まきくま山

まきくま山の備忘録。 山歩き・美味しいもの・愉快な仲間


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月中旬、土日月と3連休のところ、土曜出勤で日~火の一日ずらしの3連休となった。日・月はなぜか二日がかりのまきくま亭大宴会。代休の火曜、ほんとは富士山にいくはずだったのに、強風情報で断念。代わりに思いついたのは八ヶ岳の西岳だった。
八ヶ岳で最後に残っていたピーク。アプローチも南アの展望も抜群なはず。夏の名残に、秋の始めにさくっと登るのに最高の山のはず。

引越しでしっかり近くなった中央道。マンションの駐車場から5分でICだ。小淵沢まですいすい走って、西岳の登山口富士見高原ゴルフコースの駐車場がこれまたICからほんの15分程度。うんうん、これは病みつきになりそな好アプローチだ。

登山口はゴルフ練習場の脇。
IMG_2739.jpg
練習場の向こうに南アルプスの山々。黒々とした山塊にうっとり見とれる。
ああ、もうこれでいいかも……なんて気持ちをふりきって、林の中へ入っていく。
何度か林道を横切りながら樹林帯を登っていく。道はそれほど急ではない。
IMG_2740.jpg
笹原にしらびそ

こんな林道を横切り…
IMG_2761.jpg


IMG_2765.jpg
苔にしらびそ

それぞれに美しい林の中を淡々と登る。


IMG_2745.jpg
小さい秋み~つけた♪

なんてったって3連休あけの火曜日。だれもいるはずもない登山道。私の進む少し先で鹿の発するするどい警戒音が響く。

ぴーーーーっ

今日は鳥のさえずりもない。あたりの空気を裂くような突然の響きに、ちょっと物悲しい気分になったりもする。気がつくと、なんだか森の中はひんやりとして、額には汗がにじんでいるのに、手先は冷たい。
ふーん。

IMG_2773.jpg


秋なんだね。

2時間ほどで展望の開けたちょっとした出っ張りに到達し、
IMG_2776.jpg
おつ富士山だ。

最後にも一度苔と岩の急登をこなすと、南面がぱーっと開けた山頂についた。
IMG_2808.jpg



IMG_2787.jpg
マツムシ草のゆれる静かな山頂でおにぎりをひとつ。

おかずは、私の目の前に、屏風のように立ち上がる南ア北部の山々。
IMG_2789.jpg


甲斐駒、千丈、北岳。よーく見ると手前に鳳凰がいる。
のんびりお気楽そうな網笠山の頂の右肩の向こうに富士山。
視線をずーーっと右に移すと、中央、御嶽、乗鞍、そして北アルプスの名峰の数々。

すっかり堪能できたので、これで降りてもよかったのだがここからは、あんまりよく見えなかった南八ヶ岳の峰峰をやっぱりちゃんと見ておきたくて、網笠まで行くことにする。

網笠と西の鞍部をゆるゆるとわたっていく。

IMG_2825.jpg
標高はすでに2300以上だというのに、この道は森の中。

木の間からちらちらと見える網笠の岩ゴロを目指して、急ぎ足で進む。が、なんだか睡眠不足がたたって眠くてしょうがない。乙女の水の水場で、すこししゃきっとし、青年小屋へ。

IMG_2827.jpg
乙女の水。美味です。


相変わらずトタンの粗末な小屋。玄関先の赤提灯が私に手招きする。

IMG_2830.jpg
ここは、私のテン泊デビュー地。思い出と一緒に1泊したいなあ。

が、明日は仕事だもん、ここでつかまるわけにはいかない。
この日初めてあう登山者が小屋の前のテーブルでお昼ごはんを広げていた。挨拶だけかわし、大岩ごろごろの斜面をノンストップで頂上まであがる。
大きな岩の上を渡りながらぐんぐん高度を上げるのは楽しい。なにせ、ちょとは頭を使うのでさっきの眠気がうそのように吹き飛んだ。

頂上に上がると先客がおひとり。強い風の中シャッターを押してもらった。ほどなくひとりきりになったので、セルフ撮り大会を開催。突風に岩の上に置いたカメラがたかたか揺れていた。
こちらは文句なしに360度の大展望だ。
IMG_2849.jpg

ここでお山仲間のTi○Aさんからのメールをキャッチ。返信には頂上写真を添付して、平日登山を大いに自慢する。
IMG_2858.jpg
風が強かったなあ

おにぎり食べて梨食べて、あんまり風が強いので早々に降りることにする。
さて、どっちに降りるのかなあ。と見渡して、ペンキマークをたどってみる。
しばし呆然。

IMG_2860.jpg
とんでもない大岩ごろごろの急斜面をひたすらまっすぐ真南に急降下するらしい。

あ、あたし、おっこちるかも……

ここ、怖いのって私だけ????
そうそう、テントデビューのときはこのルートを登ってきたのだった。
そういえば、急登でえらい疲れたんだった。。。。
ちょっと考えてからストックをザックにくくりつけ、両手をあけて慎重に下る。ストックを放すとしゃがんだり後を向いたりがとても楽になる。
岩ゴロはまあほんの一瞬であとはまた単調な樹林帯の下りになる。いやらしい木の根がはっていたり、苔だったり、ぬれていたり、疲れる下りだよこりゃ。
IMG_2865.jpg
ほんとに下りってきらい。。。。 ぶつぶつぶつ

さて、ここからは秘密の話ですよん。他言は無用。

まきくまがそのとき目にしたのは……

IMG_2870.jpg
な、なぬ~??!!!!

「この山は、『富士見町国有林愛好会』へ、
茸の売り払いをした山林です。
会員以外で茸採取を目的とした入林は禁止します 
諏訪営林署長 富士見町国有林愛好会」


だって。。。。。

てことは。。。。

ここは。。。。。

きのこのやま?????

それも、かなりの、宝の山????

もう、いてもたってもいられませんよ。

なにか、もう、この
IMG_2872.jpg
ロープの向こう側でとんでもない宝が私を待っている、その気配がびんびん伝わってきますよ。

ふと見上げるとーーーー

なんですとー?

IMG_2873.jpg
この木は。。。。
あ か ま つ

ではないですか。

その後のまきくまの行動は……

あ、そこのあなた、誤解してません?

あのね、茸の採取を目的とした入林は決してしてませんよ。
きれいな苔が見えたり、なにかめずらしい木を見つけたときに、写真撮影を目的とした入林はしましたけどね。ええ、確かに。死ぬほど……

そんなこんなで富士見高原ゴルフコースの練習場にもどってきたのは4時近く。
IMG_2882.jpg

まだ、早いのか…… もう遅いのか……

それがモンダイだ。
もしかして、いまごろあの森には……

いやいや、国定公園でそんな……ありえませんから。

今日、スーパーで見た岩手産、2まんえんって書いてあったなあ。。。。






宝の山ですか…
それはおいといて、今年中に編笠山から蓼科まで線でつなげようと思ってたのにあと2箇所できてません。
たしか、まきくまさんはもう終わってましたよね。
2007/10/04(木) 07:31:47 | |T@ka #-[ 編集]

連荘アップですね。
あの宴会のあとしっかり山に行って展望GETする辺りやるな~ってv-392
それにしても、二万円か~v-399
2007/10/04(木) 12:45:52 | |食う寝る@おひす #EBUSheBA[ 編集]

T@kaさん
おー、お久しぶりですぅ。
あと2箇所ですか? どこだろ? わたしは一応つながってますよ、昨年の蓼科で終わりました。でもね、この西岳っていうのが残っていたのが気になってたんですよ。
あとはね、主稜線への大泉側からのアプローチですね。県界尾根とか、あのあたり残っているので歩きたいです。

くねるさん
あの宴会のあとだからこそ、行きたくなりましたよ。もっとも、ほら、代休だったからですもの。ほんとに行けてよかったです。1ヶ月あいちゃってたしねー。
2007/10/04(木) 15:46:45 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://makikuma.blog34.fc2.com/tb.php/209-a2cd9d5c
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。