まきくま山

まきくま山の備忘録。 山歩き・美味しいもの・愉快な仲間


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう10年以上前からつなぎたいと願っていた、大菩薩~小金沢連嶺。
天気だの体調だの、仕事だのいろんなことが邪魔をしてなかなか歩けなかったこの山の連なりを、2009年11月の連休にようやく歩くことができました。

11月22日(日)上日川峠~大菩薩峠~石丸峠~牛奥ノ雁ヶ腹摺山~黒岳~川胡桃沢ノ頭~白谷ヶ丸~湯ノ沢峠

甲斐大和駅から朝いちばんのバスで上日川峠へ。
氷混じりの冷たい雨の中、完全雨装備での出発となりました。すでに9時半。先が長いので大菩薩嶺はカットして大菩薩峠へと向かいます。

IMG_7327.jpg
いちばん最初にここに来たのはまだ高校生のとき。
そして、3年前には、ここで多くの山友と出会い、私の山人生が変わりました。
大菩薩は特別な山。

今日は、びすた~りさん、まゆ太さん、¥ちゃんと、たたらの山旅です。3人たたらが揃うのは2月の北八ヶ岳以来。そして、またここに特別な想い出を作りにきたんだよね。

ガスガスでなんにも見えません。でも、雨はあがっているのでよしとします。
ここまではこんな天気でもそこそこ人がいますが、ここから先に進む人はわたしたちだけのようです。
それにしても、前を行くまゆたたらんの速いこと! でも、速すぎ~、なんて泣き言を言うのはあたしだけ。

IMG_7328.jpg
木の根の張った道を森の奥へと進みます。

と、



IMG_7330.jpg
いきなり、霧氷がお出迎え。
予期していなかったこんな風景にたたらたちの歓声が上がります。
硬い氷をまとった森の中では、わたしたちの声がいつもより高く乾いて響いていました。
そういえば、いつもどおりずっとしゃべってるまゆたたらんの声がさっきから妖精の声みたいに聞こえる。
私はといえば、いつもどおりひとり息があがっているので、相槌もそこそこに押しだまって歩きます。

道はいつしか笹原に。ここは富士山と南アルプスの展望ルート。ああ、晴れていればどんなにいい景色だったろう、と思います。
おんなじことを考えて、ちょっと嫌気がさしたのか、まゆたたらんも黙りがちになりました。


と、氷をまとった笹の海があらわれ
IMG_7342.jpg
さわさわさわさわさわ風が渡ります。
ここは、狼平と呼ばれるあたり。

さわさわささわ

氷をまとった波頭をわけて
さわさわさわさわさわ

歩いていきました。

再び暗い森に分け入って、ほどなく
IMG_7349.jpg
この縦走の最高地点小金沢山に到着です。

ここから先、ゆるく下る道は、すっぽり私の頭まで隠れるほどの丈の高い笹の中をすすみます。

ざわざわざわざわざわざわざわざわ

ざわざわざわざわざわざわざわざわ

ざわざわざわざわざわざわざわざわ

笹の間から曇り空を見上げればゆったり羽を広げた大きな鳥。笹を揺らして進む私は、どんなふうに見えるだろう。
想像してたらうれしくなって、

ざわざわざわざわざわざわざわざわ

ざわざわざわざわざわざわざわざわ

笹をかき分けてがしがしすすみます。

再び登ると、牛奥雁ヶ摺山です。この辺りのアップダウンは歩く者を飽きさせない程度のゆるゆる加減。不思議な名前の頂きが次々登場します。
IMG_7355.jpg
びすたたらん、読めるかな? 

うしおくのがんがはらすりやま。。。

はい、よくできました。

さあ、まゆたたらん 言ってごらん。

*+=~+*+<?!#‘{

嗚呼、まゆたたらん。。。
そう、人にはなにかしら、不得意があるもの。

たたらたちの笑い声が、いつか幸せなため息に変わったのは



IMG_7364.jpg
こんな森に入ったから。


IMG_7369.jpg
そりゃ、ことばもなくなります。

川胡桃沢の頭を越え、賽の河原に向かってぐんぐん降ります。
ほんとは目の前に大きな富士山が見えるはずの道なんだけど、
IMG_7371.jpg
今の私たちには、これがいちばん素敵な景色に思えるのでした。

もう午後の1時をとっくに回っているのに、よほど気温が低いのでしょう。霧氷は健在です。
IMG_7385.jpg
それでも時おり陽がさして
頭の上に霧氷のかけらが降りかかります。

しゃらしゃらしゃらしゃら
しゃらしゃらしゃらしゃら

しゃらしゃらしゃらしゃら

なんて微かな、なんて儚い音だろう。

そして、いつか、白い氷が視界から消えてなくなると、、

雪の富士山が、白い雲の合間から大きな姿を現しました。
IMG_7391_20091216011625.jpg
白谷ヶ丸から湯ノ沢峠への下り。
景色が大きい。
ここは、もう一度、ほんとにすかっと晴れた日に訪れてみたいところ。

でもね、でもね、負け惜しみじゃあなくって、
この日の私たちには、これが、世界一の景色でした。

15時30分湯ノ沢峠着。
IMG_7402.jpg
星空に、よっぱなたたらんの声が響いていました。

霧氷~
霧氷の森~綺麗ですね~~~♪
静かな静かな山歩き・・・。
良いですね。
2009/12/16(水) 07:33:13 | |やまとそば #g6FRH5K2[ 編集]

すんごいね、山レポ月間、有言実行だね!
私は…実行しておりません・・・^^;
2009/12/16(水) 09:51:36 | |輝珍 #juZz/cEU[ 編集]
霧氷~
こんちは、今日は寒いですねぇ!
こんな日は蛭ヶ岳辺りで見られるかも... それにしても、あの深い森の霧氷...見たかったですよ。
大菩薩(&小金沢)、また大事な思い出が追加されましたね。
2009/12/16(水) 12:42:55 | |K林@お昼寝 #W0p.A8Zs[ 編集]

上記輝珍に同じく。
10年越しですか~、
わたしにもそんな山との出会いがあるかしら~、
でも10年たったら何歳だ?うぅぅっ、数えたくない。
2009/12/16(水) 20:58:23 | |きぬ #8OglAeDc[ 編集]

う~ん
何回も計画して歩けていない道です。
霧氷の時期に歩けてうらやましいです。
牛奥までは大峠から歩いたことがあるのですが、それ以外は歩いていないです。
先週も、先々週も計画していますが、ほかの山に計画変更されています。
いつになったら歩けることやら???

続きを楽しみにしてますよ。
2009/12/16(水) 22:19:46 | |へろへろ #-[ 編集]

さすが、素敵な森の雰囲気とたたらの楽しさが伝わってきましたヨ。なんかウラヤマシー。知らない山域ですけど、よさげな道ですねえ。でもなんで耳の山なんやろ?でっかい富士山ってオイラまだ、まともに見たこと無いのです。ちっこいのは何度かあるんですが。また行ってみたい山が増えてもうた。
2009/12/17(木) 05:08:03 | |dahan #-[ 編集]
きれい~~~
でも、寒そうですね!(^^;)
レポ、着々と書いてますねぇ~。
私も書かなきゃ~~~。
2009/12/17(木) 08:11:46 | |akemi #vXeIqmFk[ 編集]

 笹原の擦れる音や、霧氷が散って当る音など「耳でも楽しめた山」ってことかしら(^-^)
2009/12/17(木) 08:13:08 | |ヨシ #-[ 編集]

やまとそばさん
わー お久しぶりです!
>霧氷の森~綺麗ですね~~~♪
そうなんですよ。思わぬプレゼントで、すっごい盛り上がりました。
>静かな静かな山歩き・・・。
こういうのって冬ならではで、しみじみしていいですよね。

輝子さん
>すんごいね、山レポ月間、有言実行だね!
おほほほほ
やればできるんだねえ。
って、かなりいろんなこと犠牲にしてますよ。
お陰で居眠りが。。。

k林さん
今日はもっと寒かったー。
って、一歩も外にでてませんが。。。
>こんな日は蛭ヶ岳辺りで見られるかも... 
でもまだ白くなってなかったなあ。
>あの深い森の霧氷...見たかったですよ。
うふふ。丹沢の霧氷もいいけど、大菩薩もえがったです。
自然ってほんとに、おつなことしてくれます。
2009/12/17(木) 21:01:41 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

きぬさん
>上記輝珍に同じく。
ん? でもセックンはアップされたよねー。
もう、きぬさんほんまに尊敬。今度教えてね。(って、ちゃっかりしすぎや)
>10年越しですか~、
>わたしにもそんな山との出会いがあるかしら~、
もっちろん。でもきぬさんは行きたい山にはどんどん行きそうだから、こんなぐずぐずしたことにはならないかもね。
>でも10年たったら何歳だ?
それはね。お互いいいっこなしなのだー。

へろへろさん
やはり懸案の道でしらか? いつでもいけそうなところがまた微妙なのかなあ。
かといって、日帰りじゃああってところもねえ。
>牛奥までは大峠から歩いたことがあるのですが、それ以外は歩いていないです。
私もそんな感じできれぎれに行ったことはあったんですよ。
でも、一気に歩くのはやはり達成感もあるし、山が自分のものになったような気がして、しみじみうれしいです。
>続きを楽しみにしてますよ。
うふ。書いちゃったもんねー。ぜひ読んでやってくださいませ。

dahanさん
>素敵な森の雰囲気とたたらの楽しさが伝わってきましたヨ。
ありがとうございます。
大台のたたらも喜んでるかなあ。
そうそう、たたらにはやはり森は似合いますね。このコース、とってもたたらんらしい道だったかもしれません。
>でもなんで耳の山なんやろ?
あ、えと、ヨシさんの書いているとおりで。。。
あはは、なんか表現力に問題ありだったかなあ。でへへ。
>でっかい富士山ってオイラまだ、まともに見たこと無いのです。
もう、ぜひぜひぜひぜひ。おいでなさいな。
2009/12/17(木) 21:14:05 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

akemiさん
コメントありがとう~
そう、きれいだけど、寒かったです。低山だと普通霧氷って、朝のうちだけですよね。なのにずーーーっと霧氷の森でしたもの。
>レポ、着々と書いてますねぇ~。
>私も書かなきゃ~~~。
そうそう、締めくくりですからね。
って、私の場合、もう、ぜったいに終わらないことわかってるんですけどね。
まあ、悪あがきですわ。

ヨシさん
ご名答~!
ありがとうございます。
静かな山歩きは聴覚がすごく敏感になりますね。
とくにひとりのときって、すごくいろんな音が入ってくる。
それも、立ち止まって自分の足音がなくなったとたんにいろんな音が聞こえて来るよね。
小金沢はすれ違い残念でしたー。
2009/12/17(木) 21:18:28 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

>あ、えと、ヨシさんの書いているとおりで。。。

あ、そうか!なるほどー。
ってかオイラ鈍すぎ。形ばっかり見てましたわ~。
なるほどなあ^^
2009/12/17(木) 21:47:55 | |dahan #-[ 編集]

dahanさん
形。
耳のかたちの山、たしかにありそうですねえ。
ゾウ耳山とかウサギ耳山とか。。。
あったらいいな。
2009/12/20(日) 23:16:29 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://makikuma.blog34.fc2.com/tb.php/390-c9f24e13
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。