まきくま山

まきくま山の備忘録。 山歩き・美味しいもの・愉快な仲間


3月11日(土)。天気予報によれば、最高気温は18度だとか。春のお花を探しに高尾山に行こう! 今回は、山仲間のロビンさんの報告をみてから行きたくて行きたくてうずうずしていたプチ縦走に挑戦。陣場山-景信山-城山-高尾山とたどるロングコースだ。
目覚ましのセットは5時。
昼過ぎには降りてこようという作戦だ…      
ったのだが、例によって目覚ましは黙殺された。
ふと気付くと6時半。いつもならココで敗退だが、春のくまはやる気がちがうのだ。寝床から這い出ると、瞬く間に朝・昼あわせておにぎり4個を作り、お茶をつめ、さあ出発だ!
車で中央線&京王線の高尾駅まで行く。駅前駐車場は一日最大1200円。ここに車を置いて中央線に乗り藤野駅へ。窓の外は春の光があふれている。電車に乗るとなぜか旅情を感じる。
今日は駅からハイキングだ…   
ったのだが、駅前ではバスがまきくまを(んなわけないじゃん)待っていた。ほお、感心感心。いいことがいっぱいありそな予感だ。運転席の横にちっちゃな台があって、羊羹やおせんべい、傘などを売っていた。こんなバスに乗ると旅情はいや増すばかりじゃ。
4~5分で陣場山登山口に到着。時刻は9:20、ここ落合という小さな村がプチ縦走のスタートだ。
ochiai
右は栃谷川をさかのぼり、栃谷尾根、奈良子尾根に至る道。今日は左、一ノ尾根を登るコースをとる。
民家の脇を登ると、陽のあたる斜面に、見いーつけた!
kakidoshi
カキドオシ
oinufuguri kiranso
オオイヌフグリとキランソウ
sumire
タチツボスミレ?
おー、今日はどれだけお花にあえるんだろ。わくわく。

山道に入ると、こんなふう。
michi
パターン1。花粉を撒き散らす杉や檜の只中を進む道。光の具合が春ですね。
程なく尾根に出ると、こんなふう。
one
パターン2。雑木林の明るい道。
このあとずっと、この2つのパターンの繰り返しだ。
ここで勘のよい人は気付いたはず。
花なんか ないじゃん。だめじゃん。
こんな気温の高い日だもの、展望も期待できないなー、と思っていたら、手作りの看板がくまを叱咤激励する。
konki
「こん気よく歩けばみえる ふじの山」
人を勇気づけるじつにいい看板だ。雨の日に登ってる人はどうすればいんだ? などとつっこんだりせず、がんばって歩く。
10:40気持ちよく汗をかいた頃に陣場山頂。根気よく歩いた人にご褒美の富士山だ。
jinba
かすんでる。いまひとつパンチに欠けるなあ。丹沢方面も雲取方面も山頂は雲の中。やっぱり、だ。展望もだめじゃん。
そこで、ちょっと方向修正。今日はトレーニングに最適なロングコース。できるだけ休まず、出来るだけ早く歩いてみよう。最近頼りがちなストックは持たずに、転ばないように集中すること、着実に歩くこと。これが今日の課題だ。ふふん、今年のくまはちょっとちがうよ~。
白馬像の下で、無印バウムを一口、お茶一口いただいて10:50に出発。
と、まもなく私の前におじさんが。今日のまきくまは全速力で進むのですぐに追いついてしまう。道を譲ってくれたおじさんに「恐れ入ります」にこっ(最上の笑顔)。ちょっと快感。瞬く間に三人抜いたところで、さっき隣のベンチで休んでいたお兄さんが私の後ろにぴたっとついた。なぬ? おぬし、くまを抜かすのか? お兄さんはツイードのニッカボッカにハイソックス、帆布のクラシックなリュックサックといういでたち。タダモノではない雰囲気をかもしておる。踏み跡が2本に分かれたところでたいへんスマートにまきくまを追い越していった。そして見る見る間に背中が小さくなる。
負けてはおれん! 実は、自分で自分をもてあますほどの負けず嫌いのまきくま。ここで負けず嫌い魂に火がついてしまった。くやしい、抜き返してやるぅ。エンジンは全開、いのししと化したくまは、ただひたすら前に突き進むのであった。
尾根はどこまでも続く、続く。なだらかないい道が続く、続く。
dohyo1
陣場-高尾を縦走する人に、自分のだいたいの位置を確認させてくれる道標。わかりやすいのはいいけど…。まだ3分の1も来てないんだあ。
myootoge
明王峠。いい感じの茶店だ。でも、休んではいられない。誰かに追い抜かれたらたいへんだ!
dohyo2
まだ半分もきてないんだあ。
前方に人を発見すると、あとどのくらいで差をつめるか作戦をたてる。そして、抜かす。
いくつかの小さなピークを乗り越え乗り越えすすむ。ピークごとに巻道がある。景信山でお昼ごはんの大休止と決めている。だからうっかり巻き道を選んで景信山を逃してはたいへんだ。
だが、しかし。この巻道を使えば、あの俊足さんに追いつくことが出来るかもしれない。4度目の巻道だったと思う。「魔がさす」とはこういうことをいうのだ。なぜか巻いてしまった。
その巻道はとてもとても長かった。
dohyo4
なぜ、もう半分以上きてるんだろう。景信山は半分より手前のはず……。
kobotoke
12:35小仏峠に到着?! 
というわけで、わたくし、景信山は踏んでません。正直言って、この縦走の汚点です。
さて、小仏峠である。
陣場からここまで2時間弱、一度も休憩していない。なんだか足も痛くなってきた。仕方がないので、すぐそこを通る道路の喧騒を聞きながら、おにぎり2個とバナナ1本を食べた。
あと20分で城山の明るい頂上だというのに、そのときは地図を見る余裕もないくらいおなかがへっていたのだ。先週、おなかがすきすぎて貧血をおこしたまきくま。ここで倒れたりしたら、末代までの恥だ。12:50元気をとりもどしていざ出発。
shiroyama
13:10城山。ハートはげに再会。
茶店の誘惑がまきくまを襲う。ビールは我慢して、ラムネを一本。無印バウムの残りをぱくぱく。ちと、食べすぎか。13:20出発。
ココまで来ると、スニーカーの人、ジーパンの人、中には書類かばんに革靴なんて人もいる。いちおう山靴のまきくまは抜かしたい放題になってきた。10人ごぼう抜きなんてもう朝飯前だ! みんなおしゃべりしながらのんびり歩いているのに、まきくまひとり鼻息も荒くつきすすむ。が、けっこう疲れているので、なんだか足取りは重い。
takao
14:00高尾山。展望はなし。すべては春の霞のなか。今日の山頂は意外に静かだ。
sankakuten
新田次郎の「剣岳 〈点の記〉」を読了したばかりのまきくまは、三角点に過剰に反応。ここは2等三角点。測量隊のことを思って涙が出そうになる。
下山は、まだ通ったことのない稲荷山コースで。
inariyama
稲荷山コースの道は照葉樹林のなか。左手の薬王院から、ほら貝の音が聞こえる。
inariyamasancho
稲荷山山頂では東京の街を一望できる。夜はきれいだろうな。親子連れをがんがん、ずんずん追い越す。間もなく右手にケーブルカーの山ろく駅。
eki
あー、おわっちゃうのかー。もっともっと歩いていたいのに…。
sarukan
15:00終点。お猿さんが、お疲れ様ー。
sumire2
ケーブル駅ではすみれちゃんを売っていた。最初と最後は春の花に会えてよかった。
帰りは京王線で高尾駅まで戻り、まきくま号で帰宅した。

帰ってきて、山仲間のHPを見たら、同じく高尾に行ったという。コースを選べばいろんなお花に会えたらしい。お花ちゃんたちの写真が誇らしげだ。
か、完敗だ。 く、くやしい。
負けず嫌いの血が騒ぐ~! 


わはは、花を見ずにひたすら歩いてたとは!
そんなに人を抜きたいのなら、富士山がおすすめ。
自衛隊の長い行列を抜けるよ。
でも、すんごい疲れるけど。
2006/03/13(月) 18:26:33 | |輝子 #juZz/cEU[ 編集]

高雄、もとい高尾山縦走お疲れ様でした!
私はこれの逆を歩いたので、懐かしい思いで読みました。
まきくまさんの撮る写真はほのぼのしててよいです。
無印バウムは私の行動食の定番でもあります。
2006/03/13(月) 18:34:12 | |ビスタ~リ #-[ 編集]
お帰りぃ~
いったのね、プチ縦走!
なんだかあのプチ縦走ってお手軽+満足度まんずまんず
で、また行きたくなっちゃうのよねー。
ちょっと山から離れてる時に足慣らしにピッタシ。
6時間位の行程でどこでも休める茶屋付きだし(笑
お花もついてくるなんてもってこいだわさ。
そっかー藤野からバスかぁ
藤野から歩いたらどんなもんなんだろね?

そうそう、高尾山口のPはもう少し先に500円ありだす!(もう遅い?)
2006/03/13(月) 22:00:19 | |ロビン #9h7fMKrk[ 編集]

輝子様
うん、高尾でもなんか疲れた。なぜか右のすねが痛いし、昨日は歌舞伎8割寝たし、今日もぐだぐだ。だから、自衛隊ぬかすのは無理。だ。やっぱ、花のがいいよね。

ビスターリさん
プチ縦走経験済みでしたかあ? 出張ですね。いい道ですよね。山の中に長くいられる、かつ、いつでも降りられるって珍しいと思います。関西だと、六甲とかにあたるのかなあ。

ロビンさん
行ってきましたあ。楽しかった。あのね、高尾山口の駐車場じゃだめなんよ。だって、JRに乗らないと、でしょ。だから高尾駅前にしたの。中央線沿線の山に行くときは結構使えるかも。うちから電車乗り継ぐと遅くなってしまうので、早出のときとかよさそう。もっとも今回は電車でもいける時間でしたe-251
藤野から歩いてもプラス30分くらいでしょう。うーん、また行きたいな。
2006/03/13(月) 23:03:02 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
なつかし
私が高尾山行ったの去年の春でした~。あのときも宴会だったなぁ、なつかし。
そいえば雲取でもおなかすいた~って言ってましたよね(^^;) 
あそこも三角点あるんですか知らなかった。私は隠れ?三角点おたくでもあるので、高尾山の三角点写真撮りにいきたいです~。皆さんのレポ見てると色々花も咲き始めてるみたいだし。
2006/03/15(水) 00:24:45 | | #YIV7L8X6[ 編集]
熊さんだよね
三角点おたくなんですか? 私もなりそな気配です。国土地理院のHPとか熟読中。新田次郎「剣岳 点の記」読みました? 感動でしたー。伊能忠敬よりも感動したな。この前の雲取山頂のも実はすごいらしいですね。明治の原三角点だって! 高尾では、周囲の山を眺めつつ「選点」しながら歩いたですよ。人は抜かなきゃいけないし、選点もしなきゃなんないし、もう忙しくって、おなかがすいたんだな。
2006/03/15(水) 01:01:19 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

あ、そうです。なんかクッキーが消えた?
山の本あまり読まないけど新田次郎「剣岳 点の記」ですか、こんど読んでみよかな。(^^)
2006/03/15(水) 01:18:38 | |熊さん #YIV7L8X6[ 編集]

やっぱり、春の山jは公共交通機関オンリーがよかですよね。
>13:10城山。ハートはげに再会。
私はそこで2時間前に、なめこ汁&サンドイッチ&おにぎり&ビールでしたん♪

そして13時頃は日影沢でアズマイチゲをしゃがんでニコニコと見ていましたねぇ^ー^

高尾はも1回行くか行かぬか迷うな。
2006/03/15(水) 22:45:05 | |たここ #USldnCAg[ 編集]

↑なんか むかつくv-217

ゆきさんと花見、開花状況によっては高尾にするかも、だ。だって、どんぴしゃっぽいのよねー。今日の気象庁の発表でさらに3日早まったとさ。22日だと。ってことは9日頃って桜前線様は高尾かも。浅間嶺とどっちか? びみょ~。
2006/03/15(水) 23:25:00 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
浅間嶺
って公共交通機関で行くとなると、どう行けばいいのかしらん(厚木近辺から)?
飲まなきゃ車でも良いんだろうけど…
花なら、奥多摩湖から御前山もいいかもね。
カタクリ、アズマイチゲ、ネコノメソウ等が見られると思いますよ。
2006/03/17(金) 13:09:20 | |K林@お昼寝モード #W0p.A8Zs[ 編集]

ははは、まきくまさんの鼻息が見えるようです~
いつ読んでもまきくまさんの山行記録はおもろいなあ。
でも、お花残念でしたね~
2006/03/17(金) 21:17:00 | |ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]

K林さん
武蔵五日市からバスなのですが…。横浜線? かな?
御前山と比べれば不便さは同じくらいなり~。と思いまーす。

ぜいぜいさん
鼻息はたしかに見えるほどすごかった。はず。自分でもおかしいもん。お花は残念でした。この季節ってほんとに移るのが早いから、たいへん! でも、高い山に徐々に移るわけだけだから、イチゲちゃんとか、ニリンソウとか、もう少し大丈夫、なはずですよね。
2006/03/19(日) 23:20:05 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://makikuma.blog34.fc2.com/tb.php/29-d7ae050d
トラックバック