まきくま山

まきくま山の備忘録。 山歩き・美味しいもの・愉快な仲間


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070127222831

今日はいろいろあって出勤。
わが職場で開催中の展覧会(ニュージーランドの先住民族マーオリの美術の展覧会)の会場で、ちょっと素敵なことがあったので、報告します。

会場にはマーオリの木彫と織物の工芸家がきて実演をしているのですが、彼らは今日が最終日。明日帰国することになっています。すべてが終わったあと、彼らは会場をめぐり、マーオリの祖先につながる大切な宝物たちにひとつひとつ挨拶をしたいというのです。一番歳かさの男が祖先をたたえる言葉と日本のスタッフへの感謝の気持ち(たぶんね)を静かな、よく通る声でつぶやきながら会場をすすみます。
私はそのあとをついて歩きながら、ああ、詩ってきっとこういうところから発生したんだろうな と しみじみ思いました。
彼らのもっとも大切にしている集会所のファサード彫刻の前ではとくに念入りに祈りの言葉を述べます。
集会所の棟木は祖先の背骨、屋根の垂木はあばら。前面の破風中央は祖先の頭、そこから伸びる破風板は祖先の腕。そこにいる人々は祖先の長い腕のなかにすっぽりと抱かれている、そんな特別な気持ちになるのだそうです。
そんな神聖な場所で、誰からともなく感謝の気持ちを述べはじめたマーオリ側のスタッフ。ひとりひとり前に出て、静かな声で語ります。マオリ語で、英語で、日本語で、意味のわからない部分もあるのに、暖かい言葉が心にしみてなんだか泣きそうになっちゃいましたよ。
なかでもいちばん素敵だったのは、正に詩のように美しいマーオリ語の一節を紹介してくれたとき。覚えの悪い私は、すでに、その美しい言葉をここに再現することはできないのですが、それは、「こうしてみんなでつながり、それがまた次の世代につながる」というような意味だそうです。

マーオリの人はスピーチのあとには歌を歌います。公式の儀式でも長老が挨拶をするとそのたびにみなでその部族の歌を歌っていました。マーオリの歌はちょっとアロハににていて、なおかつみんなハモるのがとてもとても上手なので、うっとり気持ちよくなれます。
最後に日本側のスタッフが代表で感謝の言葉を述べたら、お前たちも歌を歌えという。日本人だもの、そんなわけにはいかない、と、みんなで尻込みしていたら、マーオリの間から「瀬戸の花嫁」(!)が始まりました。
これはひと足先に帰国してしまったマオリのパフォーマーが、パフォーマンスの最後にサービスで歌ってくれていたもの。どうもマーオリ界で日本の歌といえば瀬戸の花嫁、そして彼らの大好物らしいのです。
そう、閉館後のしーんとした展示室で、私はきもちよーく瀬戸の花嫁、うたっちまいました。
もう、ほんといい思い出。なんか、ちょっとね、宝物みたいな気分です。

写真は記念にといただいた木彫。マーオリの祖先が海を渡ってきたときのカヌーの櫂のミニチュアです。
マーオリの祖先の物語がつまった大切な宝物。そこに今日、新しいストーリーが記憶され、私の宝物になりました。


まきくまさん、こんばんは。
この出来事、毎日毎日お仕事がとっても忙しいまきくまさんへの、マーオリの神様からの贈り物だったかもしれませんネ。
なんかいいお話を聞いたなぁ。(*^_^*)

でもって、まきくまさんのピッケルには「ホーリー」というちゃんとした名前が付いた訳だけど、「ボッケル」も愛嬌があって捨てがたいなぁ、と思うのでありました。(笑)
2007/01/28(日) 01:23:22 | |アランチャ@もう寝なきゃ #Toq/Ej/c[ 編集]

お仕事お疲れ様でした。
素敵な宝物が出来てよかったですね。
自分の宝物ってなんだろう?
自分の体かな??
2007/01/28(日) 14:12:11 | |十歩 #-[ 編集]

厳冬のシルクロードの誰もいない観光遺跡で、「北国の春」が流れているのを聞きました。
その1ヶ月後に、チベットの峠で遭難し、私もここまでかと思ったときに私は無意識に「ふるさと」を口ずさんでいました。「いつの日にか帰らん・・・」
「言霊」そして伝える「歌」は、深く民族の遺伝子に組み込まれているのだなぁって思うと涙が止まりませんでした。
2007/01/28(日) 17:57:52 | |河童 #-[ 編集]

意味が通じずとも、言葉は口に出して、命が吹き込まれる。そんな気がしました。
まっきーっていい体験してるなあ。
2007/01/28(日) 18:19:51 | |ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]
うらやましい
以前は簡単に行けた場所も、今は九州なので簡単にはいけません。
覗きにいきたいですね!
私の代わりにあの石なでといてくださいね!
マーオリの美術って、小物がすごくデザイン性にあふれ素敵ですね。
2007/01/28(日) 20:13:06 | |hiroyuki #RSx9Hk0E[ 編集]

いい時期にいいタイミングで元気もらったね~

大人になっても毎回いろーんな感動や発見や
お勉強があって、おぬしは しあわせモンだぁ。
純粋な心をこの時代にもちつづけているマーオリの人に
是非私も会いたかったわぁ
2007/01/28(日) 22:11:14 | |ロビン #qIFa0De.[ 編集]

アランチャさん
うん。そうだと思う。マーオリのカミサマ優しそうだもん。でもほんとは、いつだって、この類の贈り物はいただいているのかも。いつもはそんなカミサマの気持ちを受け止める時間や気持ちの余裕みたいなものをなくしているのでは、、、と思います。
ボッケルねえ、いいけど、、、、いやいや、ホーリーに失礼ですぞ。まだ彼はなんにも失敗してないしねv-398

十歩さん
私もからだは宝物だなあ。丈夫に生んでくれたお母さんも宝物だなあ。

河童さん
>「言霊」そして伝える「歌」は、深く民族の遺伝子に組み込まれている
ああ、そう、そういうことです。そして、言葉や歌には確実に大きな力があります。それをきちんと使い切れて入ないわたしたちは不幸です。マーオリの人は、なにが大事かについて、たぶんとてもとても深い示唆を私たちに与えてくれているように思いました。

ぜぜさん
>意味が通じずとも、言葉は口に出して、命が吹き込まれる。
ああ、みんないいこといってくれるなあ。そうなの、そうなの。そういうことなの。その人が発すること、発する気持ちが大事なの。

hiroyukiさん
デザインのお仕事なさっているんでしたね。マーオリのデザインや文様は媚がない、へたなかわいげがないのに、なぜか心が穏やかに癒されるような温かみがありますね。民芸運動の人たちはそれなりに注目していたらしいです。私は、この機会をいただくまで、マーオリの文化についてなにも知らなかったので、ほんとに新鮮で面白いです。

ロビ姉
うん、ロビ子なら、マーオリとめっちゃ気が合うと思うよ。家族を大事にしていて、歌と踊りが大好きで、いつもハッピーな笑顔で、かつものすごく真面目なのだ(!!!) どお? 同族のようでしょ?
2007/01/29(月) 00:44:41 | |まきくま #-[ 編集]

>マーオリとめっちゃ気が合うと思うよ
・・・しまったなり。マオリの男性と巡り会っておけば・・・v-343
ってか、私に言わせると
まっきー=マオリ なんですけど~v-411

しかし、みんな良い事いうなぁ~ 感動しちゃったv-408
2007/01/29(月) 12:48:50 | |ロビン #qIFa0De.[ 編集]

まきくまさん、はじめまして。
ロビンさんのところで、いつかはまきくまさんとお話ししてみたい・・・と思っていたのですが、ついにその時が!
マーオリとの出会い、素敵なお話ですね。まきくまさんは、あのハカダンスを目の当たりで見たんですね!
つながる、とか、つなげる、伝えるということは、すごく大切なことですよね。僕ら現代人は、いったい何を繋げたり、伝えようとしているんだろう・・・。

2007/01/29(月) 22:32:23 | |なめとこ山 #Dfd63MsQ[ 編集]

瀬戸の花嫁・・・、歌えちゃうまっきーさんがすてき♪ やっぱり、カラオケ重要!
って、そんなやすっぽいコメントでごめんちゃい・・。マオリ族、ニュージーランドでホームステイしているときに勉強しました。心がとっても澄んでいる人たちだって、教えてもらいました。まっきーさん、すてきな出会いでしたね。こういう出会いは、心を豊かにしてくれますよね。
2007/01/29(月) 22:51:12 | |まゆ太 #Uc1kfBME[ 編集]

ロビ姉
うひひ、マーオリの男衆はみなたくましくて大きいなり~ もう、ロビ姉なんて華奢華奢。守ってあげたーーーーーい、な女の子だぞ。(なんか不純)
でもね、大切なもの、大事にしたいものがちゃんとあるって、真に文化的なことだと思う。ロビ姉にはそれがあるから、大丈夫。私は、うーん、どうかなあ。

なめとこ山さん
うおー、鳳凰の薬師の小屋で、なめとこ山さーーーん、ってロビ姉ともに叫んだまきくまですよー。いらっしゃーい。
ハカダンスご存知ですか? 迫力満点ですよね。あれ、楽しそうです。精神開放というか統一につながるそうですよ。パフォーマンスのときにはいつも、一緒にやりたいひと前にでて~って、参加者募集しました。たいへん意外なことに日本人の男性は、ハカ大好物みたいで、次々にチャレンジする人あらわれてましたよ。みんな思いっきり舌出してたのしそうだったー。
つながる、つたえる。ほんとうにどちらも大事です。ほんとうは職場の出来事を私的なブログに書くのはどうかなあ、なんて思ってたのですが、この出来事はほんとうにほんとうに誰かに伝えたくてこうして書いてみました。だから、この話でなめとこ山さんがきてくれてほんとうにうれしいなあ。

まゆぴょん
カラオケだいじだよー。おほん。不肖まきくま、若いときからオケにいくら費やしたことか……このときのために練習してきたのかなと思ったぞ。歌ってさ、いいよね。わたし、今度山の夜とかに歌ってみたいなあ。と思った。まぴょん、一緒に歌おうよ~。
2007/01/29(月) 23:21:28 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

>一緒に歌おうよ~。
いくいく~。今日、久々にLisaちゃんに会ったんです~。まきさんが忙しくなくなったら、上野突撃したいな~なんて(マオリもみたい)。(でも、いつも忙しいのかな・・・?)
瀬戸の花嫁、ききた~い♪山の夜に備えて、練習しなくては!!!

2007/01/29(月) 23:33:29 | |まぴょん #-[ 編集]

まぴょん
↑ぼっけてるなあ。と思ったら、わたしやんか。すまぬ。
マオリは夜間開館日がないのよ~。早く終われる日があったら、連絡して~。そんな日ないって???
もちろん、飲みだけでもOKざますよ。そうはいっても2月はちときびしかなあ。
2007/01/30(火) 22:31:01 | |まきくま@お仕事 #E5Upi6Fk[ 編集]

ネット社会復帰

あの館内で歌うたうのステキかも!
しかも瀬戸の花嫁ですもん。
まきくまさんはいつもいい時間過ごしてますね~。
2007/01/30(火) 23:56:59 | |食う寝るさんだ-す #EBUSheBA[ 編集]

う~む。深い。
なんかじ~んとしちゃったなあ。素敵な時間を共有できて異文化万歳だね。
自分達の誇り高い文化や祖先、お世話になった人々に素直に感謝に気持ちを表現できるってなんてピュアーで尊いんだろう。
自分を反省してしまいました(^^)
でも、まっきーさんやここに集まるお仲間の感性も素敵だね。
2007/01/31(水) 20:33:53 | |ふうろ #-[ 編集]

なんで?? 昨日レス書き込んだはずなのに~あれは夢だったのか? 

食う寝るさん
瀬戸の花嫁意外にいい歌です。変調があったりして、なかなかのもんです。ぜひ今度、よく声のひびくところでお試しあれ。

ふうろさん
でしょでしょ?じーーんとくるでしょ?
のんびりしていてね、たぶん西欧の現代社会には適応しない人たちだと思うの。でも、もっともっとだいじななにかがあるんだよね。
2007/02/01(木) 23:35:29 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://makikuma.blog34.fc2.com/tb.php/132-18be498c
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。