まきくま山

まきくま山の備忘録。 山歩き・美味しいもの・愉快な仲間


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

至仏から小至仏の稜線にはキバナノコマノツメとイワハタザオ、そしてひなちゃんがわんさか咲いている。
IMG_1602.jpg
キバナノコマノツメとイワハタザオ
IMG_1590.jpg
ホソバヒナウスユキソウ

尾根の右側の切れ落ちたところにもたくさんの花。岩稜を境に片側にだけガスが湧き上がるさまが、夏山への思いをかきたてる。
IMG_1587.jpg
ああ、今年もこんな尾根をずっとずっと歩くことができるのだろうか。

IMG_1597.jpg
至仏と燧が並んで見える。ふたつながら何度でも、登りたい山だ。

小至仏をこえ高度を下げると再びハクサンイチゲやチングルマ、ユキワリソウのお花畑が現れる。
IMG_1606.jpg


ちょっとだけ残った雪
IMG_1608.jpg
斜めで…すぐ下は木道で…けっこう怖い。どきどきしながら慎重に下る。

左にベンチのある小湿原が見えると笠ヶ岳への分岐が近い。道標を右に折れて笠ヶ岳への道に分け入る。ここからはぐっと人が少なくなるはずだ。笠ヶ岳は至仏と同じ蛇紋岩の山。よって、ホソバヒナウスユキソウをはじめとする至仏特有のお花がそのまんま楽しめる。だけど、あまりに有名な至仏のお隣でちんまり静かにいるもんだから、あんまし行く人がいないのだ。至仏の登山道は標高の高いところはほとんどすべてが木道か両脇ロープなのに対して、笠は自然のまんま。植生保護はもちろん大事だけど、やっぱそのまんまの「山」をそのまんまの「土」を歩きたいのが人情だ。
笠への道に入るとすぐに小山沢田代のかわいい湿原が潅木をすかして見える。
IMG_1613.jpg
湿原の向こうは鳩待へと下る道。
向こうをにぎやかに歩いていく人を、こっちからひとり静かに眺めるのが好き。ほら、「ワタシダケいい山にいっちゃいうもんねー」ってのが好物なもんで…。

5メートルもいかないうちに、まきくま狂喜乱舞。
道の両脇にイワカガミイワカガミイワカガミイワカガミイワカガミイワカガミイワカガミイワカガミイワカガミイワカガミイワカガミイワカガミ……
IMG_1627.jpg


途切れたと思ったら、ミツバオウレンミツバオウレンミツバオウレンミツバオウレンミツバオウレンミツバオウレンミツバオウレンミツバオウレンミツバオウレンミツバオウレン
IMG_1618.jpg


それが終わったと思ったら、マイヅルソウマイヅルソウマイヅルソウマイヅルソウマイヅルソウマイヅルソウマイヅルソウマイヅルソウマイヅルソウマイヅルソウマイヅルソウマイヅルソウ
IMG_1622.jpg


でもってまたまたイワカガミイワカガミイワカガミイワカガミイワカガミイワカガミイワカガミイワカガミイワカガミイワカガミイワカガミイワカガミ……
IMG_1688.jpg


そこに、ハクサンチドリやハクサンコザクラなどが混じる。
悪沢岳の道標を越えるとここからしばらくは下りだ。
IMG_1621.jpg
ここは南? 北? いや、尾瀬ですよん。

ゆるゆる、それでもかなり下る。
明るい日の差す斜面で、ハクサンコザクラの濃いピンクに惹かれてしゃがみこんで写真を撮っていたら、そのすぐ脇にメガネを見つけた。きれいなメガネだ。今しがた落としたものに違いない。たいていの登山者はここから笠往復のはず。会えるかもしれない、と思って大切にザックに入れる。と、5分もしないうちに前方から何かを探す風の男性がやってきた。メガネを手に接近。どきどきする。
「これ、お探し?」
男性の顔がぱーーーっと明るくなった。
あの瞬間のわたしって、きっと女神さまのようにきれいだったと、確信します! はい。
こんなにものを落とす私が、人の落し物を拾うなんて! それもこうやってお渡しできるなんて! これは、、、なんかあるぞー。ぜったい、いいことだよね。

ほどなく明るい笹原と潅木の斜面をトラバース。
IMG_1634.jpg

ここがまた素敵なポイントなのだ。

しばらくは深い森の中を延々と下る。道はぬかるんでぐっちゃぐちゃ。ふとだれかがじっと見ている視線を感じる。しか? くま? てん? でも、こんな森の動物が悪さをするとも思えない。知らん振りして通り過ぎればだいじょうぶ。
道がちょっと上りになると、小笠ヶ岳の明るい頂の直下に出る。
ああ、やっぱり。想像していたとおりの見事なお花畑だ。
IMG_1648.jpg

ハクサンイチゲ、チングルマ、コバイケイソウ、ヨツバシオガマ、イワカガミ……。

そこからもう一度下るとほどなく笠ヶ岳の特徴的な三角が目の前に迫ってくる。
てっぺんが岩岩で、その下に草地の斜面が広がっている。そう、その草地が花畑なのだ。
IMG_1701.jpg
ああ、やっぱり。想像していたとおりの見事なお花畑だ。

お花畑を堪能しながら、笠ヶ岳の直下をぐーっと回り込み半周くらいしたところに頂上への道がある。なんでまたこんなに急なの? ってくらい急なざれた斜面を登りきると笠ヶ岳頂上。360度の展望らしいが、前回も今回もガスガス。30分くらいねばるが、見えるのやっとこさ小至仏まで。次回は、花はなくとも展望のときにこなくっちゃ。
そんなガスガスのなかで眼下の林の中に見えたもの。
IMG_1689.jpg

それは湯の小屋へと降りる道のほとりにあるらしき小さな沼だ。

去年の夏に来たときからずっと気になっていた。湯の小屋から登ってきたという男性に聞いてみるとほんの10分ほどでいけるという。ならば、と湯の小屋方面に進むと、その沼があった。

IMG_1675.jpg
ああ、きてよかった。
ここはこんなふうにいつもしずかに山を、木を映しているんだろうか。高ぶっていた気持ちがすーっと落ちていく。花や展望に興奮するのもいいが、こんな水底にじっと心を沈めるのもいい。
さて、そろそろいこうか。

しつこく写真を撮りながら来た道を引き返す。どうしても、みんなに伝えたくて一生懸命撮るけど、この花一面の感じはどうやったって写真には写らない。
おんなじところのおんなじ花に歓声をあげて、ひとり楽しくもどる道。
至仏からの道とあわせると、再びにぎやかになる。やっぱ、笠 最高! と思っていたら、いやいや至仏もすごいわ。
ここから先も花満開!
イワカガミにマイヅルソウにゴゼンタチバナがずーっと道の脇を飾ります。もう、もう、ほんとに楽しませていただきました。心から、山に感謝。

IMG_1706.jpg
ゴゼンタチバナ

IMG_1736.jpg
サンカヨウの咲き残りも

IMG_1740.jpg
シラネアオイが一輪 目だってたなあ

追記
2006年は8月20日に笠ヶ岳に行きました。このとき、なんとキスゲがかなり残ってました。小笠も笠もキスゲ咲くはずですが、つぼみはおろかまだ陰も形も……かなり遅くにさくのかな? 

すばらしい!
四国では観ることの出来ない花もあり嬉しくなってしまいます。ありがとうございました。
さて次回の本州上陸作戦ですが、7月28日の全国木馬引き大会に魔王とtochikoと参加させていただくこととなりました。
あ~、今から楽しみですぅ~♪
2007/07/11(水) 07:48:21 | |河童 #-[ 編集]

結構 雪が残ってるんだね。
武尊山から見えた笠は至仏に負けないくらいリッパでした。
人が少なくて このお花なら
行きたくなるよねー
ところで鳩待から直に至仏に登ってる人って結構いた?
禁止ではなく お願いなのかー

追伸:河童さーん よよよv-409
2007/07/11(水) 12:26:53 | |ロビン@お仕事 #qIFa0De.[ 編集]

岩稜を境に片側にだけガスが湧き上がるさま・・・

もー、大好き。夏山ー!って叫びたくなっちゃうよぉー

そーか、笠はまだまだ楽しめそうなのね。メモメモっと。でも、¥さんが仕事から復活しちゃったから、しばらくソロは。。。(涙)

まきさん、いい山歩きだったねー。まきさんが歩きながら思った心の声を聞いたような、そんなレポでした。
湯の小屋からルート、わたしも気になっちょります。やる?

追伸:河童さーーーん、tochikoさーーーん、魔王たまー
2007/07/11(水) 12:51:17 | |まゆ太 #Uc1kfBME[ 編集]
MVP まきくま!
尾瀬への憧れ、さらには笠ヶ岳にも登りたいという思いを掻き立てられるレポでした。
特に、花に対するまきくまさんの熱き思いがよくわかります。
「どうしても、みんなに伝えたくて一生懸命撮るけど、この花一面の感じはどうやったって写真には写らない。 」うんうん、そうなんだよね!

落し物の眼鏡をキープして手渡すなんて
「あの瞬間のわたしって、きっと女神さまのようにきれいだったと・・」
カキーン!イチローも球宴でランニング本塁打でMVPだし、この日のまきくまさんもMVPものですね!!

「尾根の右側の切れ落ちたところにもたくさんの花。岩稜を境に片側にだけガスが湧き上がるさまが、夏山への思いをかきたてる」 イェーイ!権現岳でも赤岳に通じる稜線に同じくこの光景を見て、胸高鳴る感じでした。
2007/07/11(水) 18:13:09 | |カモシカ #-[ 編集]

この時期はお花を追いかける山旅、いいね~
ほら、一昨年まっきーとタッチの差の至仏山もお花満載だったよね。
私もあの時は一人でのんびりとお花と戯れることができました。
笠ヶ岳、いいね。
2007/07/11(水) 20:51:31 | |ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]

凄い花いっぱいですね。
も~、みんなして尾瀬に繰り出すから行きたくてしょうがないのに、週末は天気ダメっぽいし・・・
笠ヶ岳っていままではあんまり考えて無かったけど、魅力的ですね。
2007/07/11(水) 20:55:48 | |食う寝るさんだ-す #EBUSheBA[ 編集]

河童さん
うーむ、上陸そこだけ? 苑週末だけなん? そかー。苑週末は……ちと……でもめっちゃあいたいですぅ。

ろび
雪はほんのちょっとだよ。10メートルくらい。でも、周り中雪なら転んでも痛くないだろうけど、すぐそこに木道もあるし、、、いまのほうが大怪我しそうな状況でした。なので、まきくま的にはキケンレベル5って感じでしたよ。
禁止されてるのは至仏から山の鼻、尾瀬ヶ原へのくだりだよー。のぼりはどちらからでもOK。もっとも山の鼻に降りていくひとけっこういたけどね。わたしは頼まれても下らないけどさ、あの道は。もう一遍やったら、じゅうぶん。こりごりですわ(笑)

まゆたたらん
湯の小屋への道あるいてみたいよねー。秋かなあ、、。で、温泉で一泊か? 公共交通機関で行かねばね。秋にでもたたら呼んでたたらオフとか?
2007/07/11(水) 21:22:46 | |まきくま@お仕事 #E5Upi6Fk[ 編集]

カモシカさん
もおお。そんなにほめられるとくまっちゃうなあ。
でも、めがねは草地だったのであそこで花撮ろうと思っていなければ絶対に気づいていません。なんか不思議ですよね。こういうのって。
で、カモシカさん、ぜひ尾瀬行って下さいな。だれもがやっぱりいいところだって思うから。

ぜぜさん
おととしでしたね。あれはワタシの尾瀬デビューかなあ。ずっと前に尾瀬沼を歩いたことはあるんですけどね。あの時は至仏の花に感動して、原のキスゲに感動して、もうほんとにやられたーーーって感じでしたよ。そして、あの頃はまだ私とぜいぜいさんは知り合ってないのよね。ああ、それがいまや……ほんと、不思議ですね。山の取り持つ縁ですね。

食う寝るさん
今週末はどうなるんだろね。ワタシはほれ。仕事の予定なので、気がらく~なんだけどね。それより再来週~ 晴れてくれ~。(って自分勝手なこと言ってると思い切り嵐になったりするのよね)

2007/07/11(水) 21:27:35 | |まきくま@お仕事 #E5Upi6Fk[ 編集]

いやいや、さすが至仏山。んでもって笠ヶ岳も前から気になっているんだよなー。

と、それより。
「メガネがとりもつ素敵な縁」とかなかったの?
涸沢の小枝のように(笑
2007/07/11(水) 23:24:48 | |TiCA #-[ 編集]

TiCAさん
メガネの縁!!!
そうよね、思いつかなかった。だめだあ。
2007/07/12(木) 01:43:43 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

>秋にでもたたら呼んでたたらオフとか?
いいね~♪
かなり渋いプランだ!

でも、湯の小屋って行ったことある?2軒しか宿がないのだけど、貸しきり露天風呂オンリー(しかも十種類くらい)の宿だったような・・・。まっ、いっか。わたしたち、ラブラブだし♪
2007/07/12(木) 07:40:37 | |まゆ太 #Uc1kfBME[ 編集]

登山禁止が解除されたこの時期、至仏山はちょっとしたラッシュですね。
お花も沢山咲いてるし、
来年は晴れの日に行きたいと思ってます。
白根葵、たぶん同じ花を見ましたよ。
一輪だけでしたもんね。
2007/07/12(木) 15:41:39 | |十歩 #-[ 編集]

尾瀬だと至仏とか燧ばっかり脚光を浴びるけど、ツウは笠ケ岳だよね、カサ!!
こんどゼッタイ行きます。
2007/07/12(木) 22:10:23 | |たんべぇ #-[ 編集]

まゆたたらん
>2軒しか宿がないのだけど、貸しきり露天風呂オンリー
え?そうなん。なんか廃校になった小学校の校舎を使ったやまやさんの宿があるって聞いたんだけどな。
お、これこれ。
http://www7.wind.ne.jp/haruhino/untitled3_001.htm
でも、やっぱ山でテントのほうがええかいな。

十歩さん
そうそう、たぶん十歩さんのシラネアオイと同じです。十歩さんのほうがみずみずしいけどね。
で、ぜんぜんちがうブログのコメントにコメントですけどね、その恥ずかしいデジカメの機能ってなに? 教えて~

たんべぇさん
うんうん、ぜったいいってー。きっと満足できるはずあれで展望まであったら、もう、すごいもんね。雪のときとか入れるとたのしそうだしねえー。
2007/07/12(木) 23:04:26 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

ちわす。
尾瀬って人が多いって聞いてて行ったことの無いあこがれの地ですわ。花はさっぱり?なんですが、やっぱり広くてエエ感じですねえ。
2007/07/13(金) 20:53:12 | |dahan #L.O2nn6s[ 編集]

dahanさん
こんばんはー。
尾瀬、ひろびろです。関西で言うとどこらあたりの感じなんでしょうね。こういう湿原ってあんまりないのかなあ。
花に興味ない人でも、きっと感動しますよー。ぜひぜひ遠征を!
2007/07/14(土) 02:24:03 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

登り損ねた至仏もいいけど笠もいいね。
花を見ながらの一人歩き、いいね。

夏の名物のお花たちが続々登場するとうずうずするな。
2007/07/14(土) 11:31:46 | |ふうろ #-[ 編集]

ふうろさん
>夏の名物のお花たちが続々登場するとうずうずするな。
そうだよねー。なので、この時期うずうずするために、このあたりでかけます。と、夏に向けて一気に気分が盛り上がります。でも、今年はいまひとつからだが出来てなくて不安ですよー。
2007/07/15(日) 01:06:37 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

出遅れた!(汗
前々から気になっていた笠ヶ岳。。。
まきくまさんに先を越されてしまいました。
花が沢山で良い時期に行かれましたねー。
山ノ鼻側から登るというのは考えてなかったなァ。(ちょっと良いかも)
2007/07/15(日) 11:25:14 | |まろん #-[ 編集]

まろんさん
>山ノ鼻側から登るというのは考えてなかったなァ
おおっ、通なまろんさんにそんなふうに言っていただけて、、うひひひ、自慢ココロが満たされましたー。うれしいな。
2007/07/15(日) 22:55:06 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

まきくまさん、こんばんは。
至仏山~笠ヶ岳レポ、拝読して、いいなぁ×10回くらい言っていて、コメするのすっかり忘れてしまっておりました。(^^ゞ
尾瀬のYAMAP見たときから気になっていたのが笠ヶ岳。やっぱり相当よさそうですね。
ちなみに、GWの湖北の赤坂山も、イワカガミイワカガミイワカガミイワカガミイワカガミイワカガミ 位はありました。(笑)
2007/07/19(木) 23:20:13 | |アランチャ@乗り遅れ #Toq/Ej/c[ 編集]

あれ~?今日も冬眠?
いやいや、短い夏は熊さんの活動期。尾瀬ではクマ出没 大清水近辺で50件を越えたそうですよ!
まきくまさん、ブログ出没は?
2007/07/19(木) 23:45:03 | |カモシカ #-[ 編集]

そういえばぜんぜん更新していないまきくまです。

アランチャさん
こんばんびー。
笠いいでしょ? 赤坂山ですか? よし覚えておきましょう。関西は意外に近いことがわかったからね。

カモシカさん
冬眠はもうだいぶ前に終わってますよ。
けっこう出没してるんだけどなあ。
2007/07/20(金) 00:49:27 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/07/21(土) 12:10:56 | | #[ 編集]
マジ質問
初めまして。1年遅れの書き込みで恐縮です。
7月初旬に至仏山ー笠ヶ岳に行こうかどうしようかすごく迷っています。迷っている理由はブヨなのです。鳩待峠~オヤマ沼田代はブヨが多いとの情報もありますが、昨年はいかがでしたか?
2008/06/01(日) 11:04:08 | |まるこ #-[ 編集]

まるこさん
確かに虫は多かったですよ。至仏山頂付近もかなりだったと記憶しています。まあ、その時期はどこにいってもそんな風化と思いますが。。。
虫除けスプレーのお陰だったのか、とくに食われたという記憶はありません。ただ、顔の周りで飛ばれたりして鬱陶しいですよね。つば広のハットも有効ですよん。
でもね、ほんとにお花すごいですから。笠は至仏と同じお花咲きますけど、人すくないですから。超オススメです!
2008/06/01(日) 22:03:18 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
サンキュー☆
丁寧な回答ありがとうございます。虫除けスプレーとつば広ハットが有効なんですね。お花がいっぱい、ということもよ~く分かりました。どうもサンキューでした!
2008/06/02(月) 08:25:34 | |まるこ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://makikuma.blog34.fc2.com/tb.php/191-573bf96b
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。