まきくま山

まきくま山の備忘録。 山歩き・美味しいもの・愉快な仲間


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慢性睡眠不足のまきくまです。
12時前に寝るという年初の目標などどこへいったやら~。
人間の3大欲と申しますが、
1 なにはともあれ 食欲
2 お年頃ですもん 性欲
3 削れるだけ削ったる 睡眠欲
な順番で、なにせやりたいことが多すぎて寝てる暇がないんですぅ。

んなわけで、日ごろの睡眠不足を解消しようと越後駒ケ岳に行ってきました。
(んなわけないけどねー)

メンバーはまいどなおとぼけカルテット。
ロビンさん、師匠、はっしー、まきくまの4人です。
金曜の夜集合、師匠号は越後へまっしぐら。
登山口となる枝折峠で前泊をします。
くねくね道路をぐんぐん登って、ついたのが午前1時。えと、まきくまが道路の状況を把握したのは帰路のこと。午前1時は、なんちゅうか起床時間でございましたー。
(師匠さま まことに申し訳ありません

で、まいどなちょっと呑みで和やかな車中です。
IMG_3195.jpg
とくとくとくとく
IMG_3196.jpg
いただきマース。
あ、いや、カップ、ザックのなかのほーーうだったもんで……シツレイしましたー。

もちろん、このあとは爆睡。
駐車場には次々に車が到着し、早立ちの人たちの話し声が響き、眠れなかったという神経質な方もおられたようですが、まきくまは、そんなヤワなことは申しません。
とにかくぐっすり、気持ちヨーク眠らせていただきました。

朝の天気はちょっと雲が多いものの……
IMG_3199.jpg
駐車場から、こんな素敵な風景が広がります。

登山口は駐車場のきれいなトイレのすぐ上。なだらかーな道を、少し進むと早くも本日の寝どこ、あ、いや、目的地、越後駒ケ岳とご対面です。
IMG_3222.jpg
ちょっとアップにしてます。

実際はこんなに遠いです。
IMG_3224.jpgクリックで拡大
赤い線がこれから歩く道。尾根上のルートがずーーーーーーっと見えています。

これがこのコースの醍醐味。コース上からはほぼずっと越後駒の姿をのぞむことできます。
この、なんとも静かで鷹揚な古馬を思わせるお山が、

IMG_3231.jpg
ちょっと近づいたかな? (道行山と小倉山の間あたり)
IMG_3249.jpg
角度が変わったな (百草池あたり)
IMG_3258.jpg
おお、かぶさってくる~ (前駒から)
IMG_3270.jpg
あとちょっと~ (頂上へと続く最後の稜線で)

てな感じで、ずーーーーーむアップされていきます。
エアリアのコースタイムで7時間。これはかなーり甘めで、ゆっくり歩いて実質5時間かな。それでも結構なロングコースですね。頂上をながめつつ、じわじわじわーっと近づいてゆく感じは、美味しいだしが大根に沁みていくのを待つような、ほんのり恋心な男子をだんだん追い詰めて虜にしていくような、じれったいけどうれしいうれしい長旅なのでした。

枝折峠の標高1065メートル、駒ケ岳の頂上2002メートル。標高差1000あるかないかの山なのに、なんでCTがこんなに長いかというと、、、

もう、ぜんぜん登ってくれない登山道
IMG_3227.jpg
が、延々と続くからです。

「登ってくれない」というか。登ったり降りたり登ったり降りたり。ずいぶん歩いてるのに、標高差200しかあげてないやん!!! みたいな感じなんですね。

でも、
IMG_3240.jpg
小さい秋みつけたり
IMG_3236.jpg
なぜかいつも銀マットが落ちそうになっているロビをからかったり、
IMG_3252.jpgクリックで拡大
歩いてきた尾根を振り返って、自分にうっとりしたり
IMG_3253.jpg
ちょっとだけ広かった前駒で昼寝しちゃったり
(1時間以上またーり。 日帰りの登山者が忙しく行きかうなか、爆睡していたのは、このあたしです)
IMG_3266.jpg
駒の小屋のイカシタ椅子でアホ写真撮ったり

ゴキゲンな山登りなのでしたー。

小屋で受付を済ませ、テン場にザックをおいてすぐそこに迫った頂上に向かいます。

10分もかからずに駒ケ岳と中ノ岳を結ぶ稜線につきあたります。
ここで初めて、越後三山ののこりのひとつ八海山の姿を拝むことができます。

IMG_3274.jpg
おお、あなた様が……いつもたいへんお世話になっておりますぅ。ぺこり。
右に行けば、越後駒ケ岳、左に行けば、中ノ岳。
いつかきっと左にいくぞーっ。

IMG_3275.jpg
頂上だけちょこっと紅葉でした。見ごろは来週末以降でしょうねえ。

IMG_3286.jpg
頂上には上人様。妙な存在感あります。

ぐるり眺望は360度。北に浅草、守門。東に荒沢岳、南に中ノ岳、平ヶ岳、巻機、ひとつ向こうに尾瀬の燧、至仏、笠、上州武尊、谷川、西に八海山、向こうに八ツ。。。

降りてくればあとはご飯を食べるだけ~
IMG_3296.jpg
今日の献立はキムチ鍋
IMG_3299.jpg
夕日は頂上の稜線の向こう。八海山にしずんだはず……

ビール→冷酒→燗酒→ほっと梅酒 と呑みついで、お酒がなくなったところで、、、7:00就寝。

山で寝ているその夜は、なにか特別なことが自分のカラダの中で起きている気がする。

たぶん、おうちで寝るのと違って熟睡はしていないはず。
いつもどこかが覚醒していて、山を感じているもの。

それはたとえば、テントの薄い膜の上にずわーんと落ちてきそうな天の川。
今夜は細い細い三日月に、満天の星だ。

そうでなければ、稜線を渡る風。
さわさわさわさわ、ざわざわざわざわ
テントの上をすべっていく。シュラフの中の私の肌も、さわさわさわさわ風を感じる。

それは、心地よい眠りをさえぎるものではなく、眠りの奥深くに染みとおってくるなにか。

山に抱かれて眠る幸せ。。。。


4時頃から周りが騒がしくなった。小屋は素泊まりのみ、かつ今日は定員オーバーの超満員なので、多くの人が早々と外の自炊場で朝食の準備をしている。

わたしたちは朝ごはんは御来光の後、と決めていたのでゆっくり徐々に目を覚まし5時20分に歩き始める。
外はもうヘッドランプの要らない明るさだ。
途中お日様のほうをふりかえり振り返り写真を撮りながら頂上へと急ぐ。

IMG_3333.jpgクリックで拡大
黄金の朝
IMG_3335.jpgクリクで拡大
5時40分、雲の向こうに太陽が昇った

山に抱かれて眠った朝は、山と一緒に新しくなった自分を感じる。

IMG_3338.jpg
あれ? やっちまった。。。

おまけ1
新しくなったまきくまの去った山頂
IMG_3359.jpg

上人「あいつ、置いていきおった」

3度目の登頂をはたしたまきくま
IMG_3365.jpg
上人「お、回収にきたかー」

まきくま談:手に持って上がったペットボトル、ないのに気づいたのはテン場にもどったその瞬間でした!!! なんでかなあ。でも、お陰さまで3度も頂上を踏みました。越後駒ケ岳の印象ですか? そうですねえ、何度登ってもいい山ですね。

おまけ2
さあ、降りようか。
ふたたび長い長い尾根をたどって枝折峠に戻ります。
IMG_3367.jpg
前駒のあたりにあの人の影が……って、このときは知る由もなく

19125.jpg
たんべぇさんご夫妻とばったりでびっくりこー

IMG_3397.jpg
下山後寄った湯之谷温泉交流センター「ゆぴか」でも、ばたーり。
手前がいけめんはっしー(意味不明)、奥がたんべぇ奥さま。
うれしかったー。


おっ、即効レポUP!
まきちゃん、エライ子だー!
秋の越後駒、うーんやっぱりいいなぁ。わたしもここで夕朝迎えたいものです!
黄金の朝、すばらしいですね!
凸凹カルテット(?)、いいメンバーですねん♪

おっと、そろそろ会社いかなくちゃっ
2007/10/09(火) 07:46:35 | |まゆ太 #Uc1kfBME[ 編集]
いいなぁ
紅葉が始まってる!
四国なんか全然まだです。(2週間ぐらい遅れそう?)だって昨日も日中30度だし・・・。
そして荘厳な風景と愉快な仲間達との笑顔。言うことなしですね。
良い山行に土佐の高知からも乾杯!(これって食欲?)
2007/10/09(火) 08:10:47 | |河童 #-[ 編集]

今テレビで神田うのの披露宴ニュースをやっていたもので、
2枚目の写真=三々九度かと思ったよ!

いや~、いい雰囲気の山ですね!
その朝の中に溶け込みたい。楽しい山仲間との山行、いい思い出になりますね!
2007/10/09(火) 08:15:11 | |カモシカ #-[ 編集]

う~~ん、日帰りでは味わえない“黄金の朝”は感動ものですね~
それに二度ならず三度も山頂を踏むなんて、さすがまきくまさん、これぞ贅沢極みですよん(^^;

ばったりの瞬間、私の頭の中は「この人…見覚えある…黒木瞳?いやちがう、市毛良枝?いやちがう……だれだったかな~あっ、まきくまさん!!」と脳みそフル回転でしたよ!嬉しかったな^^
あの日の越後駒の朝の風景を見せていただけて幸せです。ありがとう!!
2007/10/09(火) 08:59:27 | |たんべぇ #-[ 編集]

どへぇ~ v-12
なんと・・・デキルおんな!!
ハッキー共やるじゃん。

いい山だったねー
あのながーいアプローチも
今考えるとホッコリムード満点で
今回の山行マンマでした。
だよね、だよね、あんなに素敵な山だもん、3度も登りたくなるよねー

注)三々九度、市毛良枝・・・
みんな地雷ふむじょー v-393
2007/10/09(火) 12:30:46 | |ロビン@お仕事 #qIFa0De.[ 編集]

わーキムチ鍋ずるいーー!
4人ぐらいだと、料理もいい感じですな~
山はのんびり朝夕が一番ですね。

頂上でまき駒が飛び跳ねてらぁ~
天高く馬肥ゆる秋かな??
2007/10/09(火) 12:38:03 | |たここ #USldnCAg[ 編集]

早速キムチ鍋ってv-411わっかりやす~い。
春雨入りかな?美味しそう。
紅葉も朝日も贅沢でいいな。
東北方面、行きたいけど遠いのよね

山3クドの写真・・・カメラ目線が素敵ですv-399
2007/10/09(火) 12:43:04 | |食う寝る@おひす #EBUSheBA[ 編集]

レポUPはや~い!生活も落ち着きました?^^
それと、三大欲にみょーに反応。やっぱ、削れるのは睡眠かな^^;眠いZzzz・・・
朝日と夕日に照らせれる山はいいですね!すてきです。
やっぱ、寒いよね・・・寒いよね?
2007/10/09(火) 17:08:42 | |hiro #SFo5/nok[ 編集]

いい雰囲気ですね~
この時期ならではの2000m級独特の雰囲気。
CTあまめでしたか。参考になりました。
*やっちまったポーズ、ナイスv-218!です。
2007/10/09(火) 19:13:41 | |ぴかさん #mQop/nM.[ 編集]

レポ、はやっ!
でも尾瀬の続きも早くみたい~v-392
2007/10/09(火) 21:39:18 | |輝子 #juZz/cEU[ 編集]

まよぴょん
にはっぱかけられたからさぁ。頑張ってみますた。やればできる子なのだ。って、実は仕事からの逃避…ごにょごにょ

河童さん
も、食欲いちばん組ですか? やっぱりな…
西日本の暑さ、異常ですね。不安になりますね。

カモシカさん
サンサンクド…ですか?
はぁ、いちどやってみたいなり~
2007/10/09(火) 22:46:26 | |まきくま@帰宅途中 #USanPCEI[ 編集]

たんべぇさん
やっぱそお? 黒木瞳タイブかしらん。よくいわれるのよ。うふふ。え? 一毛芳枝? うーん、ま、いちお女優だわな。で、でも、な、なんか年代が~。

ろび
おらおらぁ、こんなところにコメントなんてしてないで、はよ本編アップせんかい!
↑余裕たつぷり

たけさん
地雷。。。
踏んだわねーっ!
きーーーっ
2007/10/09(火) 22:57:40 | |まきくま@帰宅途中 #USanPCEI[ 編集]

くねるさん
早速実行です。でも、写真最後になって撮ったからね、春雨とすいとんしかみえませんね。ほんとは白菜、ネギ、春菊、ニラ、エノキ、豚肉、鱈なんかがたっぷりなところ見てほしかったなあ。

ひろさん
寒くなんてないよ。テントの中はぬくぬく。さすがに呑んでるときは寒くなって、熱燗にいっちゃったけどね。
で、膝はいかがですか?
早くよくなりますように…

ぴかさん
ここのCTは、超アマいです。ぴかさんなら半分で、ええんとちゃう?

輝ちゃん
うんうん、あっぷするよ。もう、なんでもこいっちゅうんだ。
2007/10/09(火) 23:25:18 | |まきくま #USanPCEI[ 編集]

睡眠ばっちりでよかったですね。
お山では寝られそうな覚醒してそうな気持ちいい感覚ですよね。
それにしても、朝の風景最高ですね!晴れてて!
2007/10/10(水) 17:56:54 | |ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]

ぜぜさん
はい、晴れてました。ははは。
てか、ぜぜさんちはどうしても日を選べないもんね。しかたなか~。でも、だからこそな出会いもあるはずだもんね。
帰路はすいぶんぜぜさん一行のこと話題にしてたんだよねー。谷川きれいに見えたからねー。
紅葉はまだみたいですが、さあて、わたしも、、、がんばるぞー。
2007/10/11(木) 01:34:02 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://makikuma.blog34.fc2.com/tb.php/214-d8eff976
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。