな悲しい出来事が起きていたとは少しも知らず、本当に驚きました…
心からお悔やみ申し上げます。

私の父は33年前の6月30日(同じ日)に突然の事故で亡くなりました。
その時は、遺された母のことが気がかりで泣きました。
そして、8年前に母が逝きましたが、その時は言葉では言い表せないほど気持ちの整理できず、情けないほど悲しくて泣きました。

今のまきくまさんのお気持ちを察すると、自然と涙がこぼれてきます。
気立てのよいまきくまさんのお母様ですもの、きっと素敵な方だったに違いありません。

親との別れは本当に辛いですものね…

一日も早く元気なまきくまさんが戻ってきますように…
お山が待ってるよ!
2010/07/18(日) 17:17:40 | |fu-co #-[ 編集]

そうですか、そんな事とは知りませんで…申し訳ございません。

お母様のご冥福をお祈りいたします。
2010/07/18(日) 21:29:43 | |上松 B作 #-[ 編集]

このたびは悲しいことと、心よりご冥福をお祈りいたします。
私もこのたび
20年来の友人を亡くし悲嘆にくれています。

でも、なんとか明るく過ごそうとがんばります。

まきさんもね。
2010/07/19(月) 00:53:07 | |食う寝るさんだ~す #EBUSheBA[ 編集]

最近、元気がなさそうで何かあったのかなと思っていましたら、大切なお母様がなくなられたのですね。心からお悔やみ申し上げます。
ブログで、時々お母様と出かけているのを拝見して、親孝行なまきくまさんと思っていたのですが、本当に突然で、残念でたまりません。今は自分をいたわることが大切かもしれません。体調が直り、山に行く元気が出たら、山に行きましょう。
2010/07/19(月) 06:50:51 | |つばさ #-[ 編集]

いつも親孝行されておられるのはブログで拝見しておりましたが、このたびはあまりに突然なことで、お声をかける言葉もなんとも整理しかねて失礼してしまいました。そうですね、思い切って、元気を出して山へ行きましょう。きっと山が応えてくれますよ。
2010/07/19(月) 08:24:53 | |監督 #yZfxqMi2[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/07/19(月) 11:33:19 | | #[ 編集]

まきくまさん、こんにちは。

このたびは心よりご冥福をお祈りいたします。

いろいろと大変で辛いと思いますが、頑張って乗り切ってください。そしてまたお山へ行ってください。
2010/07/19(月) 21:54:56 | |へろへろ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/07/19(月) 22:50:38 | | #[ 編集]
ありがとうございます
ほんとうに、ありがとう。
今、ネット環境がないところにいるので、携帯からしかかけません。またあらためてお返事させていただきますね。
親が先に逝くのはあたりまえのことですが、、、
ほんとうに、しみじみさびしいです。なので、皆様のコメント、ほんとにありがたいです。
2010/07/19(月) 23:24:17 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

まっきー
ある日突然ぽっかりと空いてしまった心の穴は
すぐにはふさげないよね。
でもさ、もうすぐお母さんはお父さんと久し振りに会って
「あんなに素敵な娘になったんですよ」って
きっと自慢するよ。
そして仲良く二人で見守っていてくれるよ。

森のお母さん、ブナの大木に会いにそのうち会いにいこうよ
2010/07/20(火) 00:41:17 | |ロビン #b9pfiwHA[ 編集]

まっきー、この度はほんとに大変だったね。
人としていずれはやって来る別れだから、お母さんもまっきーに送られてほんとに嬉しかったと思うよ。
私も母をなくしてから不思議なことに、いつも心にはお母さんがいます。なので、亡くなったときは悲しかったけど、今はこんな時母だったらと、考えそして相談しながらです。
早くお山に行けて元気をもらえるといいね。
2010/07/20(火) 09:47:15 | |ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]

最近、たけさんの掲示板にも登場しないので、「何かあったのかなぁ?」と思っていました。

それが、こんなに悲しい出来事だったとは。。。。

親を亡くして、親の本当のありがたみが身にしみますね。
でも、ぜいぜいさんも行っているように、今はいつでもまっきーの心の中にお母様はいらっしゃいます。

そんな風に心を切替えられるのは、時がたってからでしょうね。
私もまだ去年の友人の死・父の死を日々想いながらすごしています。

悲しいときは思いっきり泣きましょう。
私は泣くたびに、少しずつ心が落ち着くような気がします。

お母様のご冥福を心よりお悔やみ申し上げます。
合掌
2010/07/20(火) 10:11:48 | |木曽駒 #6wH.DH8I[ 編集]
まきくまさんへ
お母様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

最近ずっと見かけないので、忙しいのか具合が悪いのかと心配していたんですが…
そんな悲しい事が起こっていたんですね。
一緒に出掛けられた記事をBlogで拝見して
孝行娘さんで、お母様はさぞ幸せだろうと思っていました。

まだしばらくは悲しくて何もやる気が起こらないかもしれませんが
お母様も、そしてお父様も、まきくまさんが笑顔で楽しく過ごす姿を望んでいると思います。
ゆっくり、心の充電をして下さいね。
2010/07/20(火) 10:20:28 | |akemi #vXeIqmFk[ 編集]

まきさん、この度は大変でしたね。いつも悲しいこととか、辛いことがあっても、翌日には前を向いてるまきさんだから、今回はそうもいかないだろうから、余計に何だか心配でした。
心温まるお便りでしたね。お母さんとまきさんの人徳だね。お母さんもまきさんみたいにみんなに愛されていた方だったのでしょうね。

ブログのほう見てなくて、今朝メールしちゃったんだけど、返事は気が向いたらでよいからね。連休に、久々のテント泊で、何か寝付けなくて、一晩で夢をいくつかみたんだけど、二回もまきさんでてきてさ(笑)。「まゆちゃん、このルート歩いてみたくない?一緒に行こうよ」っていうんだもん(笑)
なもんで、我慢できずに連絡しちまっただー(^^;)

まきさんがはやく大好きなお山に向かえますように。
2010/07/20(火) 12:27:27 | |まゆた #LkZag.iM[ 編集]
合掌
元気を出して下さい

自分をいたわって お過ごし下さいませ

また 元気になったら 母上様と出掛けたトコへ 出向き いろんな事に 浸ってください
人は いろんな思いを胸に そこへ行くのだと思う
自分も そうですから

心から 合掌礼拝
2010/07/20(火) 13:14:34 | |岐阜ぺんぎん #-[ 編集]

体の傷も心の痛みも「痛んだ事」は忘れられなくても「痛み」は時間が必ず癒してくれるはず。それまで、ゆっくり御自愛ください。
2010/07/20(火) 13:20:26 | |K林@一休み #W0p.A8Zs[ 編集]

はじめまして。毎回、楽しく拝見させていただいています。
しばらく更新がなされていなかったので、どうされたのかしら?と心配していたのですが、このような事が起きていたのですね。

お母様のご冥福をお祈りいたします。
早く元気になって、お母様との思い出の山を元気よく歩いてくださいね。

しばらくはしんどいと思いますが、元気だしてくださいね。

2010/07/20(火) 13:42:32 | |むら #W6AMzZ0.[ 編集]
こんばんは~♪
まきくまさんがこの記事を書かれ、その事を知った時、何を言ったらいいのか、全く判りませんでした。
書かれた直後だったので、尚更でした。
でもやはり・・・
お母様のご冥福を心からお祈りしたい・・・と思っています。
今のまきくまさんの心境は、深い・深い悲しみに覆い尽くされている事と思います。
ただ一つ、お母様は、まきくまさんが、またいつもの明るい姿に戻られる事を心から望んでおられる事と思います。
私も、そんな日を楽しみに、ゆっくり・ゆっくりとお待ちしています。
お身体だけはお大事にして下さい。
合掌
2010/07/21(水) 01:00:25 | |やまとそば #g6FRH5K2[ 編集]

そうだったのですか。

ただただ、心よりお悔やみ申し上げます。
2010/07/21(水) 19:19:39 | |はっしー #u5ZknUJo[ 編集]
まきくまさんへ
歳を重ねるにつけ
命の儚さをしみじみと感じるようになりました。
4年前父が急逝した日記にまきくまさんからいただいた温かい言葉を今でも覚えています。
その時にいろんな方からいただいた励ましでは
生きている者はごはんも食べて生きていかなくちゃいけないんだと、そんな事を考えたものでした。
その時よく流れていた「千の風になって」を聞くと今でも涙が溢れてきます。
山で街で里で風を感じる時、千の風になった魂を想像します。

どうかゆっくりと
心が癒されますように。
四国から祈っています。
2010/07/21(水) 21:37:18 | |とち #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/07/21(水) 22:44:17 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/07/22(木) 03:19:13 | | #[ 編集]

最近お忙しいのかな~?と思っていたのですが、お母様とのお別れだったのですね。
さぞお辛いことと思います。
心からご冥福をお祈りいたします。

今は色々なことがあって大変な時期だと思います。
まずはお体を大切に、そして落ち着いたらお山に行ってほしいと思います。
だって、広くて大きな空がある山のてっぺんはご両親に近い場所だと思うから。
2010/07/22(木) 12:38:54 | |山空花 #ib2KpsZ6[ 編集]
Re: タイトルなし
こんばんは。
コメントいただいた皆様。メールいただいたみなさま。ほんとうに、ありがとうございます。
毎日深夜残業か、深夜飲みか、なまきくまです(笑)。
なんだろ。なんかやってないと、、、、な気分はいつも以上みたいです。
こういうの前向きっていうのかなあ。。。
このコメ書いたとき、家にひとりでいて、なんだかとんでもなく落ち込んでたみたいで。。。
ほんとにすみません。
頂戴した手紙にあるとおり、みなさんが書いてくださったとおり、今週末は山に行くつもりです。
って、お天気、、、だめかもですけどね。

輝子さん
> うん、山もそうだけど、体を動かすとすっきりするよ。
そうみたい。掃除でも、買い物でもなんかやってるとすっきりしてくるねえ。
> ゆる山、ゆるキャン、ご一緒しましょう。
あのね、ゆるゆる道をずーーーーーっと歩いていたい気分ですよ。
ずーーーっと、ただただ歩いているの。って、お腹は減るんだよね、きっと。
てなことより、てるちん お帰り~
すばらしい旅だったことでしょう。
私もいつかはヨーロッパの山行ってみようかなあ。
2010/07/23(金) 00:41:54 | |まきくま #-[ 編集]
Re: タイトルなし
fu-co さん

お父様、おんなじ日だったのですね。
月の最後の日って、なんだろ、なんだかそれも切ないです。
私も父をなくしたときは、母を思って泣きました。いまからおもえばなんだかちょっと他人ごとみたいなところはありました。
それでも、私がお通夜の日に布団をかぶってひとりで泣いていたら、そんなに泣いてかわいそうにといって母がだきしめてくれました。
結局、母のこと思いやってるつもりで、護られてたんだなあ、と思います。

> お山が待ってるよ!
そうですねー。ああ、お天気もってくれないかなあ。。。
2010/07/23(金) 00:47:52 | |まきくま #-[ 編集]
Re: タイトルなし
Bちゃん
いやいや、あやまらんといてください。
あのね、あのコメントいただいて、いかんいかん更新しなくっちゃって気になったのです。
でも、書いたと思ったらこんな記事になってしまって、みなさんに申し訳ないやら。。。
なんだか、もう、撤回するわけにもいかんしねえ。

ま、でも、
今回ばっかりは、悲しいとかさびしいとか、おおっぴらに言ってもいいかもですねー。

> お母様のご冥福をお祈りいたします。
ありがとうございます。
葬儀のときも、たくさんのお友達にきていただいて、とても申し訳なかったのですが、母はきっと、それ見て安心しているような気がしました。
そんな風にいってくださる人がいて、母はまたまた安心しそうですね。
で、Bちゃんの夏山は? また雨なのかなあ
2010/07/23(金) 00:52:34 | |まきくま #-[ 編集]
Re: タイトルなし
くねるさん

> 20年来の友人を亡くし悲嘆にくれています。
そっか。
死はいろんなところにありますね。
ほんとに、あまりにありふれていて、
火葬場なんて、もう、「死体」だらけ。
ああ、これも日常なのだなあ、と思いました。
日常なのに、だけど、こんなにだれかのために泣けるのは、いわば幸せなことなのかもです。
2010/07/23(金) 00:55:08 | |まきくま #-[ 編集]
Re: タイトルなし
つばささん
お久しぶりです。
あたたかいコメントありがとうございます。
> ブログで、時々お母様と出かけているのを拝見して、親孝行なまきくまさんと思っていたのですが、
これがね、くせもので。。。
自分でもそう思っていたので、そんなふうにかいていたのですが、
いったい、どうだったのか、よくわかりません。
すごく母にいぢわるだったこととか、勝手に山に行ってたこととか、あんましブログねたにしてなかったからなあ(笑)
>今は自分をいたわることが大切かもしれません。
ありがとうございます。それが、なんだか、あんなにしつこかった咳が、消えていて。。。
不思議です。お母さん。もっていってくれたんかなあ。
>山に行く元気が出たら、山に行きましょう。
そうですね。体力はたぶんぜんぜんですが、元気はでてきました!
ありがとうございます。
2010/07/23(金) 00:58:53 | |まきくま #-[ 編集]
Re: タイトルなし
監督さま
先日はほんとうにありがとうございました。
その後体調はいかがですか? なんだかスリムになって、若返ったのでは?
私も、ちょっとだけ体重減りました。でも、この千載一遇の痩せるチャンス!
ほんとは、がりがりになる予定だったのですが、なんだかちっともです。
ちゃんとお腹はへるし、お料理もしたくなります。
こんな食いしん坊に生んでくれた母に、心から感謝です^^;
>そうですね、思い切って、元気を出して山へ行きましょう。きっと山が応えてくれますよ。
はい。
2010/07/23(金) 01:02:36 | |まきくま #-[ 編集]
Re: タイトルなし
管理人のみさま
コメント、何回も読ませていただきました。ありがとうございました。
いろんな経験が、人を山に導くのですね。
少し落ち着いたら、きっとHP拝見しにうかがいますね。
でも、いつかきっとばったりしそうな気もしますよ(笑)
2010/07/23(金) 01:05:39 | |まきくま #-[ 編集]
Re: タイトルなし
へろへろさん
ごめんなさい。ご心配おけかしました。
そして、コメントありがとうございます。

> いろいろと大変で辛いと思いますが、頑張って乗り切ってください。
はい。いまは、押し寄せる仕事の波を、どう乗り切るかが大きな課題です。
ま、そんなだから、いいのかもしれません。
>そしてまたお山へ行ってください。
はい。
2010/07/23(金) 01:08:04 | |まきくま #-[ 編集]

管理人のみさま
ありがとうございます。
コメントいただいて、母との記事、ちょっとだけ読み返してみたりました。
そしたら、また落ち込んじゃって。。。(笑)
でも、そのときのこといろいろ忘れてたりして、こうしてブログに書いといたのって、よかったなあって思いました。
少しでもなにかが残っているのは、たとえそれを見て悲しくなっても、ありがたいことです。
そして、そして、そちらこそ、ご両親さまが、お元気になりますように。
心から、お祈り申し上げます。

コメントこんなにいただいているのに、ごめんなさい。
明日は当番で早朝出勤です!
もう、寝なくちゃ。
で、また実家に行ってしまうので、お返事は週明けになってしまうかもです。
そのときは、どこかの山の報告ができるといいなあ。と思います。
2010/07/23(金) 01:20:37 | |まきくま #-[ 編集]
か、
 悲しみに圧し潰されそうになっても、俗世に生かされているからには立ち上がって歩みを進めねばならないですよね。
 でも、ムリせず一歩一歩ですよね。 山と同じ。一歩一歩ですね。
 御母上に、南無大師遍照金剛。
2010/07/23(金) 13:31:46 | |ヨシ #-[ 編集]

私も数年前に母を亡くした時、人知れず大泣きしました。
葬儀のときには笑顔で対応していたくせにね・・・

どうぞ泣いてください、でも、その悲しみにいつか区切りをつけなければ・・・

それが1日でも早くまきくまさんに訪れればいいと思います。

夏山?雨でしょうねぇ~(笑)
2010/07/23(金) 20:04:35 | |上松 B作 #-[ 編集]

相変わらずパソコン調子悪く、コメントできずにごめんね。

もういろいろ言いましたので・・・一言、
これからもまっきーらしく、ね。
2010/07/25(日) 21:24:09 | |ゆき #-[ 編集]

まきくまさん、こんばんは。
更新が止まっていたのが、まさかこういう御事情のせいだったとは、思ってもみませんでした。
言葉を探しあぐねて何日も経ってしまい、結局ありきたりの常套句になってしまいますが、お母様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

疲れもたまっているでしょうし、この暑さです。どうかご自愛下さいませ。
2010/07/27(火) 01:11:10 | |アランチャ@ご無沙汰してます #Toq/Ej/c[ 編集]

まきくまさん、こんばんは。
このたびはご愁傷様です。
お気持ちお察しいたします。
まきくまさんがお母様と美ケ原に行かれて、それで私たちも行ってみたのが今年の1月でした。
お元気なればこそご一緒にお出かけだったのでしょうに。
思い出どうぞお大切になさってください。
そしてまた山に元気をもらいに行ってくださいね。
悲しみも苦しさも汗とともに流してきてください。
けっして忘れられないことですが、きっとまきくまさんをやさしく包んでくれると思います。
励まされますよ。
お母様のご冥福をお祈りいたします。
2010/07/27(火) 22:57:23 | |sanae #EixCJqAg[ 編集]

こんばんはー
母の家と自分の部屋といったりきたり。なかなか返信できなくて。。。と、言い訳ばかりですが、、

うふふふ

先週末、山に行ってきましたー!

なんでしょ。
悲しいのやさびしいのはどうにもならないけど、体のそこからわいてくるエネルギーみたいなもの。自分の体のなかで、肝のありかが定まるような力。山からもらったような気がします。
そしてなにより、お友だちのあたたかい気持ちに感謝です。

ろび
いろいろいっぱいありがとう。
もう、めっちゃ頼りにしとるけん。たのむよー。

ぜぜさん
ありがとうございます。
>私も母をなくしてから不思議なことに、
>いつも心にはお母さんがいます。
そだねー。それに今はお母さんきっと元気で杖もつかずにすたすたどこでも自由にいけるものねー。
>こんな時母だったらと、考えそして相談しながらです。
でも、やっぱり声聞きたいよね。なんか言ってもらいたいよね。
なんて、いつまでもぐずぐずしてる私です。
>早くお山に行けて元気をもらえるといいね。
うん、山があってよかった。
山歩いてたら、元気自然に出てきたし。
ぜぜさんも元気になってきたかなー。

木曽駒さん
>親を亡くして、親の本当のありがたみが身にしみますね。
ぜんぶ受け入れてくれるのは、やっぱり親ですよね。いてくれるだけで、大きな安心感でした。
こんなに愛情もらって、ほんとに感謝しかないですよね。
2010/07/28(水) 00:55:17 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

今日は母が通っていた病院の先生に挨拶に行ってきました。
亡くなる前日に診察をうけているので、そそのきの様子と体のことを聞きたくて。先生もあんなに元気だったのに。と驚かれていた様子。
いろいろお話して、ちょっと気持ちの整理がついたような気がしますよ。

akemiさん
ありがとうございます。
>お母様も、そしてお父様も、まきくまさんが笑顔で楽しく過ごす姿を望んでいると思います。
そうですねー。きっと。
>ゆっくり、心の充電をして下さいね。
時間かかりそうだけど、それしかないですものね。
今は、職場もプライベートな仲間にもけっこうまわりにわがまま言わせてもらっちゃって。だんだん元気になってきましたよ。

まゆちゃん
ありがとねー。
>心温まるお便りでしたね。
とっても温かい人なんだよね。父が信頼していた方で、なくなったあともずっと仲間を集めては母を呼んでくれたり、支えになっていた方です。
今度は私にまで、と思うとほんとに感謝です。
>一晩で夢をいくつかみたんだけど、二回もまきさんでてきてさ(笑)。
うひひ。
でも、そのひとつは。。。(笑)
>まきさんがはやく大好きなお山に向かえますように。
おつきあいくださってほんとうにありがとう。また山のチョイスがほんと最高でした^^
さすが、まゆちゃんだねー。
でもって、あのしぶしぶーな計画きっと実行しようね。

岐阜ぺんぎんさま
>自分をいたわって お過ごし下さいませ
ありがとうございます。
とくに体は、だいじですねー。母ももうすこしいたわってあげればよかったと後悔しきりです。
そんなことじゃだめ、と叱咤激励専門だったからなあ。。。
>また 元気になったら 母上様と出掛けたトコへ 出向き いろんな事に 浸ってください
そうですね。
いまは思い出すとところかまわず涙がでてくるので、あんまり浸らないようにしてます(笑)
でも、思い出は財産だと、しみじみ思います。
2010/07/28(水) 01:09:58 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

k林さま
ありがとうございます。
U太くんにも、心からありがとうです。
>「痛み」は時間が必ず癒してくれるはず。
>それまで、ゆっくり御自愛ください。
時間しかないですね。まあ、昨日よりは今日とすこしずつなのかなあ。かと思うと、また落ち込んでみたりね。
ま、しばらくは自分らしくもないこんな気持ちとおつきあいですね。

むらさま
あたたかいコメントありがとうございます。
>早く元気になって、お母様との思い出の山を元気よく歩いてくださいね。
母は、脚がふらつくといって、最近は山に行くことはかないませんでした。でも、最後に旅行したとき、それこそ、亡くなるほんの10日前ですが、とても元気に歩けるようになっていて、それを私がほめたら、また山に行きたいと話していました。山なんか行けなくても、今行ける範囲のところでいろいろ楽しめばいいじゃない、と言ったら、いや、山じゃなきゃ見れない景色をお母さんも見たいもん、と言っていました。
これからはきっといつも私にくっついてくると思います(笑)

やまとそばさま
コメントありがとうございます。
>ただ一つ、お母様は、まきくまさんが、またいつもの明るい姿に戻られる事を心から望んでおられる事と思います。
そうですね。きっとそうだと思います。
>お身体だけはお大事にして下さい。
ありがとうございます。
最初はもっといろいろ考えていたことも、なかなかできなくって、でも、無理をすることは母も望んでいないような気がして、自分を甘やかしてます。
それに、こうなると、ほんとに体は大事ですものね。
なんていって、またこんな夜更かし! だめだめですよねー(笑)
2010/07/28(水) 01:27:32 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

はっしー
ありがとう。
そうだったのですよ。
あのね、はっしーも、もっと田舎帰らんと。
いくら名前間違えても、やっぱ親はありがたいもんだよー。
って、そんな話じゃないか。
そんなわけなので、また山つきあってくださいませ。
酒のみトリオでまたどっかいきたいなあ。

とちこさん
>歳を重ねるにつけ
>命の儚さをしみじみと感じるようになりました。
ほんとですね。
たくさんいろんな別れを経験して、わかることですよね。
だからこそ、いろいろと大切にしなきゃいけないこと、あるんだよね。
>どうかゆっくりと
心が癒されますように。
ありがとう。
とちちゃんもね。
悲しいお知らせ聞いて、こちらもびっくりしています。コメントもできてなくてごめんなさい。
ろびがね、きっとうちのお母さん、三ちゃんに会ってかわいがってるって。
そうかもだね。
とちちゃんも元気になれますように。
2010/07/28(水) 01:38:42 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

管理人のみのMさま
やはり辛いときは山なのでしょうか。
なんで山は薬になるのでしょうね。
でも、山に向かうにはやはり気力がいりますよね。1人ではなかなか行く気になれなかったのですが、おかげさまで先週末はいつもの山友につきあってもらってお山にいけましたよー。
見晴らしのいい高みにたったとき、やっぱり涙が自然にでてきました。なんでだろ。
なんか感じるんですよね。
でも、次々とあらわれる美しい花や稜線や雲や岩や、いろんなものを見てるうちになんだか笑顔になってました。
なんだ、そんなものか、と思いました。
山はありがたいですね。
2010/07/28(水) 01:45:20 | |まきくま #-[ 編集]

管理人のみのDさま
コメントありがとうございます。
うんうん、そうですね。
結局わたしって、ほんとの意味で親離れせずにここまできちゃったんだろなあ。
ま、そんなわたしの人生背負って、山登ります^^

2010/07/28(水) 01:48:22 | |まきくま #-[ 編集]

山空花さま
コメントありがとうございます。
>広くて大きな空がある山のてっぺんはご両親に近い場所だと思うから。
山空花さんのこの言葉、山の上に立ったとき思い出してました。
近いところに近いところにと思って歩きましたよ。
だから、先週の山はたいせつな思い出の山です。

ああ、もうこんな時間!
お返事続きはまた明日に^^
2010/07/28(水) 01:54:07 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

こんばんは~
今日は、大弛から金峰に行ってきました。大弛は母を連れてきたことがあります。そのときは国師に登って、ふたりでお弁当を食べました。気持ちよい展望に大満足だったなあ。風景のそこここに母を感じた一日でした。

ヨシさん
ありがとうございます。
>山と同じ。一歩一歩ですね。
そうですね。急にどこかにはいけないから、一歩一歩ですね。

Bちゃん
>私も数年前に母を亡くした時、人知れず大泣きしました。
泣く時間も大事なんじゃないかなあ、と思う今日この頃。でも、仕事中だろうが、電車の中だろうが、ふとしたはずみで涙が。これ、どうしたもんでしょうね。 区切りはやはり時間がつけてくれるのでしょうね。

ゆっき
コメントありがとう。そのほか、いろいろいっぱいありがとう。だいぶ落ち着いてきました。
今日は、ゆっきと歩いたあの山でしたー。あのつらかった道は緑の苔に覆われていましたよー。
今度は秋に縦走したいね。

アランチャさま
あたたかいコメントありがとうございます。
>疲れもたまっているでしょうし、この暑さです。
ほんと! この暑さ。たまりませんね。関西も続きますね。
でも、山の上は涼しい風が吹いていますね。
アランチャさんもどうかご自愛を。

sanaeさま
コメントありがとうございます。
>まきくまさんがお母様と美ケ原に行かれて、それで私たちも行ってみたのが今年の1月でした。
sanae隊はたくさん歩いておられましたね。
私たち親子は、ま、ただそこにいただけでした
(笑)。
でも、とてもとても大切な思い出です。来年のお正月も美ケ原でと決めてました。7月1日に予約を入れるところでした。
>そしてまた山に元気をもらいに行ってくださいね。
はい。すでに行かしてもらってます。無心に歩いている時間がいちばん心が休まります^^
2010/07/31(土) 22:32:13 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

まきくまさま
ブログ拝見してびっくりして、
まきくまさんの気持ちを思うとなんて書いたらいいのかわからないままなのですが、
心よりお悔やみ申し上げます。
お母様とたくさんいろんなところに行かれて、本当に親孝行でしたもの。
でもコメント読んで行くうちに、お山にも行かれているのを見てすこしほっとしました。
お力落としのこととは思いますけれど、どうぞご自愛くださいませ。
2010/08/02(月) 00:06:48 | |あや #-[ 編集]

あやさん
ありがとう。
メールするね。
2010/08/02(月) 18:24:03 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

おひさしぶりです。すっかりみなさんの所も回らなくなってしまい久々に訪れたら...私も親を亡くした時は世界が変ったように見えた事がありましたが本当になんとも掛ける言葉も見当たりません。少し前「神様は乗り越えられる試練しかあたえない」という言葉を知ったのですが私もそうかなと思いました。心の内はまだ辛いでしょうけれど笑顔を忘れなでください、そうすれば自ずから元気も湧きでてきます、あと全ては時が流してくれますよ、がんばって!
2010/08/05(木) 21:41:00 | |熊さん #YIV7L8X6[ 編集]

熊さん
コメントありがとうございます。
お久しぶりです。
お元気ですか? ほんとにすっかりご無沙汰でした。
乗り越える、というかやり過ごすというか、まあ、なんとかかんとかやってます。
実家と自宅を行ったり来たりの二重生活にちょとお疲れ気味。最近は、自分に甘い選択になりつつあります(笑)
まあ無理のない程度にしないとね。うふふ。
よって、山にもいかせてもらってます。どんなふうにしても、悲しいものは悲しいし、さびしいのはどうしようもない。
でも、おかげさまで元気にやってますよん。
ほんとにありがとねー。

2010/08/08(日) 22:40:33 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://makikuma.blog34.fc2.com/tb.php/412-03dd342e
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。