まきくま山

まきくま山の備忘録。 山歩き・美味しいもの・愉快な仲間


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月に忙しい部署に異動になってから、終電帰り、土日出勤がなぜかデフォルトに(泣)。
やっとこさ土日ともに休める週末がやってきたので少し遠出を計画しました。

そう、ずっとずっとあこがれていたひめさゆりの山へ。
メンバーは飲み会で声をかけたいつもの山仲間な6人。
直前の天気予報を見て土日のどちらかに決めようということになりまして、
日曜のほうがよさそ、ということで、日曜登山になりまして、
じゃあ、あいちゃった土曜もやっぱ山に行きたくって。

ムリヤリ探し出したのが、この山でした。

ひめさゆりなお山を検索していたら出てきた一昨年のsanaeさんのレポ。なんと、sanae隊はひめさゆりの次の日にこのお山に行き、ここでもたくさんのお花をゲットしているではありませんか。
つまり、ひめさゆりがドンピシャな週末は、この花もドンピシャってことよね。。。。

てなわけで、この山に決まったわけです。

その名は庚申山。天然記念物庚申草の咲く山です。

金曜夜、ご近所のご隠居さん、もとい、のんだくれたけさんを乗っけて関越道を高崎まで。
ガイドに書いてあるとおり、高崎ICおりてから60キロ以上も下道をいきます。
「まきくまさん 60キロもあんの~?」
「あるわけないでしょっ!!!!」
てな、会話もやけくそです。遠いなあ。新潟に行くのにちょっと寄り道と思って計画したのに(汗)
9時に家を出て登山口の銀山平Pに着いたのが深夜0時半。
国民宿舎かじか荘のすぐ上に駐車場があります。
そのまま寝ればいいものをやっぱり缶ビールをのんで、つまみまで食べてしまいます。

翌朝、5時起床。身支度だけ整えて、5時半歩き出し。アグレッシブな林道歩きをすればぐんぐん痩せるからというたけさんの言に従って、CT80分の林道を早歩きでとっとこ必死に進みます。すぐに汗だくになります。こういうとき身長差22センチって、大きいよなあ、と思うのでした。48分で一の鳥居に到着。(でも、ふたりともやせた気配はなし。 後日談)

IMG_5083.jpg
一の鳥居

IMG_5078.jpg
庚申山は信仰の山。そのしるしが登山道のいたるところにあります。

朝ごはんを食べていたら何人もの登山者がやってきました。なるほど、人気の山なんだなあ。
森の中に一歩踏み出すと、清冽な水の流れとおだやかでしっとり美しい林相にうっとり。
道は、しっかり踏まれており、ゆるい勾配の広い谷を、ゆったり登っていきます。

IMG_5069.jpg
山に来るとなんで気持ちよく息ができるんだろう。

IMG_5077.jpg
あんなふうに捕まえられたらたいへん! でもなーんか心地よさそな気もするね

IMG_5082.jpg
流れのあっちに行ったりこっちに来たりしつつ、きれいだねー いい森だねー を連発します。

IMG_4955.jpg
庚申山なだけに猿にまつわる伝説のある鏡岩

ほどなくクリンソウの群生地が現れるようになると、そこだけ妙に平で広々とした猿田彦神社の跡地につきました。
ここから右にお山巡りコースを分けます。こっちは奇岩が林立するなかなかな冒険コースらしく、エアリアには通行禁止とまで出ているので、進路を左にとります。
ここからほんの1~2分で庚申山荘に到着。

IMG_4999_20090620032022.jpg
このあたり一体にはいくつものクリンソウの群落があります。目の覚めるような色と、何よりその数に、本気で目が覚めます。
目が覚めてみると、この花の葉っぱが妙に野菜っぽくて美味しそうなことに気付きました。
挙句の果ては、「これさあ、焼肉包んだらよさそだよねー」なんて発言も。
そして、たぶん、おそらく、これから一生、クリンソウ見たら焼肉思い出すんだろうなあ。
(あ、このブログ読んじゃったあなたもですよ。ほんまに美味しそうやねん)

道は少し急になり、大きな岩肌が見えたと思うと、何かがきらきらきらきら光ってるではないですか。
近寄ってみたらそれは岩肌から染み出る美しい水が滴となって滴り落ちていたのです。

IMG_5024.jpg
大きな岩盤が露出しています

よってみると………
おお! ユキワリソウです。
IMG_5019.jpg
見上げる大きな大きな岩壁一面にピンクのユキワリソウがぎっしり!!!

IMG_5034_20090625030823.jpg
濃いめのピンクちゃん。ああ、もうたまんないっす。

ふと脇を見るとかわいこちゃんに目がないたけさんが、写真をとりまくっています。 
たけさん、やばいよ、その妙なうすら笑い。。。 
たしか昔、子猫のみーすけと遊んでいるときにも見たような、怪しさ。。。 ああ(嘆)。

じつはもうこれで帰ってもいいくらいに満足したのですが、まあ、やはり、気を取り直して前に進むことにします。

ユキワリソウのすぐ脇にはこんな清楚な初夏の妖精も

IMG_5022_20090625030722.jpg
ウツギの白って、なんだか深みがあって、いいですよね。

このあとほどなく、岩の門やら
IMG_5029.jpg

岩のわっかやら
IMG_5030.jpg
が登場しまして飽きさせません。
なんでも馬琴の八犬伝にも登場するんだとか。昔からの信仰の山は、やはりそれなりの雰囲気があるもんです。

お山めぐりコースはさぞかしおもしろいんだろうなあ、と思わせる岩山っぷり。
ごつごつにょきにょきと岩峰が現れ、たとえ花がなくてもそれなりに楽しめそうです。
それにしても見上げる岩、見上げる岩、そこここにユキワリソウが可憐な花を咲かせています。
しかし、この山の名前をかぶせたところの天然記念物、そう、肝心の庚申草はいっこうに現れません。
去年のキタダケソウ事件(まだレポアップしてないや…)を思い出し、妙にあせりが出てきます。
そこへもってきて、たけさんが

まきくまさん前歩いてんですからね。もし、うしろにいるボクが先にみつけたら、ビールね!

なんてことを言い始めたものだから、、、、
まじにあせりまくります。

どんなにユキワリソウが微笑んでくれても、

またユキワリソウかよ~


などと、悪態をつく始末、


そんなときに。 たけさんが、

あ”ーーーーーっ!!!!

なんて、叫び声をあげた日にゃあ、もう、負けたかあ、と、悔しさでいっぱになります。


でも、


ま、



ただの





IMG_5035.jpg
スミレだったんですけどね。

(あ、ごめん。スミレちゃん)

そんな風に歩いていると、ぜんぜん疲れも感じずにぐんぐん前にすすんでしまう。
どう考えても頂上まであと少し。。。

ああ、あせる。

どうしよう。

もう頂上についてしまうじゃないか。。。。

普通の山登りではありえない、妙な切迫感がにさいなまれつつ、
前後左右上下もう、ありとあらゆるところに目を配りまくり進みます。

右側に岩のつきでた展望地を過ぎたところで上のほうから歓声が聞こえます。

うん、あそこに違いない。
登山道から少し右に入ったところの岩壁で5-6人がカメラを構えています。

「あはは、あそこだねー」
「でもさ、ユキワリソウだったらどうする?」
「もしそうだったら、このばか! 紛らわしいことすんなって言ってもいいと思うよ」

なんて言いつつ近づくと、、、

IMG_5051.jpg
なんだ、ユキワリソウじゃん。。。。







と、思ったら、いやだ、ユキワリソウといっしょに咲いてる小さいのが、、、

IMG_5049.jpg
茎のカーブがキュートだね

IMG_5040.jpg
お顔はちょっとひょうきん系?

てなわけで、無事に天然記念物コウシンソウに逢えました。

ひとしきり庚申草の写真を撮ってふりむけば、
IMG_5057.jpg
シロヤシオ。

IMG_5064.jpg
頂上には、石楠花のブーケ。

ほんの3-4分すすんだ展望地からは

IMG_5062.jpg
いかにも山深い森からすっくと立ち上がる皇海山。

いい、お山でした。  うん


お疲れ様でしたん。
花がいっぱいで、登山道もステキで、良い山なり!
でしたね。^^
こんな、おんぶにだっこな山旅も楽ちんで、たまにはいいなぁと思いました。
お世話になりました。

で、あれ?途中ですか~?今ごろ山に着いて温泉とか?いいなぁ。
ま、ゆっくり養生してくださいませ。
2009/06/20(土) 12:29:57 | |ご隠居たここ #USldnCAg[ 編集]
あ~~ん。
これで終わり?
もうじらんすんだから。。。。
続きはいつ?
待ってるよ!!

コウシンソウも見たい花だけど、遠いんだよね。
運転お疲れさま。
温泉でゆっくり癒されてくださいね。
2009/06/20(土) 16:57:03 | |木曽駒 #6wH.DH8I[ 編集]

>終電帰り、土日出勤がなぜかデフォルト

お疲れ様~~~
体壊さんといてや~~~
2009/06/20(土) 22:22:09 | |上松 B作 #-[ 編集]

お花いっぱいないいお山だね~
お花にも増して、緑も気持ちよさげだわあ。
温泉三昧で充分身体をいたわってあげてね~
2009/06/21(日) 23:09:28 | |ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]

森の雰囲気いいですねえ。
名も知らぬ山ですが、思わず行きたくなりました。
花はさっぱりなオイラですけど、続きが楽しみです^^
2009/06/22(月) 01:20:51 | |dahan #L.O2nn6s[ 編集]
庚申山
去年(かな?)のfu-coさんのレポ見て行くつもりでしたがすっかり忘れてて...、おかげで思い出すことができました。あわてて土曜日に行ってきましたよぉ! コウシンソウ、ユキワリソウ、クリンソウ等等、見ることができました。お山巡りコースでグルリップしたのですが、山頂に行く道がわからなかったす... 曇りで眺望なんかあるわけ無かったけどチト残念。
あっそうそう、庚申山は北関東自動車道に入って伊勢崎で降りる方が近いですよ(ナビもそっちでした)。
しかし、続けて新潟方面とは根性ありますねぇ! しっかりとDNAを彼の地に残してきたようで...^^;
2009/06/22(月) 12:53:55 | |K林@お昼寝 #W0p.A8Zs[ 編集]

返事遅くなってごめんなさい! 
記事のほうもようやく完結させました。よかったら、最後まで読んでねー。

たけさん
ほーんと、大当たり! なお山でしたね。
林道もそれなりに楽しめるし、森はきれいだしねえ。次回はぜひ皇海までどうぞ。とってもよさそな尾根だったもんね。
まあ、あれだね。欲をいえばもうちょっと早く出て、ちゃんとビール飲みたかったなあ。まあ、あんな直前にばたばた決めたんだから上出来だったかもね。
えと、次回のドライブはよろしこ。 (って、いったいいつなんだ?!)

駒ちゃん
>あ~~ん。
>これで終わり?
ごめんごめん。ようやく完結したけん。見てやってね。
>コウシンソウも見たい花だけど、遠いんだよね。
そだねー。遠いよね。どこかのついでに、って感じの山でもないし、わざわざこれ目的ってのもどうなのかなあ。
>温泉でゆっくり癒されてくださいね。
温泉は満喫してきたよん。
でも、年寄りのお守りでくたくたですわ。。。

Bちゃん
>体壊さんといてや~~~

うっ うっ
なんと優しい。
ほんとね、もうちょっとどうにかなんないのかなあ。
昨日も終電一つ前だし。。
これ完結させてたら3時になっちゃったよー(泣)
2009/06/25(木) 08:07:25 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

ああ、もう家でなきゃなんだけど、頭ぼーっとしてていく気がしないなあ。
なんだろ、このサボり病。うふ。

ぜいぜいさん
この山、ぜいぜいさん気に入ると思うよ~。
>お花にも増して、緑も気持ちよさげだわあ。
ほんとにそうなの。森がいいの。水がきれういなの。鹿が多いらしくて下草はきれいさっぱりだったんだけどね。またそれがちょっと不思議な風景になってる感じだったかなあ。
来年、ぜひ時期見計らって出かけてみて~

dahanさん
>森の雰囲気いいですねえ。
ああ、それが伝えられたならうれしいでつ。
ユキワリソウは、きっと花に興味のない人でも会えばうれしくなるお花だと思います。だって、文句なしのかわいこちゃん(死語か?)なんだもん。
昔学年に1人くらいいたでしょ? そういうこ。そんな感じですよー。

k林さん
>去年(かな?)のfu-coさんのレポ見て行くつもりでしたがすっかり忘れてて...、
うんうん、一昨年です。
sanaeさんの見ていったのかな? たしか。
>あわてて土曜日に行ってきましたよぉ! 
おお! それはよかったです。
とってもいい山だったでしょう?
>お山巡りコースでグルリップしたのですが、山頂に行く道がわからなかったす... 
ああ、いいな、いいな。
ほんとは行ってみたかったんだけど、ちょっと、ほら、そういうの苦手だし、時間よめなかったんでね。断念しました。たけさん1人なら行ってただろうに悪いことしちゃったな。
頂上に行く道? 途中でふつうに合流してたけどなあ。どこか違うほうにいっちゃったんかな?
>庚申山は北関東自動車道に入って伊勢崎で降りる方が近いですよ(ナビもそっちでした)。
帰りはそっちから乗りました。ま、でもあんまし変わんないかも、、ですねえ。
>続けて新潟方面とは根性ありますねぇ!
いやいや、新潟がメインでそっちが先にあったんですよ。で、いちおう高速ICでいうと途中ってことで。。。 
>しっかりとDNAを彼の地に残してきたようで...^^;
ああ、忘れますってば、それは。
ま、次回レポ楽しみにしててください。
そうそう、例のお山の情報、たいしたこと言えないけど週末にでも送りますね。って、地図見ないともうわすれちゃったなあ。
2009/06/25(木) 08:19:59 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
同じような計画を
する人が・・・と思ったら、そうでしたか!お役に立ってよかった!よかった!♪
でもこんな組み合わせするのは我らだけかと思ってましたよ(笑;
シロヤシオはいつも微妙でして、遅い時の方は多いのですが、今回ドンピシャでしたね~
2009/06/25(木) 15:19:54 | |sanae #EixCJqAg[ 編集]

おお! sanaeさん
参考にさせていただいたご挨拶にうかがおうと思っていたところです。
いいヒントをいただき感謝感謝です!
庚申山とーってもいい山ですね。あのあたりはあるいことがなかったので、余計に新鮮でした。
帰りの温泉もとってもいいお湯だったなあ。
sanaeさん、最近いそがしそうですねえ。
また、どこかお山でおあいできますように。
2009/06/25(木) 18:21:54 | |まきくま@一休み #E5Upi6Fk[ 編集]

いいやねー いい山だねぇ
なんだか緑がとってーも爽やかな色だね。
天気や季節にもよるけど、スガスガしいキレイな森ってなかなか難しいよね。
私 ウツギの花ってすきやねん。
ほらっ 凛として・・・
まるで私みたい?

思いつきで サッと一緒に行動にうつれる山の相棒ってえーやんな
酒びたり~はちょっと置いて置いてもさ
2009/06/26(金) 12:47:03 | |ロビン@おしごとっ #qIFa0De.[ 編集]

ろび
ええでしょ?
ほんといい山だから、いってみそ~
道も森も味わいがあるんだわ。
ただ高遠とセットではぜったい無理なんだなあ(笑)
2009/06/27(土) 19:29:43 | |まきくま #USanPCEI[ 編集]
出遅れちゃった
まきさん、ようやくPCから写真みたよー。
庚申山、お花いっぱいだね!コウシンソウって、すんごく小さいの?かわいらしいねぇ。
庚申山、前からずーーっと行ってみたくてまだ行けてないお山です。来年こそ!
2009/07/03(金) 07:12:55 | |まゆ太 #Uc1kfBME[ 編集]

まゆたたらん
コウシンソウ、マジちっちゃいですよ。言われなければなかなか気付かないくらい。ユキワリソウと一緒にわんさか咲いているところがいいよねえ。
でも、ユキワリソウはあちこち咲いているのに、コウシンソウを見たのはここだけ。生息の条件が厳しいのね。見かけによらずきむずかし娘さんなんだろね。まゆたんのところからなら近いし、来年はぜひ。
てか、まゆたんならスカイまでどうぞ~
2009/07/06(月) 09:46:19 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://makikuma.blog34.fc2.com/tb.php/360-624b9d1d
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。