まきくま山

まきくま山の備忘録。 山歩き・美味しいもの・愉快な仲間


2月23日‐24日の週末、ほんの一部ですが、奥多摩の長沢背稜を歩いてきました。
今年の奥多摩の雪がはんぱではないことはわかっていました。
天気予報をみれば、土曜の夜から一気に冬型になりぐっと冷えることも、風が強いだろうこともわかっていました。
でも、最高地点の標高が1500mほど。森林限界をこえることはもちろんない。
そこは、うちの窓からも見えている、すぐそこの奥多摩なんだもの。
だから、ねえ、うーん、まさか……でも、、、行ってびっくり! びびりまくり…そう、

山をなめてはいけない。

それが、この山旅の結論です。

今回のコースは
1日目:東日原バス停―ヨコスズ尾根―一杯水避難小屋―三つドッケ往復 避難小屋泊
2日目:一杯水―蕎麦粒山―川苔山―鳩ノ巣駅

久しぶりの電車の山旅で心はうきうき。奥多摩に向かう電車のなかでメールをしてみると、まゆたたら+¥ちゃん、1年前のプレモルツアーでご一緒しためぐちゃんがすぐ隣の車両にいることが判明。ここですんなり合流します。と、鳩ノ巣駅から駅近の駐車場に車をデポしたK林さんとU太くんが乗り込んできました。これで、蕎麦粒隊、全員集合。
もともとは女3人で盛り上がって決めたこの山行、ちょとばかり不安があったので、(なんて虫がいいですが)、奥多摩のエキスパートを引きこみ、めでたく決行とあいなりました。

バス停から少し戻ると、左に一杯水への登り口があります。薪をたくさん積んだ民家の間をぬけ、おばあちゃんに「気をつけてねー」と送られて山道に突入。
5822620436qz1.jpg
この「山里」感! いいです。

いきなりの急登ですが、先頭をいくK林さんがゆっくり歩いてくれるので、なんのストレスもなく淡々と登ります。しかし、気温が高いので暑いです。隊員の約1名はずーっとしゃべっています。つられて私もしゃべっています。ほんとうは息がきれるので黙って登りたいのですが、しゃべりかけられると、しゃべり返さずにはいられない性格なので、苦しくても苦しくてもしゃべり続けます。すごい修行だなあ、と思いつつ、しゃべり地獄からはぬけだせず、しゃべり続けます。
RIMG0028.jpg
ヨコスズ尾根の積雪はこの程度。

おしゃべりにもちょと飽きたころ、「ちっとも景色が変わらない道だねー」とだれかが憎まれ口をききますが、私はこんな森の中の単調な道が好き。しつこいしつこい森の道のちょっとした出っ張りをひとつこえ、ふたつこえ、三つこえ、たころ、
080223RIMG0037.jpg
前方に小屋が見えました! 
しっかりした、とてもキレイな小屋です。

小屋前には3メートルくらいの立派な木の枝をひっぱってきたおじさんがひとり。今晩の薪の準備をしておられます。
この男性、じつは一杯水避難小屋にほぼ毎週通っているという達人。お陰で、夜は暖かく燃えるストーブのお相伴に預かりました。
080223RIMG0052.jpg
ありがたーい 小屋ストーブ。太い枝はのこぎりできちんと切ってくれていた。

小屋の隅に積んであった敷物を拝借して自分たちの寝床を確保して、小屋から30分ほどの三つドッケまでちょいとお散歩。
本来は樹木にさえぎられ展望のないピークだったのに誰かがきれいに枝を払ってしまったとか。条例違反でただいま東京都に訴えられて裁判中らしい。
「おかげさま」で、すばらしい展望です。
DSCF5135.jpg
長大な石尾根をバックに記念写真。
長沢背稜の骨太な尾根も一望できます。

と、大栗山のほうから茶色に黒の斑犬がひとりで歩いてきましたー。
080223RIMG0042.jpg
首には発信機

雪のついた細い尾根なのに、トレースを上手にたどりながら歩くあしどりのしっかりしていることといったら! 
97226203345qz11.jpg
ごろーごろーと名前を呼ぶが、どうやら彼の本当の名前とは違うらしく(当たり前だ。勝手に名前つけるなっちゅう話だ)、、しらんぷりんぷりん。
悠然とピークを越え、のっしのっしと東へ進む。背中からお尻、太ももにかけての筋肉の動きがすごい。こいつ体脂肪率3パーセントくらいだな。。。うーむ。
尾根を進む姿が見えなくなってしばらくすると南側の谷からパンパンパーンと乾いた銃声が響きました。
斜面上部にいた獲物を、きっとゴローが追い落としたんだね。
ごろー、やるな。
でも、この界隈に冬入るなら、バリは厳禁、ウエアは赤や青の派手なものじゃないと、ちょっとやばいかも……。

小屋へと戻る途中、頭上でごーーーっという音がしました。
と思うまもなく、すごい風が吹き出し。。。
いくら近くのピークに出るだけといっても、なにも持たずに出て、こんな風に吹かれて動けなくなったら、、、、と思うとぞっとする。。。ような、そんな強い風でした。でも、小屋があってよかったー。くらいにしか思っていなかったわたし。この風が翌日どんなことになるのか、、、、、そのときは想像もしていませんでした。

小屋に戻ったら、早速
080223RIMG0051.jpg
かんぱーい!

夕飯は
59226203513qz3.jpg
まゆたたらんのちゃんこと

60226203513qz4.jpg
まきおねいさんのキムチ鍋

暖かいストーブを囲んで楽しいおしゃべりが続きました。

                                                   2日目に続く


そっかー マジに怖い目にあったんだね。v-390
ココまではるんるん楽しい里山風なのにね。
それにしても 楽しいメンツ。
K林さんがいるだけで なんか心強いよね。
小屋の薪ストーブでの暖かさが嬉しいよね。
みんなで囲んで鍋とお酒もいいなっ
でも次のアップが楽しみじゃー
不謹慎??
2008/03/05(水) 08:58:48 | |ロビン@仕事 #qIFa0De.[ 編集]

なかなか気になるお山でございます。
避難小屋は恐くて未だ未経験なのがネックだけど。

しっかりプレモルも担いだみたいですね~!

後半もよろしく!
2008/03/05(水) 12:29:44 | |食う寝る@おひす #EBUSheBA[ 編集]

おー、まきくま節が冴えて心地いい滑り出しですね。美味しそうなちゃんことキムチ鍋で乾杯ってのも幸せそう。でも、これから怖~くなって・・・、そっちの方を早くみたいですね。
2008/03/05(水) 13:56:07 | |監督 #yZfxqMi2[ 編集]

ストーブのある小屋ってそれだけで幸せ~だよね。
この日は風がすごかったんでしょう?
はやく続きが…

ところで、丹沢は鹿が増えすぎて、禁猟日がなくなってしまったので、
狩猟のある場所を事前にネットでチェックしながらじゃないと、バリは恐くてあるけません。
奥多摩は、禁猟日があるんだよね?
2008/03/05(水) 18:02:13 | |ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]
たのしみ!
え~・・二日目も楽しみです。。。
それに、これって?だるまストーブですよね!懐かしいなー・・小学生の頃は、午前中は、石炭を燃やして温まっていました。弁当の日は、ストーブで温めてから食べるんですよ!
おっと、年代がばれそうです。
2008/03/05(水) 19:44:10 | |yzm #t50BOgd.[ 編集]
序章ですね!
2日目を予感させるお膳立てをしてから一日目を閉めるなんて流石ですなぁ。確かに、三つドッケから降りるとき、頭の上でゴーと鳴ったら周りの木枝等全てがそばだったようになって、透明な空気が一気に白くなったよね。予兆としては十分だったかも。奥多摩は里山と山深さが味わえて好きな領域です。
それと、単調なヨコスズ尾根(も悪くないけど)、そんなときに○ゆぴょんの存在はある意味貴重です...、とフォローしときましょう。
2008/03/05(水) 23:01:58 | |K林@そろそろ就寝 #W0p.A8Zs[ 編集]

ろび
いやいや、そんなに怖い思いでもないんだけど……。ね。ははは。
夜はそりゃあ楽しかったよ。けっこうはやばやと鍋初めて、ゆっくりおしゃべりして、お酒も結局もってきてくれたものぜーんぶんじゃったかも。です。
ストーブがあるのがありがたかったなあ。

食う寝るさん
避難小屋怖い? 
え? 男の人でもそんなこと思うの? 女性の単独はちょっとなあ、と思いますけどね。なんちゅうか、誰かとふたりきりになったときにへんに疑心暗鬼になるのもいやだし、相手にもよけいな気を使わせそうで、遠慮しちゃいますね。

監督
滝子山のレポみましたよー。すっごくいい感じですね。わたしも行きたいなあ。蕎麦粒は道に怖いところはまったくありません。おすすめです。風はね、べつものですけどね。

ぜいぜいさん
禁猟日についてはよく知らないです。でも、とにかく銃声がすぐ近くでするので、ちょっとびくびくしますね。黒いウエアは要注意かも。なにかひとつはきわめて人工的な派手な色のものつけたほうがよさそうですね
2008/03/06(木) 00:10:44 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

yzmさん
だるまストーブいいですよねえ。これにどんどん薪をくべて燃やしました。
でも、すべてあの単独男性のお陰です。年間通していらしているそうですよ。
あ、弁当温めて食べるのいいですね。この日は自分のカップにお酒入れてストーブの上におきました。あったまってよかったー。

K林さん
あのごーーーっていう音忘れられません。ただ三つドッケからの帰りは樹林に守られて怖くはなかったですね。そうそう、おしゃべりはね、なんであんなに続くんだろ。自分でもおかしくなっちゃいます。苦しいんだけどやめらんない。楽しいモンね。
2008/03/06(木) 00:22:29 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

ちょっとちょっと~!めぐちゃんとまきさんだって、ずっとしゃべってたじゃーん!!(でも、U太くんからツッコミ入ったときは、さすがにお姉さんも自覚症状が・・・汗)

ともあれ、ほんとたのしかったですねー。
しかし、あの○つ○つ犬は、ものすごいナイスバディーだったですね(汗)。

>私はこんな森の中の単調な道が好き。
わたしもー。しかも雪あったから、なかなか素敵な景色でしたよね!

続きもたのしみだー。
2008/03/06(木) 04:27:06 | |まゆ太 #Uc1kfBME[ 編集]

いやいや、ま○太お姉さんのエキスパートなしゃべりに比べれば、わたしなんか超初心者ですよ。息もきらさず、歩きもゆるめず、急だろうがなんだろうがぜんぜん関係ないもんね(笑)。いや、これほめてるんですよん。
あー、○つ○つ犬今ごろまた山歩いてるのかなあ。
2008/03/06(木) 08:47:49 | |まきくま #USanPCEI[ 編集]

避難小屋泊まり、いいですね~、ストーブの燃料はどうやって調達してるのか思うておりましたが週末通いのオジサンがいらしたのですね!
暖かい小屋で暖かいお鍋、贅沢ですね~うらやましかよ!!
2008/03/07(金) 00:08:16 | |たんべぇ #-[ 編集]

お~ たんべぇさん 久しぶりです。
もう、ほんとありがたい小屋です。贅沢でしょ?
夕飯のあとは、焼酎をカップに入れ、ストーブの上において暖めながら飲みましたよ。ほっかほかで、とっても楽しかったー
2008/03/07(金) 01:40:23 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
ありがとうございましたっ
たいちょーーー!
この度は、お疲れさまでした & ありがとうございましたっ
お酒の席での話を覚えていてくれて、嬉しかったです~。
しっかし、ま○たんの止まらぬトークには、私も感心してましたよ。それに応じるまきさんにも。
私なんか登りのときはつらくてだんまり・・・ですから・・・(涙)。
お鍋もすっかりゴチになりまして・・・(汗)。
宴会もホント楽しかったですー。
続きも楽しみ~♪


2008/03/08(土) 15:13:38 | |隊員1号(たぶん) #-[ 編集]

隊員1号さん
たいちょーだったの??? あたし。
知らなかったー。
このたびはほんとにありがとうございました。楽しかったですねー。おしゃべりも、もう2年分くらいできました。
また、行こうねー。今度はあっちの縦走かなあ。。。
2008/03/09(日) 18:10:31 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
 薪おじさん
 初めまして。 ヨシといいます。 暇潰しに一杯水避難小屋で検索したらブログを見かけて、たまたまお邪魔したら、オイラの知人の薪おじさんのYさん(今年還暦)の話が出ていたので嬉しくて投稿しました。 05年ほど前に奥多摩(あの避難小屋)で知り合いまして。 今年だけでも奥多摩のあちこちで5回は会ってますよ。お互い連絡を取り合ってるわけではないのですが(^O^)
 あの避難小屋の外で、オイラも薪作りをしていると「管理人さんですか?」と尋ねられることがよくあります(^O^)
 オイラは毎年年末に長沢背稜を歩いて、年越しは雲取山(その時の気分や天候次第でテントか頂上避難小屋)にいます。 ではまたいずれ、お邪魔しました。
2008/10/20(月) 15:59:49 | |ヨシ #-[ 編集]

ヨシさん
コメントありがとうございまーす!
そうですか、薪おじさん(すみません、一緒になってよんじゃいます)とお知り合いですか?
あのときは、ほんとうにお世話になりました。薪のお陰でとっても快適な一夜でしたもの。
奥多摩、たくさん歩いておられるのですね。わたしも、これからの季節が奥多摩本番かなあ。そろそろ紅葉もきれいになるころですよね。
どこかでお会いできたら、そうぞよろしくお願いします。
2008/10/20(月) 22:46:04 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

 ヨシです。 先週は鷹ノ巣山の避難小屋脇にテントを張って、焚き火に読書に酒と、贅沢な時間を過ごしてました(^O^)
 奥多摩は一年間で約20回くらい入ります。 なのでもし、タイガーパターンの迷彩パンツにカリマー60Lをしょって奥多摩を徘徊している者がいたら、それはオイラである可能性がかなり高いですよ(^O^)
 で、春と秋の連休で東北だったり、夏は北アルプスだったり、南アルプス(今年は正月02日~テン泊で鳳凰三山)だったり、ラジヴァンダリ…。 なので毎年トータルで30回くらい山へ入ります。
 ちなみに「薪おじさん」ことMさんをオイラの山仲間の間では「世帯主さん」と呼びます。 仲間に同姓がいて紛らわしいですし、なにせ「山中に住んでるのでは?」と思うほどの頻度で現れるので(^O^)まぁ優しいおじちゃんだから安心してください(^-^)
2008/10/21(火) 11:07:25 | |ヨシ #-[ 編集]
たびたびでごめんなさい
 Mさん、じゃなくてYさんです(^^ゞ以上。 ヨシ
2008/10/21(火) 11:16:29 | |ヨシ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://makikuma.blog34.fc2.com/tb.php/249-2d1c9aef
トラックバック