まきくま山

まきくま山の備忘録。 山歩き・美味しいもの・愉快な仲間


有島武郎が「愛は惜しみなく奪う」を書いたように、太宰治が「人間失格」を書いたように、深い悲しみや乗り越えがたい屈辱、そしてどうにも耐え難いおかしさ、もとい、不条理は、それを「書く」ことによって昇華される。
たけ小屋オフ2008、笑いと失敗の巣窟でなにが起きたか、真実を書きとめ、見つめなおすことは、新しい一歩を踏み出すために必要なこと。。。。。

DSC_0057.jpg


というわけで、
書いちゃいますよぉおおおおおー。

うふふ。
いま、ここまで読んでどきっとしたあなた、そう、あなたです。
うふふ。
覚悟はいいですかぁああああ?

☆あの、かなーり長いんで、超ヒマなヒトだけどうぞ☆

めずらしく小屋主が幹事を買って出た「たけ小屋オフ!2008」。
今年は10月25日(土)-26日(日)、恒例尾瀬見晴テン場に大集合とあいなりました。
これに先駆けて、23日(金)、木曾の駒子さんが上京。
そう、物語はここから始まったのです。

ありえない その1
駒子さんはその名のとおりの木曾のヒト。長野びいきはただの身びいきにあらず。そのひいきがかぎつけた取って置きの情報。それは、新宿南口のサザンテラスで期間限定で開設されるお洒落なカフェ。その名も「長野カフェ」が一晩だけのステキなディナーを催すというのです。
茅野のフランス料理店「エスポワール」のシェフ藤木徳彦さんによるフルコースのお料理と信州産のとっておきワインのマリアージュ。それもサントリー塩尻ワイナリーによる本格ワインと塩尻志学館高校の学生による幻のワインの数々が供されるというのです。駒子さんが、その貴重な席をゲットしたというのです。
毎度のたまーず、ろびたけまきの3人にイベント女王のTiCAさんが加わっての楽しい宴と相成りました。

IMG_1251.jpg

食べる 飲む 食べる 飲む 食べる 飲む 食べる 飲む
食べる 飲む 呑む 呑む 食べる 呑む 呑む呑む 食べる 呑む呑む呑む呑む 食べる
呑む 呑む 呑む 呑む 呑む 呑む 呑む………


ここですでに、かなり酔っ払っていたことに気づいていた人は、残念ながらこの5人の中にはいなかったわけで、

ディナー終了後もシェフやサントリーワイナリーの方に積極的に話しかける、もとい、からむ5人組。

そして、すぐお隣のビルの2階にあるサントリー系列高級居酒屋へGO!
実は、まきくまはこのディナーの前に、陶芸家の友人の個展に寄っていました。伊賀で土鍋を焼いているその友人の作品はたっぷりとした温かみと程よいしゃれっ気が持ち味。まきくまは鍋も食器も彼の焼くものが大好き。かねてから、彼の土鍋をろび&師匠の高遠のおうちのお祝いにと思っていたので、東京の個展をずーっと待っていたのです。
職場から広尾に急行して、鍋を選び、「長野カフェ」へ。2軒目の乾杯で土鍋を渡しました。
涙を流さんばかりに喜んでくれたろび。
うんうん、気に入ってくれて、うれしいよ。私の気もちわかってくれたかなあ。うんうん。
カンパイを重ね、閉店時刻までねばったことは言うまでもありません。


店を出れば、さらに強くなっていた雨。
びしょびしょの歩道に出たところで



するっと 。。。。。



ああ。。。。



鍋。。。。。


世の無常を感じましたよ。ええ。


ありえない その2
翌金曜日は上野の山に駒子さんをお迎えしての琳○展ツアー。
みなさんにお会いするというのに、二日酔いとは、、、とほほほ。
参加は、監督&恵美夫妻、ぜいぜいさん、つばささん、遅れてはっしー、飲み会にふうろさん。
ひさしぶりのメンツも加わってにぎやかな宵となりました。

展覧会場で、このスミレはやはり、「スミレ」でしょう、とか、この白いのは「ノコギリソウ」かしらん、オミナエシにしてはちょっと葉っぱがへんね、とか、まるで登山道を歩いているかのようなお花同定集団を見かけた方、それはまぎれもなく私たちでございます。あはは。
みんなで絵見るのって、めっさ楽しいねー。

なかには、翌日の尾瀬オフに参加できないメンバーもいます。
Zさんからワイン1本を託され、ありがたく頂戴します。そのあと、Fさんから焼酎2本(!)持ってきたぞ~と言われたときには、感謝の気持ちでいっぱいになりつつ、この瓶誰がもつのかにゃー、というギモンが頭をかすめたのであります。
よっぱらったFさんは、「たここにボッカするようにメールをするから大丈夫!」と繰り返し言っていますが、すでにたここのザックは酒でいっぱい、鍋の材料は持たないよ、と宣言されていたまきくまは。。。。
中華料理店でまたまた大いに食べ、飲み、新幹線で参加のZさんの最終が迫ってきたというので、あわてて店をでます。
Zさんのワインはまきくまのかばんに。
焼酎2本、駅までは自分でボッカすると言い張る気イ遣いなFさん。

「今受け取らないとさ、きっと忘れるよー」
「いや、駅までは私がもっていくっ!」 

しばしおばさんな応酬が繰り広げられたすえ、

電車がきたーっ 

と、反対のホームに走り去ったFさん。。。。

「ああ、やっぱ、忘れたね」
「でも、これで、だれのザックに入れるかって問題はなくなったね」

と、密かに心安らかに家路についたまきくま&駒子。

しかし、実は、どたんばで気がついたFさん。
同じホームに降り立った恵美さんに焼酎2本をしっかりたくしたのでした。。。。 嗚呼。

翌朝、思ったとおりの諍いが、多摩号車中で繰り広げられ、、、、

諍いの挙句に、誰のザックにも入らないこととなり、、、、
たけ&まきで、のちほどいただくことになりやしたー。

だってだってだって、、、
たここ ワイン3リットル にごり酒1本
熊さん ビール500缶半ダース
ゆっきー ビール500缶半ダース
まゆぴょん 酒4合瓶1本
ねこさん 酒4合2本
IMG_1322.jpg
食う寝るさん 強いの いっぱい………
そのほかにも いっぱい いっぱい

もちろん、酒だけでなく、
p13909991.jpg
ジンギスカンの鉄板や、鍋の3種や、焼肉や、おでんほか、重いのでいっぱいだったんだもん。

すべて呑み尽くしたのは、夜の9時頃。
IMG_1323.jpg

食べる 飲む 食べる 飲む 食べる 飲む 食べる 飲む
食べる 飲む 呑む 呑む 食べる 呑む 呑む呑む 食べる 呑む呑む呑む呑む 食べる
呑む 呑む 呑む 呑む 呑む 呑む 呑む………


ほんとに、すべてすべて呑みつくして、やっと寝る気になった、オフ会メンバー。
もしも、あの3本があったなら、翌日死者がでていたことでしょう。

というわけで、ZさんFさん ごめんちゃい。

うふ、でも、楽しませてもらいます。
(あ、あたしは1本だけ、たここが2本もってったからねー)


ありえない その3
まあ、そんなこんなでオフ会が終わり。
(をいっ! 終わりかよー)
あとはまったり帰るのみ。
とくに、鳩待に車を停めた多摩号チームは、駐車場まで険しい道もなく、小屋番さんの絶不調も加わってゆるゆる歩きます。

山ノ鼻の自然センターのところで、熊が大きなミズナラの木に登ってどんぐりを食べている写真を見たまきくまさん。
親子3頭が1本の木に登っている衝撃画像に魅せられて、ずーっと上を見ながら歩きます。
だって、熊棚のあと(熊がすわってたところですねー)が、高い木のあっちこっちにあるんですもん!

ずーっと、ずーっと、ずーっと、上を見ていたら、

ばたばたっ
ずぼっ
ばきっ
ぼこぼこっ


目撃者Tここさんの弁
「すごい音がしたと思ったら、まきくまさんが木道にキスしてるんでびっくりしました。
なんていうか、かえる、、、、みたいでした。
あのとき、向こうから来た人のおどろきようったらなかったですねー。本気で心配してましたよ。
本人は倒れたままずーっと笑ってましたけどね。。。」

ちなみにさっきの音の正体は、

ばたばたっ (木道をふみはずす音)
ずぼっ (木道と木道の間に長い左足が落ちる音)
ばきっ (木道に端正な顔を思い切りうちつける音)
ぼこぼこっ (木道に豊かな胸と細い右前腕、およびきゃしゃな左上腕を打ちつける音)

まきくまさんの弁
「ほんと、歯が折れたかと思いました。
腕もよく折れなかったと、、、、
木道を歩くときに熊棚をさがしてはいけない。注意のカンバンくらい作ってほしいですね」


ありえない その4
温泉に入って、地の野菜も買って、さあ、高速に乗って多摩に帰ります。
シンパイしていた渋滞もたいしたことないようです。
どっちかというと、小屋番さんのカラダの不調のほうがシンパイ・・・・だって、さっきからト○レ休憩ばっかだし。。。。いやいや、でも、小屋番さんは超人的な精神力で気丈にも運転を続けてくれました。
この日、木曽まで帰る駒子さんは中央道の高速バスの最終10時の便、及びその前の9時の便の2本の予約を押さえていました。とても順調なので、もう一つ早のに切り替えてもいいかも、というわけで、車中から電話で予約の切り替えを行います。
最終便をキャンセルして8時のバスを新たに押さえておきます。
ところが、切り替えた途端に渋滞に。
しばらく様子を見て、新たに押さえた8時をキャンセルして、最終の10時をとりなおしました。

つまり

8時のバス   予約なし  → 予約    → キャンセル
9時のバス   予約    → 予約    →予約
10時のバス  予約  → キャンセル →予約

と、いう手続きをしたわけですね。

よし、どんなに遅くても10時には間に合いそうだし、これで大丈夫。
ただし、モンダイはひとつだけ。
最終の10時のバスは、我らがタマーズの住んでいるところからいちばん近い府中バス亭にはとまらないので、その先の日野まで送っていかなければならないこと。

結局多摩に帰り着いたのは8時ちょっとすぎ、9時のバスまでだいぶ時間があるので、多摩号は監督&恵美さん、そしてまきくまをそれぞれの家に送ってから府中バス亭へと向かいました。
バス停に消える駒子さん。
笑顔で見送るたここ。
そして、自宅へと急ぐたここ。だってもう、おなか痛くて死にそうだしね。。。

たここが駒ちゃんに手をふった、、、、その10分後、
毎度おなじみのまきくま亭では、まきくまさんがザックからすべてのものを出して片付け、洗濯機を回し、
いままさにビールのプルトップを空けようとしいた、そのとき。。。
ケイタイがなりました。

トゥルルルルル トゥルルルルル トゥルルルルル トゥルルルルル

「もしもし。もしもし。
ごめーん、まっきー。ごめーん。 バスにね、乗れなかったんよ~。
9時のバスは予約取り消されてて、もういっぱいでのせてくれなかったんよー。
たけさん電話しても出ないし、まっきー、、もう、ビール飲んじゃった????」

ああ、幸いなことに、まきくまさんは、まだ飲んでいません。

「さ、さ、最終の予約はだいじょうぶなの?」

「うん、運転手さんにカクニンしてもらったら、だいじょうぶだって」

「わ、わかった。 日野まで送るからね。駒ちゃんね、下道で日野のバス停行くより、高速で行ったほうが確実だからさ、私調布で高速に乗って府中のバス停に行くから、とにかく動かずにそこにいてね」

「うん、ごめんねー、まきー、ごめんねー」

その15分後、
まきくまさんが、いま、まさに、調布インターから高速に乗らんとするとき
ケイタイがなりました。

トゥルルルルル トゥルルルルル トゥルルルルル トゥルルルルル

運転中でしたが、相手が駒子さんとあってはでないわけに行きません。

「もしもし。 どしたー?」

「…… ばたばたばたばたばたばたばたばたばたばた

す、すみません。 ああ、ありがとう、、。ばたばたばたばた」


「もしもーし、もしもーし、もしもーーーーーーーーーし」

「ばたばたばたばた ………… つー つー つー つー」

その5分後、
まきくまさんが、いままさに府中のバス停に入ろうとしたとき、
再びケイタイがなりました。

トゥルルルルル トゥルルルルル トゥルルルルル トゥルルルルル

ちろんんまきくまさんは、だあれもいないバス停を見て、すでに、すべてを悟っていました。

「もしもし、もしもし。まっきー? ごめーん、もう1本バスが来てね、のせてくれたんよー」

「あ、あああ、、ああ、よかったねー。うんうん。よかったよ。あのね、気をつけて帰ってね」




ま、終わりよければすべてよし ってことで。。。。


04.jpg
木道にバナナの皮を仕掛けてね○を転ばせる作戦を練っていた、幸せな頃のまきくまさん

濃ゆい!
なんでしょうか、この濃密な数日間は...。まきくまさんの日常茶飯時なのか、それとも木曽駒さんのなせる技なのか、とにかく濃ゆいですね~。しかし、全てに参加したかったと思ってしまう羨ましいありえね~な数々、楽しませて頂きましたよ。ただ、これだけのボリュームなのに山行無いんですね(笑)。
例の事件の真相も分かって、今日はよく眠れそうです。しかし、よく大丈夫でしたね...描写からは想像し難い逞しさです(爆)。

...バナナって、何してるんですか(笑)。
2008/11/07(金) 04:26:48 | |かいねこ@帰宅中って...ありえん #-[ 編集]

ぎゃぁーーーーーv-12
な、なべっ ・・・・・事件v-356

いやぁー上には上が・・・ほっと
鍋は必ずや大切に使いますよぉ~ん。しぇーしぇー

しかし はぁ 本当にアホアホのんべぇ仲間ばっかりなのね
2008/11/07(金) 08:34:28 | |モ○吉@おしごと #qIFa0De.[ 編集]

あははっ。
そうそう、ごめんね~
まんまと渡し忘れた。でもそのほうがよかったみたいね・・・。
かえって混乱を招いちまってごめんなさいね。
迷惑な酒なんてないと思ったからさ(笑)
でもまきさんたちに飲んでもらえば本望であります。

しかし、ネタの宝庫、素晴らしい!!
職場でのぞいたらあやしい人になっちゃいましたよ。

歯、折れなくてよかったね。
駒子さん、無事に帰れてよかったね。

期待通り、いや、期待以上のれぽでした。

あ~笑った・・・。
2008/11/07(金) 09:19:15 | |ふうろ #-[ 編集]

なんだか、盛りだくさん過ぎてすごいですね~。ま、予想通りですけど。
尾瀬本当に楽しそうだなあ。くそー、来年こそは。

あのお鍋、復活は無理なのかな~?とっても素敵でしたよね。
2008/11/07(金) 10:12:43 | |TiCA #a2H6GHBU[ 編集]
ぎゃ~~~~~。
私の“しっかりした”“良妻賢母”“働き者”のイメージがぁ~~~~~~。

本当に、その節はお世話になりました。
まっきーには4日間本当に迷惑かけちゃって・・・・
これに懲りず、またよろしくね。
(って、ちょっとズウズウシイネ。。。。ごめん)
2008/11/07(金) 10:57:56 | |木曽駒 #6wH.DH8I[ 編集]

ねこさん
4時26分で帰宅中って、ほんと、ありえねぇ~!
でも、実はこの記事アップしたの4時ころなんで、ちょうどよかったっす。ねこさんに少しでもたのしんでいただければね、本望ですよ。(棒読み ← うそ)
>まきくまさんの日常茶飯時なのか、それとも木曽駒さんのなせる技なのか、
某小屋主さんによれば、それは私ゆえだそうです。
自分だったら、ぜったいにそんなめぐり合わせにはならないって、豪語してました。
たしかに、わたしがわるいんですよ、たぶん、ぜんぶ、、、、

モン吉さま
あれ? もう怪我はよくなったんですか? 
こちらには初のコメントですね。ありがとうございます。
モン吉さんも気をつけてくださいね。なんで落ちたんですか? 熊棚見てたんですか?
で、鍋、ちゃんと出来てきたら、一緒につつきましょうねー。

っつうか、モン吉隠れみのに使うなんて!!! 卑怯者。ろびっ! 出てきなさいっ!

ふうろさん
どもどもー。
んなわけで、焼酎1本いただいちゃったですぅ。
ごっそさんです!
歯はほんと折れたかと思ったよ。というか、ぜったいすっごい顔腫れると思った。そのくらい衝撃だった。でも、唇がちょっと腫れたくらいですみました。現場に居合わせたTここさんしか気づかなかったしねー。ふふん。
やっぱ、丈夫でよかったよ。うんうん。

TiCAさん
>本当に楽しそうだなあ。
って、これ、尾瀬である必要ぜんぜんない内容なんですけどー。
TiCAさんは、尾瀬に行かなくてもじゅうぶん事件目撃してるからだいじょうぶ。
ほんとはTICAさんネタもと思ってたんだけど、ちょっと負けちゃったみたい。他が強烈過ぎるんだよねー。わたしも、ほら、このメンツだと、目立たないもんね。なんか悔しいよ。

駒ちゃん
>ちょっとズウズウシイネ。。。。ごめん
なーに、言ってんですかぁ~
そんなこと思ってないくせに~
もう、これからもばんばん来て、ばんばんネタこさえてくれなくっちゃね。

>“しっかりした”“良妻賢母”“働き者”のイメージ
え? どこに。どこに。どこにそんなものが……

駒ちゃんがいつまでもこのネタ書かないから、お先にシツレイしました。こんなおいしい話ほっとけないもんねー。
つか、みんな、ぜったい自分のどじっこは書かないんだよね。
あたしは、それを正直にすべて書くから、なんだかおっちょこなイメージなわけで、実際には。。。。。

おほほほほ。
みんな、わかってくれたかなー?
(↑かなり、調子に乗っている)
2008/11/07(金) 12:48:15 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

あまりにも濃い内容で、どこにツッコンデいいのやら・・・

しかし、同じ尾瀬にいたとは思えないお笑い?ネタにビックラだわ。
富士見下チ-ムはゆるゆると平和な行程だったからな~。

>木道にバナナの皮を仕掛けてね○を転ばせる作戦を練っていた、幸せな頃のまきくまさん

そんなネタまで仕込んでいたとは、感服の極みです。
2008/11/07(金) 18:59:36 | |食う寝るだんだ~す #EBUSheBA[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/07(金) 21:40:15 | | #[ 編集]
あの一口を・・・
最後が、とても可愛そうなまきくまさんどす。
あの、一口を飲んでいたなら行かなくても○○ったのかもね?
でも、何しに高速まで乗って行ったのか?まっさか、木曾まで送り届けるつもりだったのか?ほんま、やさしいまきくまさんやな~!・・(笑)
でも、とても楽しいレポでしたよ~読んでて面白かったです。
2008/11/07(金) 23:08:53 | |yzm #yIrPwv/E[ 編集]

あ...アホの集団や...v-8

あ、言っちゃいけないかなぁ?と控えてたのですが...マキ姉さんのおしりがなんでよごれてんのかなぁ?と帰りの木道を歩いていて思ってたんですが...やっぱりね。(^^;)
2008/11/07(金) 23:32:44 | |熊さん #YIV7L8X6[ 編集]

くねるさん
>あまりにも濃い内容で、どこにツッコンデいいのやら・・・
うーん、わたしも、レポ苦しみました。いったいどこから手をつければいいのやら……・
もう無政府状態ですよね。
あ、でも富士見下チームもいろいろあったんでしょう? ほんとみんな自分のことは書かないのよ。今回よーくわかりましたよ。
こんな美味しいネタ、本人たちはしらんぷりんぷりんなんだもん(笑)。おかしすぎますぅ~
みんな、一緒なの。去年も書いた覚えがあるけど、しょせん、同じ穴の狢なんだからさあ。

バナナの皮、いいでしょう? 思い出した。バナナ5本なんて持ってるから、酒もてなかったんだよねー(笑)

管理人のみさん
アリガトウございます!
でもね、鍋はだいじょうぶ。幸い蓋は無事だったので、その蓋に合わせてもう一度身のほう、焼き直してもらえることになったの。
作り手には申し訳ないけど、でも、なんか、濃い思い出になって、よかったかなあ、なんて思いますよん。出来上がりもまた、楽しみだしねー。
みんなで高遠で鍋つつくとき、きっと、思い出で盛り上がれると思うんだー。
2008/11/08(土) 11:24:44 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

yzmさん
高速に乗ったのはね、高速の
バス停って下道からだとけっこうわかりにくくありません? 時間もぎりぎりだったし、で、確実な方法を、と思って、近いICから乗っちゃったんですよお。
たしかに、そのへんがね、小屋番さんに言わせるとへんだって。自分なら下道行くって言われましたー。
ま、これもいい思い出ってことで、、、、これから府中のバス停とおるたびに感慨にひたれると思うんですよねー(笑)

熊さん
あ、あほって。。。。ヒドイ。
熊さんもその一員であること、お忘れなく!
帰りの木道って、竜宮の手前でしょ? 木道踏み外したのは、そのずっとあとだもん、お尻が汚れていたとしてもそれは違うと思うよー。
お尻のよごれはさ、たぶん、ほら、○○○とり隊の活動の際の勲章ではないかと、思われますよん。
2008/11/08(土) 11:36:34 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/08(土) 17:58:15 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/08(土) 18:05:22 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/09(日) 00:00:28 | | #[ 編集]

ん!?
まきくまさん、お久しぶりです。
ちょっと私のブログ見てください。
2008/11/09(日) 08:24:25 | |十歩 #-[ 編集]

その笑顔の裏の数々のどじっこありかあ。まあ、わかってはいるのだが・・・
普通に微笑んでるとかわいい普通の人なのにね~
う~ん、深い!
2008/11/10(月) 12:48:47 | |ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]

>まきくまさんが木道にキスしてるんでびっくりしました。

本人は倒れたままずーっと笑ってましたけどね。。。」

登山道破壊!
丹沢シロヤシオツアーでもこのような光景を目の当たりにしました!

たけさん、直しておいてくれた? 手を差しのべて起こしてくれた?

怪我なくてよかったなりぃ~

2008/11/10(月) 18:22:45 | |カモシカ #-[ 編集]

管理人のみさんがいっぱいだなぁ。

やっぱり飲み過ぎはいけませんよ、飲み過ぎは。

でね、木道でのすっころび音はね、「ダダーン!!」ってものすごい音でした。顔をあげたら、前歯がそのまま木道に刺さってそうな音。
2008/11/10(月) 22:36:20 | |たここ #USldnCAg[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/11(火) 00:26:58 | | #[ 編集]

十歩さん
見たよ~
もお、十歩さんなんて大嫌いだあーーーーっ。
なんで声かけてくれなかったの? ほんと、だめじゃんそんなん。
次回はぜひ、ぜひ、ぜひね。
てか、なんでわかんなかったのかなあ。あえばなんとなくわかるような気がしてたんですけどねー。
で、あの夜うるさくてすみませんでした。ご迷惑でしたでしょう? ほんと、すみません。

ぜいぜいさん
なんかへんだなあ。どじっこは私じゃないのよー。
ぜぜさん、ちゃんと読んでる? おっかしいなあ。。。
2008/11/11(火) 00:48:21 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

カモシカさん
あのですね、カモシカさん、ちゃんと読んでます~?
道こわしてなんかいませんって。壊れそうだったのはわたしのほうですってば。私がころんだからって、なんで木道が破壊されることがあるんですかっ?
もお、みんな、なんかへんだなあ。このレポの主人公は私じゃないんだけどな。
でね、たけさんは、もちろん手を差し伸べてなんかくれませんでしたよ。なるべく距離をおいて、他人のような顔をしていただけです。
まあ、その気持ちも痛いほどよくわかりますけどね。

たここさん
たここに飲みすぎ云々いわれたくなーい。
なんでやねん。
木道に歯がささるわけないでしょう? ま、そのくらいの勢いであったことは認めるけど、その場合、歯がおれるでしょうが!
もお、いいよ、みんな。。。。
2008/11/11(火) 00:52:50 | |まきくま #CxfrnmnI[ 編集]

ふーん、熊棚を探しててねえ・・・歩きながらもいつも回りに気を配ってるんですね。
自分としては、まきくまさんの「きのこ発見能力」に驚嘆しました。
八木沢道を歩いていて、いきなり「あっ」と叫んで林の奥を覗き込まれたけど、自分には何も見えません。ささっと、藪をかきわけ入っていって大木の裏にまわって「あったー」って叫ぶんですもの、どうしてそんなことができるんですか?プラス、なめこを見つけた時の絶叫「わー!」、プラス駒子さんの「絶妙きのこ汁~」が自分的には一番のインパクトだったかもです。
2008/11/11(火) 07:48:48 | |監督 #yZfxqMi2[ 編集]

監督
気を配っているわけではなく、気が散ってるだけです。
大抵の場合、その時メインとなるべき行動よりも、脇道のほうに集中していく傾向がありましてね。
もっとも、やらなきゃいけないこと、この場合歩くことより、どーでもいいこと、つまりは熊だな探しのほうが楽しいに決まってるんですよねー。
2008/11/11(火) 08:46:52 | |まきくま #USanPCEI[ 編集]
バナナの皮でずっこけ、やってほしかったなぁ。
今更コメントですが・・・
前半はちょっと聞いてたけど(メールで・・笑)、こんなドラマがあったなんて、びっくりたまげましたよ(汗)
いやー、メンバーがすごいのか、まきくまさんがドラマをつくってるのか・・・(後者な気がするのはわたしだけ?)
ともかく、わたしはまきさんの体調が心配だったなりよ。ほんまにおつかれさんでやんした。あんまり無理しちゃだめですよー。でも、これ乗り越えたあとの方が調子よさそうでない?(笑)
2008/11/11(火) 12:26:59 | |まゆ太 #Uc1kfBME[ 編集]

あ、そうだ、一眼デジカメ持っていったのに、1枚も撮れなかった人の話は無いの?
ま、それぐらいじゃネタとしては弱いのかぁ。
2008/11/11(火) 12:55:20 | |たここ #USldnCAg[ 編集]

まゆたん
>バナナの皮でずっこけ、やってほしかったなぁ。
あ、それっぽい写真もあるんだけどね、ちょい思い切り足りなくて。。。
>こんなドラマがあったなんて、、、
>いやー、メンバーがすごいのか、まきくまさんがドラマをつくってるのか・・・
あのさあ、つくってるのは私じゃないから。みんななにかおかしいよ。ほんま。
>ともかく、わたしはまきさんの体調が心配だったなりよ。
うっ。泣かせるねえ。
>でも、これ乗り越えたあとの方が調子よさそうでない?(笑)
うーん、次の週熱出したりして縦走あきらめたけど、でも、そのあとはいいみたいだよー。 ま、ぼちぼちね。

たここ
>一眼デジカメ持っていったのに、1枚も撮れなかった人の話は無いの?
それが な に か?
だって、そのためにたけさんはカメラ二つ持ってきたんでしょ? その気持ち、あだにしたくないもん。うん。
2008/11/11(火) 22:45:12 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

山ブログに有島武郎や太宰治が話題に上るなんて,なんと文学的!

まきくまさん,わたしも今から36~37年前,純粋無垢な中学生の時,初恋に目覚めながら,有島武郎や志賀直哉,武者小路実篤など白樺派の文学に耽溺しました。

でも,一方では社会の矛盾や差別を意識し,自らの生きることへの問いを探すように,太宰文学にのめり込みました。

今となっては懐かしい記憶ですが,その当時の思いは今も私の心のレーゾンデートルそのものです。久しぶりの記憶を思い出させて頂き,感謝です。

ただし,「愛は惜しみなく奪う」は,「惜しみなく愛は奪う」が正しいような...
2008/11/13(木) 21:40:35 | |りきまる #-[ 編集]

りきまるさん
きゃー、わたくし、ずっとずっと、「愛は…」だとばかり思ってましたよ。めっちゃ昔に読んだことばればれですね。
たしかにわたしも初恋の頃、自意識の目覚める頃読んだような・・・
でもね、まあ、それは、昔といってもたかだか20数年まえですよ。ええ。
って、十分昔ですね。やれやれ。
それにしても、最近本読まなくなってるなあ。読んでても実用書ばっかですねえ。なーんか面白い小説とかないかなあ。。。。
2008/11/14(金) 00:38:02 | |まきくま@よっぱー #-[ 編集]

>昔といってもたかだか20数年まえですよ。ええ。

↑ほんとに20数年前?
2008/11/14(金) 11:26:39 | |輝子 #juZz/cEU[ 編集]

輝子さん
うん、だって、10代のころやけん、20年前くらいだよ。

ふふん。
2008/11/16(日) 10:09:53 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://makikuma.blog34.fc2.com/tb.php/305-d20bac19
トラックバック