まきくま山

まきくま山の備忘録。 山歩き・美味しいもの・愉快な仲間


20090113130746
やっぱり ここだね

ここまでモブログです。
もう正解でてますね。k林さん、さすがです。
松と松の間は大室山ですね。
そう、高尾城山からの富士山でした。

というわけで、2009の初のぼりは昨年いちばん登った山、高尾山でした。
ミシュラン騒ぎで休日には敬遠したい存在になった高尾ですが、正月出勤の代休で平日登山です。空はすっきりとした青。こりゃ、絶好の高尾日和だよね!








久しぶりの山歩き、来週はスキーだし、トレーニングということで南高尾と表高尾をつなぐグルリップコースです。
京王線の高尾山口駅で降りて、トリックアート美術館がある国道20号へと出ます。で、大野屋さんという茶店の横の小道に入り普通の住宅のすぐ脇をすり抜けるようにして登山道に入ります。ここ、とてもわかりにくいので、ある意味このコースの核心です。

IMG_3866.jpg
モンダイの登山口。でも、ちゃんと気をつけてみれば道標あります。

暗い杉林の中を登りますとすぐに細い尾根の上に乗っかり右へ進みます。右側が少し開けたところで、城山と高尾山をつなぐ稜線がきれいに見渡せます。今日は、いまいる南高尾の尾根を大洞山まで進み大垂水峠に降りて、向こうに見える表高尾の尾根に登り返し、城山から高尾山まで歩くという20キロ弱のロングコースです。

IMG_3878.jpg
表高尾の稜線が見えます。

IMG_3877.jpg
まったりゆるゆるな尾根歩き。こんな小さなピークを乗り越え乗り越え進みます。

杉林と雑木林の交錯する道を進みますと、ほんの小さなピークをいくつもいつくも乗り越えて町田市最高峰の標識がある草土山に至ります。ここまでで1時間弱です。小さな祠があって、山の神と書いてあります。ぱんぱんと手をたたいて今年一年の登山の無事を祈りまして、きらきら光る城山湖を眼下に見下ろす展望台に登って小休止。
IMG_3882.jpg
草土山頂上

榎窪山(420m)、泰光寺山(475m)と小ピークをたどりながら尾根を進みますと、やがて左側の木の間ごしに丹沢の山並みが見えてきます。ところどころ金曜日に降った雪が残っています。各ピークやちょっとしたスペースには必ずベンチがあるので休み場所には事欠きません。というか、こんなに休んでどうすんねん、というくらいにベンチがあります。やがて、左側がパーッと開けた展望所へ。ここまでで1時間弱です。もちろん木のベンチがあって、どうしても休みたくなる、このコースでいちばん気持ちいいところです。わたしはいつもここで大休止。大山、蛭、丹沢山、大室山など丹沢の主要ピークがどどーんと見えます。丹沢はだいぶ雪が着いている様子ですね。そして、なによりもうれしいのは真白き富士の嶺。眼の下には津久井湖と集落が見えています。暖かい陽が降り注ぐなか、なんだかボーっとしてきます。まさに、至福のとき。

IMG_3895.jpg
富士山は強風でしょうか。
雲がかかって、写真ではちょっとわかりにくいかな。


急斜面をトラバースしてつけられた登山道は、ほとんど水平移動でなんだか歩いていても眠くなります。でも、もし落っこちたらかなりの怪我です。低い山といってもあなどってはいけません。
ほどなく中沢山(494m)。登山道から右に分かれる急坂を上ること2分ほどで聖観音さんのおられる頂上です。このお方、今出来の観音さんにしてはなかなかのお顔です。ちゃんと手を合わせて一年の幸せを願います。
IMG_3900.jpg
いちねんの 無事を。。。。

実はこの間浅草寺で引いたおみくじに、ろくなことはないけど観音さんの助けでなんとかなる、、、みたいなこと書かれていたので、こういうのおろそかにしてはいけないのです。うん。
次は表高尾の展望と三角点のある金比羅山(515m)。いちおう、ちょっとずつ標高あげてるみたいです。ここに木のベンチがありまして、テーブルと大書されたテーブルがあります。きっとだれかがテーブルに座ってるのを目撃した制作者が心を痛めて書いたんでしょうねえ。まあ、作ったひとはそういうの悲しいもんですけど、そんなに大きく書かなくてもというくらい大きく書いてあるので、ちょっと笑えます。
IMG_3905.jpg
テーブルですよ!

大洞山(536m)でこの尾根とはお別れです。ほんとに、なんど登ったり下ったりしたことか。
なんだかお腹がすいてきますが、城山で待ってるなめこ汁を心に描き頑張って前に進みます。
大垂水峠(370くらい?)までぐんぐん下り、カチカチに凍った橋で国道20号を渡り、城山(670m)まで登り返しです。

IMG_3911_20090114015151.jpg
国道20号大垂水峠。バイクや車が猛スピードでがんがん行きかいます。

が、小さな流れに沿って登り始めたところで、ほんとうにしゃりばてます。うん、だって12時だし。
というわけで、こんなときのために懐中してきた懐中汁粉を取り出し、テルモスのお湯でいただくことにします。が、カップを忘れました。仕方ないのでテルモスの蓋を使うことにして、懐中汁粉の最中の皮をばりばり割って小さい蓋の中に押し込むことにしますが、なぜか最中の皮がはじけてあたり一帯に肝心の餡の粉をぶちまけてしまいます。あーん、これじゃはっしーみたいだなあ。と、地団駄踏みつつ、うすーい汁粉をいただきます。
大垂水峠を挟んだ斜面は、登りも下りもけっこう雪がついてました。もちろんアイゼンなどは不要ですが、雪道に慣れていない人はストックくらいあったほうがいい感じでした。もちろん、アイゼン使ってもいいと思います。朝一とかかちかちになりそうです。

IMG_3924.jpg
城山への登りはけっこう急。振り返れば、あ 富士山

IMG_3935.jpg
陽だまりにはこんなふわふわが。これ、なんだろ

城山直下で高尾からの登山道に合流します。ここまで、休日でもとても静かな山歩きが楽しめるはず。地元の方が日課のようにして歩いているので、平日でもそこそこ人に会うんですけどね。でも、まあ、あの高尾の騒ぎを思えばほんとうに静かな静かな道です。

城山は大展望。いつもの大きな富士山が待っていてくれましたが、、、な、なんとなめこ汁の茶店はお休みでした。さすがに3連休のあとですものね、そりゃお休みとるよなあ。ああ、ここでなめこ汁とビールのはずだったのに。。。。茶店がお休みだと、いつもベンチの間を徘徊している太った猫たちもお休みらしく、姿が見えません。会えるの楽しみにしていたのになあ。
なめこ汁も太った猫もない城山には長居してもしかたないのでとっとと高尾山に向かいます。

IMG_3944.jpg
時おり、挨拶の声が響く以外は音のない登山道。

IMG_3948.jpg
ゆきだるまさんだ!

登山道は雪が溶けて田んぼのようになっています。尾根通しに歩いていたら、靴の底にどんどん泥がついて天狗の高下駄のようになってきます。ふと、巻き道を見たらぬかるんでいなかったので脇にそれて進んだらシモバシラの花が咲いていて、ちょっと得した気分になりました。

IMG_3950.jpgIMG_3955.jpg
IMG_3958.jpgIMG_3954.jpg
シモバシラの茎が吸い上げた水分が凍ってできる自然の芸術

高尾山頂の茶店でとろろそばとビールの昼食を食べ、6号路(清滝コース)で降りてきました。
さすがに3連休の翌日、高尾山頂も登山道も人が少なくのんびりできました。
IMG_3961.jpg
人もまばら。やっぱり平日がいいね。

IMG_3962.jpg
高尾名物のとろろそばであったまりました

9時に出発して、3時に下山。一日たっぷり楽しめるおすすめコースです。
IMG_3969.jpg

僭越ながらイチ米で…
 あの風景は三頭山(奥多摩)かな?と。
2009/01/13(火) 15:14:16 | |ヨシ #-[ 編集]

んにゃ、どこどこ?
松ノ木には登ったのかなあ。。。
2009/01/13(火) 15:42:11 | |ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]

おおっ、初歩き、よかったねー。富士山も見えて。わたしゃ、てっきり高尾かと思ってたけど、ちがうんかな?この写真だけじゃ、わたしにはわからんのう...。
2009/01/13(火) 17:05:21 | |まゆた #I4t1ZHtI[ 編集]
高尾!
松と松の間は大室山とみたが如何に?
2009/01/13(火) 17:37:10 | |K林@おさぼり #W0p.A8Zs[ 編集]

ヨシさん
うーん、たぶん三頭山からもこんな角度かと、、、
惜しい!

ぜぜさん
松の木、、、、かわいそかもです。
なので、登っとりませんよー。

まゆたん
はいはい、高尾ですよん。やっぱ、地元の山に挨拶しとかなきゃと思ってね(笑)。
で、まゆたんはいけたんかな?

k林さん
さすが~。そですよね。大室は独立して見えてかっこいいですよね。ほんとはここに見えてるあたりに行きたかったのですが、ちょっと車が、、、、ごにょごにょごにょ(笑)。
2009/01/14(水) 02:32:11 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

おぉー 初登りおめっとさんv-238
今年も元気にスタートやね。
この週末は どこも雪がかぶって
高尾が白くなってるのを高速から眺め
「高尾の雪景色に会いにいきたいな~」と
思ってたんよ。
いつも見てる風景に雪がプラスされるだけで
なんだかジィーンとくるよね。
城山の茶店は残念。
なめこを夢見て あの急登を歩いたことでしょう。
んでも、今年はなんだかいいことありそな予感 v-63だじょー
2009/01/14(水) 08:42:47 | |ロビン@お仕事 #qIFa0De.[ 編集]

富士山見ながら歩けるのってええなあ。
高尾も雪積もってるんですね。
観音さまもええお顔です。お願いを聞いて頂けますよーに。
まきさんに幸あれー。
2009/01/14(水) 18:48:06 | |びすこ #-[ 編集]

ろび
土曜にいけたら、ふかふか新雪の高尾楽しめたはず。よかっただろうなあ。今度降ったら、休みとって高尾にゴー! だな。
いいことありそ、って、ちょっと強引じゃない? おみくじもちーともいいこと書いてなかったよ。でも、山の神と観音さんの力でなんとかなるのかにゃ。ほんま、たのむで~

びすはん
のレポで、貴船で凶ひいたこと思い出しますた。記憶から抹殺していたこののーてんきさよ~。新年の運勢は末吉ですと。中身は凶みたいなもんだったよ(涙)。うんうん、でもびすはんのそのオマジナイで、幸がくる気がしてきたぞ。
おっしゃ~ 今年もがんばるぞーっと
2009/01/14(水) 21:57:09 | |まきくま@京王線 #USanPCEI[ 編集]

カップ忘れましたか!

私も先週コンロとラーメン、コーヒーは持って行ったものの・・・

ブキ類すべて忘れちゃって…

6時間、お茶300mlとわずかな行動食で歩きとおしました・・・



やっぱ同類ですか?(K駒さんにおののきながらコメントしています…笑)
2009/01/14(水) 22:44:12 | |上松 B作 #-[ 編集]

B作さん
これに関しては駒子さんも異議なしではないか、、、と思われます。とほほ。
でもさ、私は、ちゃんと茶店狙いでいってるもんねー。だから大丈夫。って、城山の茶店閉まってたんでしたー。
食べ物持っててたべれないカナシさって格別ですよね。(って、「格別」の使い方まちがってるって!!!)
わたしはかつてコッフェルにすぽっとはめたガスカートリッジがどうにもこうにもコッフェルからぬけなくなって(だってさ、ぴーーーったりだったんよ)、持参したうどんを食べることが出来ず、わずかなチョコで飢えをしのぎつつ下山したことがありんすよ。
B作さん、もはや同類ではなく、同志ですな。ははははは。
2009/01/14(水) 23:32:33 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

出遅れですが、嬉しくて(?)ついカキコ♪
オイラは2008年忘れ山歩きが南高尾!まきくまさんのまったく逆コースを歩きましたよ。
<町田市最高峰の標識がある草土山に至ります。
え~と、たぶん草戸山ではないかと・・・(恐々) 

で、初登りは丹沢・塔ノ岳、「たけ/しげさんの大倉尾根を2時間で」に挑戦でした。ふふふっ
2009/01/20(火) 21:56:41 | |まろん@しらふ #-[ 編集]

まろん@しらふ サマ
うんうん、その時間でしらふって、えらいです!
年末は高尾でしめ、年初は大倉ですか? これぞ正しき、東京山のぼらーですね。
私も次回は丹沢のつもりです。もっとも、大倉2時間は私には到底むりですけどね。まろんさん相変わらず健脚でいらっしゃいますね。
戸、、、、直しときまーす。町田市民の皆様 すみませーん。
2009/01/21(水) 21:42:36 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://makikuma.blog34.fc2.com/tb.php/321-e2beb992
トラックバック