まきくま山

まきくま山の備忘録。 山歩き・美味しいもの・愉快な仲間


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年でいちばん花がきれいなとき。
それはこの憂鬱な梅雨の真っ盛りなのだ。
それを知ったのは7-8年前。八ヶ岳権現~赤の縦走に行ったときだ。それまで、梅雨の間は山には行かなかったわたし。以来、この雨の季節は私のなかで、夏山と同じくらいの、逃しちゃならないひとつのピークになっている。

この週末一日だけ、なんとか時間がつくれたので花の名山・至仏山に向かうことにした。土曜の夕刻、山のお友達はっしーの合唱のコンサートを聴きに行ってそのまま尾瀬にひとっ走り。尾瀬戸倉第一駐車場についたのは11時30分。車のなかでぱっぱと着替え、めちゃくちゃに積んできた荷物を整理してお山モードにさくっと切り替え。駐車場はがらがらだ。ふふ、みんな来週以降のキスゲねらいだな。今週は穴場だと思ったのよね。目覚ましをセットして眠りについた。
4:40一番のバス(あるいは乗り合いタクシーね)を目指して、4:00起床。日焼け止めをしっかり塗って、バナナとバームで朝ごはん。今日こそ、チーム7-8構成員として恥ずかしくない成果を出すのだ。
バスの発着所に行くと客はたったの5人。いちばんのタクシーに乗って出発! 首尾よく5:00前に鳩待峠へのゲートに到着。5:00の開門を待つ。3番でゲートをくぐり5:10には鳩待峠に到着。空は明るく、なんだか青いところもあるような……。これは期待できるぞ!

準備運動もそこそこに山ノ鼻へ。登山道入り口ではマットでしっかりと靴底を掃除する。ほかの山の土、つまりは植物の種を持ち込まないためだ。
山ノ鼻までは緩やかな下り。

IMG_1524.jpg
おはよう! 久しぶりの山の花。ユキノシタがお出迎え。

私の前を行く人2人、3人、2人とどんどん追い抜いていく。だあれもいなくなってしばらくいくと、熊にこちらの存在を知らせるためのカネがあった。コーン、キーンとその音を聞くと急に熊が怖くなってきた。こんな日に限って熊鈴忘れてるし……。

IMG_1501.jpg
水芭蕉はすっかりお化けに~

ほどなく山ノ鼻到着。
ああ、去年の秋たけ小屋オフ以来の尾瀬だ。ばてばてで同行のk林親子やはっしーに荷物を持ってもらった苦い記憶がよみがえる。

IMG_1510.jpg
尾瀬ヶ原から至仏山

3週間ぶりの山、ちゃんと登れるのかな?

watasuge
ぽわぽわ ワタスゲ

登り口までほんの少し湿原を歩く。一昨年の7月に鳩待から至仏山に登り尾瀬ヶ原に下りてきた。初めての尾瀬ヶ原で、湿原に出たとたん、目の前いっぱいに広がったキスゲ。
あのときは感動したなあ。

2005
一昨年の7月第3週。至仏から尾瀬ヶ原に降りたところ

だから、このへんもキスゲがたくさん咲くはずなのに……あれれ? 

kisuge

つぼみもほとんどない。今年は6月になって霜がおり、キスゲはいまひとつとタクシーの運転手さんは言っていた。たしかにこれでは…(この前日に尾瀬ヶ原を歩いたまゆ太さんによれば、牛首のほうはつぼみもいっぱいとのこと。ほっ)

登り口で登山届けを提出。
いきなりの急登で息があがる。ひとりのときは誰気兼ねなくペースを落とす。そのうちに、気持ちよーく足が前にでるようになる。朝はバナナとバームだけだったので早くもおなかがすいた。でも、なんだか快調なのでずんずん登る。ベンチが出たらおにぎりだなあと思っていると、先客多し。少し広いところにでたらおにぎりだなあ、と思って進むとすでに先客。なんて感じではらペコのまんま1時間ちょっと登ったところでふたつめのベンチに。先客はご夫婦ひと組。それじゃあ、とザックをおろしたところで気がついた。ベンチの後方にユキワリソウが咲いている。

IMG_1530.jpg
やさしいピンクはユキワリソウ。風に揺れて撮りにくい…

ふと視線を上に移すと、咲いてる咲いてるあっちにもこっちにも。おー、とうとう花地帯突入だ!
「おひとりですか? すごいですね、こんな大きな山に…」
と、静かな感じの奥さんに声をかけられる。いつもは「ひとり」って言われるとちょっと反発しちゃうのに、なんとなく「大きな山」ってひとことに気持ちがゆるんだ。たしかに、こんなすてきな大きな山だもん。ひとりでくるなんて! ちょっともったいないかもだ。だれかにもこのお花見せたい、いっしょに見たいと思うのが自然だよね。
しかたがないのでろび男にユキワリソウの画像を送ってみる。あほや、、なあ。。。
そそくさとおにぎり一個食べて出発。ハクサンイチゲが花盛りだ。
IMG_1533.jpg


見あげればすっきりと青空。お花畑には自分の影がくっきり落ちる。

IMG_1562.jpg


こんな日は急な登りも嫌いな階段も苦にならない。
さっきのご夫婦も花ねらいと見た。写真を撮りながらゆっくり登っているので、私とぬきつぬかれつ…。

IMG_1549.jpg
「ああ、ここにひとつだけ、キバナノコマノツメよ~」とダンナさんを呼んでいる。きっと大好きな花んなんだろな。うんうん、その気もちわかるよー。ほどなくホソバヒナウスユキソウの群落。とにかく道の左右の砂礫地いちめんにひなちゃん、なのだ。オゼソウもそこここに咲いている。ここ至仏山ならではのお花。写真も大切に大切に一枚一枚撮る。

IMG_1560.jpg
ホソバヒナウスユキソウ

IMG_1539.jpg
オゼソウ

途中までいいペースだったのに結局2時間半かかって頂上に。鳩待峠から直接登ってきた人、尾瀬ヶ原からの人、合わせて20人はいただろうか。いつきてもにぎやかな山頂だ。2個目のおにぎりをたべて30分ほどまったり。

IMG_1582.jpg


尾瀬ヶ原は望めるものの燧ヶ岳の頂上は雲の中。そんなだから見えるはずの越後の名山も上州の山々もすべて雲の中だ。
でも今日はいいの。こうやって青空のもとお花を堪能できればいうことなし! これから先もまだまだ花が続くはずだ。

小至仏までの道は岩岩の尾根をいく。例の蛇紋岩が足元を危うくする。はっきり言って、だれよりも滑るまきくま。
ここに万が一まきくま山を知ってる人がいたとしたら、もおお、ものすごい、ピンっとくるだろうな、と思い、そんなことを考えるてると、ますますあせって滑るのだー。 はっきり言って、ばかだ。

笠ヶ岳編つづく

そのほかのお花たち
IMG_1605.jpg
シナノミヤマキンバイ
IMG_1604.jpg
クモイイカリソウ
IMG_1586.jpg
ヒメシャクナゲ
IMG_1555.jpg
ジョウシュウアズマギク
IMG_1553.jpg
タカネヨツバシオガマ

花の尾瀬
写真綺麗です。青空が見えているようですが、ちょうど「花曇り」になったのでしょうか。
四国の山は短い花の季節が終わり、蒸し暑い夏が訪れています。
こうして皆様のブログで癒されている虫に遊ばれる妖怪でした(笑)
2007/07/10(火) 07:54:44 | |河童 #-[ 編集]

ほんとに、お花もまきくまさんも、この時期を待ってました!といわんばかりの様子^^
まあまあ・・・・たまには、、、ひとりも最高の贅沢かも♪
2007/07/10(火) 10:27:55 | |hiro #SFo5/nok[ 編集]

>仕方がないのでろび男に・・・送ってみる
あーーーそっv-403 仕方ないのか

なんだなんだ??一人だと食が細いじゃん!
なんだか後姿もいーじゃん
そんでそのコースもいーじゃん
2007/07/10(火) 12:19:26 | |ロビン@お仕事 #qIFa0De.[ 編集]

たたら風、山歩きですね!(^^)
まったく同じコースを考えてました!もー、うらやましすぎますぅー。でも、今年は無理そうだなー(;;)。笠はやっぱり、花の時期に行きたいもん。
尾瀬ヶ原のキスゲ、今年は少ないのかも・・・。わたし、盛りをしらないから。つぼみがたくさんついてたのは、竜宮ーヨッピ橋ー牛首のとこと、竜宮ー下田代だけかな。
2007/07/10(火) 12:33:03 | |まゆ太 #Uc1kfBME[ 編集]

うんうん、1人で歩くっていうのもすごいステキだよねー。
なんというか、自分の好き勝手なペースで歩けるのが心地よかったり。
(といってもほとんど1人で歩いたことないけど・笑)

いいなー、尾瀬。ウスユキソウかわゆい♪
2007/07/10(火) 13:02:08 | |TiCA #-[ 編集]

やはり揺るぎない花の尾瀬ですね。
人の多さに敬遠して毎年逃している尾瀬ですが、今年はどうなることやら・・・?
なるほど、この時期なら人は少ないか。
笠ヶ岳もよさそうですね。
先ずは尾瀬デビューしてから狙ってみます!
2007/07/10(火) 21:57:21 | |カモシカ #-[ 編集]

河童さん
>四国の山は短い花の季節が終わり、、、
おお、やはり季節がちと早いのですねー。
で、で、尾瀬は来るんですかぁ? 本州上陸情報はちゃんと流してくださいね。えと、秘密のコメントで。

hiroさん
>たまには、、、ひとりも最高の贅沢かも♪
た、たまにならね^^;
って、そういえば最近だれかと一緒が多いなあ。自分がどっち派なのかわからなくなってきましたよ。まあ、ひとりはひとりのみんなと一緒は一緒のたのしさですよね。当たり前か~?

ロビ男さん
>>仕方がないのでろび男に・・・送ってみる
>あーーーそっ 仕方ないのか
いやいや。ちと話を面白くしようと思ってさ。えーと、仕方なくではありませんよー。ロビ男にお花をとどけたくってねー。へへへ。
2007/07/10(火) 23:04:12 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

まゆぴょん
>まったく同じコースを考えてました!
おお、そーなん? 笠いいよぉお。来週でもOKだと思うけど、来週は連休だもんね。すでに予定がてんこ盛りかな?
それよか、もう縦走の予定はばっちり? わたしはまだ調べがぜんぜん追いつきませんよ。早くしなくっちゃね。

TiCAさん
>自分の好き勝手なペースで歩けるのが心地よかったり。
あはは、TiCAさんはいつもY棒クンの超速についていってるからね。でも、そのお陰でそれだけ体力ついたのでは? TiCAさんも、並大抵ではありませんよー。いつも報告みてうらやましいもん。

カモシカさん
>人の多さに敬遠して毎年逃している尾瀬
そこがモンダイ! でもコースどりしだいで静かな尾瀬楽しめますよ。来週からは混みそうですよね。うーん、この時期だと王道をいくよりもはずれから入ったほうが、尾瀬好きになれるかも、、、です。どんなにいいところでも、山で人ごみはねえ。とにかく朝と夕方の鳩待~山の鼻は避けるべきですね。
2007/07/10(火) 23:11:56 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

ユキワリソウがたくさんでしたかぁ、こんなん見てみたいな。以前登ったときはぽつぽつでした。

ほんとこの週末はみなさんいい日にあたりましたね。くやしか~

たしかにまきくまさんなら転びそうだ、あのへん^^

ミヤマキンバイはシナノキンバイかな。葉がバラ科っぽくないですし。
最後のはタカネシオガマですね。

私も至仏より笠が好きー
至仏が混むこの時期でもあそこは静かですもんね。笠編たのしみー
2007/07/11(水) 00:23:27 | |たここ #USldnCAg[ 編集]

おー、そっか、タカネだよねー。ミヤマとシナノの見分け方…うーむ、わからん。
たここも行けばよかったのにね。笠は2度目ですが、私も大好物です。
しっかしだ、なんで滑るんだと思う? なぞだよ、ほんと。
2007/07/11(水) 02:33:07 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

お仕事忙しいのかな?
でも、夏休みとれてよかったですねー。いつごろになったのかな。(ここに書かなくていいですからねー)

>それよか、もう縦走の予定はばっちり?
とりあえず、この夏1番目の大イベントが終わったので、今から2番目の大イベントに向かってねりねり中でござる。
なんだかんだで、お天気しだいですよね。
2007/07/18(水) 12:34:49 | |まゆ太 #Uc1kfBME[ 編集]

まゆたたらん
オカエリー。
よかったね。最高の山だったでしょう。
私のほうは、日程とコースはきめたものの詳細の調べがまだまだだす。それよか、肝心の脚、なまってます。どーしよー。
まずすぎます。
2007/07/19(木) 12:53:22 | |まきくま@お仕事 #E5Upi6Fk[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://makikuma.blog34.fc2.com/tb.php/190-2d290256
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。