まきくま山

まきくま山の備忘録。 山歩き・美味しいもの・愉快な仲間


20081103103641t.jpg
ほんとは縦走のはずだったのに~

以上モブログでしたー。

ぜいぜい&たっきーと、昨日から小金沢君縦走のはずが、体調不良で断念。
今日はだいぶよくなったので、ばったり狙いで笹子駅から滝子山に行ってきました。
曇り空なのに、富士山はばっちりでしたよ。南アルプスの山々もちゃんと見えてました。
充電していた電池を忘れたため、写真はありません(涙) なーにやってんだか。。。

駅から30分ほど、国道&林道歩きののち寂ショウ尾根をぐいぐい登ります。
この尾根、昭文社の地図では破線ですが、しっかり道ついてます。取り付きから滝子山頂上まで私の脚で2時間弱。本気で直登なのでロスなく登れます。最後の詰めは岩岩の急登で、けっこう楽しめましたよん。

ふもとの紅葉はまだまだ、だんだん黄色くなってきて、、、、途中からは枯れ葉。。。
南アでも、尾瀬でも今年の紅葉はとってもいいという印象だったのですが、昨日の富士山付近といい、今日の中央線の山といい、低山は、いまひとつ。。。かもです。冷え込みなかったですもんね。これからぐっと冷えると、麓の紅葉がよくなるのかな。
ただ、滝子山から大菩薩にかけての山山は黄金色のカラマツに覆われ、それはそれはきれいでした。標高あげればあげるほどいいのかも、ですねー。

帰りは寂ショウ尾根をやり過ごして、一般道を降りようとしていたのですが、まちがえて手前の尾根を下ってしまいました。
降り口に、いかにもって感じに赤ペンキやテープで印があり、本来進むべき方向は倒木とそれにたてかけた枝でとうせんぼ状態。それにつられて下ってしまいました。
かすかに赤テがあったのでそれをたどって10分くらい降り、それでもあんまりおかしいので一度登り返したのですが、そのとうせんぼがあまりにも人工的で、その先もかなり薄い感じだったのでまたその尾根を降りました。
途中で、これは道ではないな、と確信をもったものの、尾根を忠実にたどれば大鹿林道にぶつかるはずと、そのまま降りていきました。
途中かなり急な斜面を強引に下り、倒木を乗り越し、そうこうするうちに作業道らしき踏み後に出て事なきをえました。
低山は道標があまりしっかりしていないこと、作業道やそれに伴うさまざまなマークがあること。最近メジャーどころばかり歩いていたので、こういう道のこと忘れてました。
もっとしっかり地図読んで自分で判断すべきだったと反省しきり。
さらに、林道に出た地点からすると、自分では浜立山から寂ショウ尾根のひとつ西隣の尾根を降りているつもりだったのに、どうもずっと西側の尾根、本来の登山道のすぐ東の尾根を下っていたらしく、反省反省。あはは、あたしって、やっぱ、地図読めないらしい。。。。

登山口まで戻り、ぜぜさん夫妻の車のところで、お昼ごはんを食べつつ1時間くらい待ってみたのですが、なんだか冷えてきたのでお先にシツレイすることに。

2時の電車に乗り、ぐっすり眠って4時に帰宅。
うん。
電車の山旅、いいかも、です!

ホントは、ビール飲みつつ帰りたかったのですが、笹子駅周辺にビール売ってません。
あれ、なんとかなんないのかなあ。。。。


寝っ転がって富士さん
写真、みましたよ~。

土手まで行けば、晴れた日には富士山、見えます、そんな日はいい日になりそうな予感です。
2008/11/03(月) 14:31:59 | |きぬ #-[ 編集]

きぬさん
写真横になってましたねー。ごめんなさい。携帯からモブログしたもんで(汗)。
富士山見えるとほんとにうれしい。
でもね、うち、川の向こうにでっかいマンションがたって、富士山かくれちゃったんですよー。
なので、外に出たときに真剣に富士山満喫してます(笑)
2008/11/03(月) 18:12:23 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

うんとね、雁ヶ腹摺り山方向へ20号をちょっと行くと右手に酒販売しているお店ありますよ。
かなーり迷彩で解りづらいですけど。

去年もちょうど同じ時期に行きました。黄葉がとってもきれいでした。そっか今年は低山はいまひとつかぁ。中央線沿線の山もいいですよね。
2008/11/03(月) 18:55:26 | |たここ #USldnCAg[ 編集]

曇り空なのは、○津も同じ。
曇り空でも富士山見えましたか、ラッキー!
墨絵の如くで乙です。
>滝子山から大菩薩にかけての山山は黄金色のカラマツに覆われ、それはそれはきれいでした
この光景見たいんだなぁ。カラマツの黄葉、大好物です。
2008/11/03(月) 20:53:17 | |カモシカ #-[ 編集]

たけさん
えーーっ? 聞いとくんだった。
ビールあったのか。。。
ま、電車の中でビールってのもね、あんましみっともよくないので、まあ、よかったんですけどね。
おかげでいま、立派なよっぱらい状態だよーん。山行って、ビール飲んで、うとうとってサイコー!

あ、紅葉ねえ、丹沢どうやった? きれいな木もあるんだけど、この間の尾瀬の帰りにみちゃったあれ、すごかったからさ。比べるといまいちやなあ。

カモシカさん
今日はどよーーんと曇り空でしたね。
ほんと墨絵の如し。富士山もなんですけどね。周りの山々がそれはそれは味があってよかったです。
写真撮りたかったですよー。
カラマツの黄葉、たぶんぜぜ夫妻は堪能だったと思います。今の時期、たぶん雲取とか、あっちのほうもきれいなはずですよねー。
2008/11/03(月) 22:24:30 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

なんか今年は低いとこは紅葉いまいちなの?
ねらい外しまくりだす・・・

具合良くなったようで良かったです。

鍋割では、 今頃まきくまさんは縦走中って話題もありいつも話題の中心やな~と妙に頷いていました(笑)
2008/11/03(月) 23:56:50 | |食う寝る@響ロック #EBUSheBA[ 編集]

私も小金沢から滝子山も考えていたのでまた今度だな。

電車でビールは定番スタイルになりつつあるので耳痛いっすよ(笑)

低山ほど道間違いやすいよね。ほら、営林道とかあるし。
そういえば、ブログ始めた頃まきさんも私も陣場~高尾の縦走路で同じとこで道間違えたよね。
2008/11/04(火) 07:01:06 | |ふうろ #-[ 編集]

クウネルさん
いやいや、低山の紅葉は私の見解なので、実際どうだか。。。丹沢どうでした?
上はもう終わってて、下はまだってところでしょ? 途中きれいでした? 

ふうろさん
電車でビール、ボックス席ならいいんじゃないかなあ。ま、私の場合ひとりってのもあるし、いい年して、ってのもあるし、世間的にはかなり厳しいとこかなあ。。だれか一緒なた飲んじゃうってのも、危ない発想かしらん(笑)
低山の道迷いって、よくあるよね。まあ、低山だけに、1時間も下ればどこか林道つきあたったり、なんとかなるかな、って感じなんだけどね。とくに、ここは山塊の端っこに位置する山だったので、あまりあわてずにいられました。
とはいえ、結構な勢いで降りたけどね。だって、くまさんがさあ。。。。
2008/11/04(火) 12:40:37 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

今回、ほんとに残念こでしたあ。
小金沢連嶺はほんとにすてきだったよ!
紅葉は標高1300あたりがちょうどよかったです。
唐松は黄金色に輝いていたよ。
特に、滝子山から笹子までの沢沿いの紅葉は滝とのコラボでそれはそれは美しかったです。
笹子までの登山道は一旦初狩のほうに下りると、分岐があって、そこを左にトラバースして滝子山の北斜面から行くんだよ。
寂ショウ尾根から登ると、そこがうんとわかり辛いよね。
でも、すごい!バリ尾根下ってきたんだねえ。
2008/11/04(火) 17:05:37 | |ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]

楽しい縦走になること請け合いのバリバリ夫妻との縦走、ザンネンでしたね。
低山って、この時期広い尾根に葉が全部落ちて木の間がスカスカになっててさ、迷いますよね。
私も昨日、テープいっぱいあったのに下山でうっかり道を外しました。
すぐ気がつきましたが、油断大敵ですね。
そういやー、昨年の鈴鹿でもバリバリ夫妻と道を外したなあ。
2008/11/04(火) 19:26:04 | |びすこ #-[ 編集]
道間違い。。。。
>低山って、この時期広い尾根に葉が全部落ちて木の間がスカスカになっててさ、迷いますよね。
うん。うん。
私も危なかった~~~。
サクサク言わせながら、たったか降りてくると、ちょっとテープとか見落として、自分の好きな方向へ。。。。

一人だとちょっと焦っちゃうよね。

電車で一人ビール、私はペットボトル用のフリースの入れ物でごまかして飲みまする。。。。
でも匂いで周囲にはバレバレだよね。(笑
2008/11/04(火) 20:27:51 | |木曽駒 #6wH.DH8I[ 編集]
やっばり強い!
まきくまさん!
ひとりで「違うかも?」なーんて思いながら、私は歩けないもん(笑)
2人で歩いてても(先頭)、しょっちゅう道からはずれるし・・・
(あ、やっぱり同じ匂いだったり?)

2005年ですが、大菩薩縦走トラバさせてもらいました♪
2008/11/04(火) 21:58:25 | |heppoco #-[ 編集]

ぜぜさん
道の解説ありがとうございました。
そっかー。
思い込みって怖いですね。ぜぜさんのコメント読んでから改めて地図みたら、確かに寂しょう尾根からの道を戻ったらだめだって、明らかですわ。。。もう、自分に絶句ですわ。って、思ったけど、も一度見返すとやっぱ、ようわからんくなったー。
ま、どうりで、寂しょう尾根から稜線に出たあと、滝子の頂上までの道が寂しすぎると思ったんですよ。
ああ、なんか自信なくなるなあ。。。
でもね、ぜぜさんやk林さんと何度かバリ歩きしていたお陰で、とっても落ち着いて考えることができて、ああ、経験って大切だなあ、って思いましたです。でも、根本的に地図読めないんじゃ、かえって経験なんかないほうがよかったかもだねー。あぶないあぶない。
で、今回はほんとにほんとにざんねんこ。なにより、直前キャンセルで、ご迷惑おかけしました。ごめんなさい。
これに懲りずまた声かけてくださいませ。
2008/11/04(火) 23:42:02 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

びすちん
うー、今回の道間違いは、地図読みだできないからだったと思うよ。なんか、自分がいややわああ。
ま、仕方ありません。
それにしても、この季節ほんとに落ち葉で道わからなくなるね。でもその分景色が見え出して、ステキになるねー。
わたしもびすちんも道外しやすいほうかも。。。なのに、ふたりで歩いたら、、、ああ、またまた危険がいっぱいだな。

木曽駒さん
>一人だとちょっと焦っちゃうよね。
それがあんましあせらないんだよね。
ああ、外したなあ。って思うだけ。誰かといて、その人があせったりするとあせるんじゃないかな。あるいは、あせられると、いやになっちゃうかな。
要するに、あんまし山登りにむかないのかもだねー。

heppocoさん
も、道外すの? やっぱ、同じにおいだー。
と、思ったけど、私のできないトラックバックとかしてるみたいだし、やっぱ、ちがうかも、、、
って、思ったけど、
トラックバック、どうやらできてないようだし、
やっぱり同じにおいなんだろうか。。。。
それとも、なにかこちらの設定のせいなのかしらん。
私もheppocoさんのしらびその記事にトラバしたいのがあるんですよ。
ちょっと、トライしてみようかなあ。
成功の暁には。。。

ほめてくださいね^^
2008/11/05(水) 00:00:28 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
道迷い
 こんばんは、ヨシです。 ビール呑めなくて残念でしたね(^O^) 数年前、奥多摩は榧ノ木山から倉戸山へ降る過程にて、深さが膝下くらいの雪上の踏み跡をノコノコ辿って迷子になりかけました。「なんか地面が柔いなぁ、あっ!これ鹿の踏み跡やんっ!」て。 過去に自分で付けたナタ目を探してコト無きを得ましたが(;^_^A
 ちなみに連休は日光白根山(五色沼小屋泊)と赤城山でした。 土曜は雪が降ってました。寒くて久々に震えました。
2008/11/06(木) 00:13:27 | |ヨシ #-[ 編集]

ヨシさん
鹿のふみあとで迷うって、なんか童話になりそう!
鹿御殿に着いて、やまぶどう酒と鹿さしご馳走になるんですよ。夜が更けるに連れて、鹿一族の哀しい歴史の話を聞かされ、いつしか…(←妄想がとまらない)
なた目つけてあるくってすごいですね。
で、日光はもう雪ですか?秋はあっというまですねー
2008/11/06(木) 09:02:36 | |まきくま #USanPCEI[ 編集]

多分、その赤テ、私も登りの最後で引き込まれそうになった奴です。地図読むって言っても5万分の一じゃコンターが良く見えないし、寂ショウ尾根は地形図には記載されてませんから、間違うのも無理ないですよね。それにして、ほんとに凄いバリを平気でこなしちゃうんですね~。(←尊敬の眼差し) 私は岩とか鎖は敬遠ですが低山のバリにはかなり興味があります。一般登山道は人工物ですが、バリはより自然に近くて、登山の原点て感じがしますもんね。

2008/11/06(木) 12:14:53 | |監督 #yZfxqMi2[ 編集]
シカ刺しっ…ごくっ…。
 鹿御殿でお土産を貰い、帰ってフタ開けたら煙がモクモク!爺さまになってしもた!って浦島やんっ。
 ナタ目は生木には可哀想だから、立ち枯れの木や倒木に付けたり付けなかったりラジヴァンダリ…。
 奥日光、菅沼登山口の標高辺りからが、うっすら雪化粧でしたよ。
2008/11/06(木) 21:54:18 | |ヨシ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/07(金) 09:20:09 | | #[ 編集]

監督さま
おっしゃること、分かるような気がします。山に分けいる感じ、とってもいいですよね。獣の道すじとか、小さな沢の始まり、名もない尾根のうねり、どれもわくわくするし、そういうあれこれに敏感になっている自分も好きです。
大きな鳥が飛び立ったり、りすだかイタチだかが前を走ったり、いろいろ面白かったですよ。

ヨシさん
おっ、ヨシさんも鹿好きですね~(笑)
あのね、物語はそんな単純じゃあないんですよ。
そのあとヨシさんは鹿族の参謀となって、猪族と戦うんですよ。そこにひらひら飛んできたミヤマモンキチョウが実は猪王子と結婚したまきくまが姿を変えて偵察に……ああ、妄想がとまらない。
2008/11/07(金) 09:22:40 | |まきくま #USanPCEI[ 編集]
ジブリのような…。
 『…猪王子へ嫁いだ姫とやらも、なかなかやりおるわい。 ただ我らとて、同盟を結んだヤマネ衆リス衆の“梢の民”が、この森中に目と耳を効かせておってのぉ…』(^O^)
2008/11/07(金) 15:23:20 | |ヨシ #-[ 編集]

浜立山から寂しょう尾根の西側の尾根を下るバリコース、良く見つけられましたねー。何度も行ってますがいつも地図ルートです。そそられました。「通せんぼ」を乗り越えるのがコツですかね?(笑)
それにしても最近のまきくまさんって凄いっす。(尊敬!)
2008/11/08(土) 07:34:43 | |まろん #-[ 編集]

管理人のみさん
こんにんちはー。
ご連絡ありがとうございます。たたら仲間としてはとても寂しいけど、お考えあってのことと思います。お時間あったらまた是非遊びにいらしてくださいね。そうそう、遠征の際にはもちろん前もって書き込みを。

ヨシさん
ジブリ、わたしあんましちゃんと見ていないんですけど、もののけ姫ってこと? ああ、まきくま姫はどんなキャラになるのか、頼んでみたいものですなあ。はははは。

まろんさん
きゃーーー!
先日ねこさんちでお見かけして、ああ、お元気そうだなあと安心したところでしたよ。
えと、このルートですけど、寂しょう尾根が稜線の尾根に突き当たった地点を、頂上と反対方向にすすみます。するとほどなく稜線の尾根がとうせんぼされるんです。そのとうせんぼのところ、左に赤いマークが3つ4つあります。ここを降ります。よってとうせんぼはのりこえないんですよ。
>尊敬
って……
まろんさんも、いけずやなあ。ただの道迷いですやん。

2008/11/08(土) 11:16:09 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
はい、
 まぁそんな感じですはい(^O^) ちなみに今、三頭山の手前のヌカザス山です。今夜は小屋に泊まりですー。
2008/11/08(土) 11:37:00 | |ヨシ #-[ 編集]

ヨシさん
わー、そのヌカザス山って、行ったことないです。
今週は奥多摩かなあって思ってたのですが、ちょい近めの丹沢に日よってしまいましたー。
紅葉はもう終わりですかね。あー、奥多摩いきたーい。
2008/11/11(火) 00:54:59 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

なんだ、もっと写真あるのかと思って楽しみにしてたのにー。本編あるのかな?
連休は残念だったね。先に下見してきてもらおうともくろんでたのに(笑)
滝子山付近ってやっぱりわかりにくいんだね。雪ついてるとますますなのかなぁ。それとも木が埋まっててわかりやすいのかな。って、そんなに積もらないか(汗)
電車の旅、いいよね。わたしも何気に今年は電車の旅が多いです。って、ほとんどまきさんが一緒にような気がするけども(笑)
またどっか行こうね!
2008/11/11(火) 12:36:12 | |まゆ太 #Uc1kfBME[ 編集]

まゆたん
え? 本編? 無理無理。カメラに電池入ってなかってん。
尾瀬に続いて、カメラもってって一枚も撮れない山行二度目ざんすよー。ほほほほ。
あ、下見ね、けっこういい下見になったはず。だって、あのへんわかりにくいんだもん。
で、雪ついたらどうか。。。うーん、展望よければ、という厳しい条件つきでなんとかなるんじゃあ。。。って思ってるんだけど、だめあかなあ。
もちろん、春まで待つのもまたオツなもんですな。
2008/11/12(水) 00:25:22 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://makikuma.blog34.fc2.com/tb.php/307-0cc8ce90
トラックバック