まきくま山

まきくま山の備忘録。 山歩き・美味しいもの・愉快な仲間


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月14日(日)

午前1時すぎまで呑んでいた一行、、、、朝ごはんの8時に食堂に集合。あんなに呑んだのになんだか平気なのはなぜかなあ????
美味しい料理と、上等なお酒、そして心安らかな会話、深い眠りを約束する温かい部屋……。
睡眠4時間が日常のまきくまにとっては、うん、なんだかいつもよりさわやかな朝かも~。
朝ごはんは五穀米。大好きなとろろもあって、ついついおかわり。
みんな、正月太りを解消しようとおもってきたのに、これじゃ、まったく逆効果だな。

ゆっくり目の朝ごはんをすませて出発。
山旅の朝
長沢さんお世話になりました~

日向山登山口へは竹宇駒ケ岳神社のところから林道を登っていく。この道はほとんどつるつるに凍っていてかなり厄介だ。
4駆かつチェーンの装着をお勧めする。

登山口の脇に車をとめる。
登山口
って、見せといてなんだが、この登山口からは登らずに、林道をそのまま奥に進んでいく。
分県ガイドに敬意を表し、長沢さんのお勧めどおりのコースをとったのだ。
この林道は朝日に輝く甲斐駒さまと一緒に歩ける、実に贅沢な道だ。
甲斐駒さま1
お~甲斐駒さま~

甲斐駒さま2
甲斐駒さま~

秩父
秩父の山々も見えるゾ

しばらくすると、右に東屋が見えてくる。
東屋の脇が錦滝。
滝
滝は9割がた凍っていて見ごたえ十分! 

その先は登山道らしい登山道になる。
いきなり、急登につぐ急登だ。

階段
うひゃあ、こんな急な階段!

急登
ぐんぐん高度を上げる。

途中からはずっと雪がついていたこともあって、みな慎重に登る。

1時間弱で白い砂の斜面が印象的な雁ヶ原へ。

雁ヶ原
林の中の道からいきなりここにでるのだもの、びっくり!

この急な斜面をよっこらよっこら登り、稜線に出ると、、、、

ほーーっと、大きく息をつきたくなるような展望がまっていた。

まずは花崗岩の塔が林立する日向山そのものの風景に感激。
岩塔
まぶしい白さだ。向こうに見えているのは八ヶ岳。

振り返ると
富士
富士山

なにより眼前に迫る
甲斐駒さま3
甲斐駒さま~ 
(ちょっと逆光だけどね)

どんなに見ていても飽きない山ってあるもんだ。
甲斐駒さまとわたし
甲斐駒さま~

ざれた斜面をトラバースして頂上へと進む。
ここは、ちょっとシュールな風景。かなり、ぐっとくる。

白いトラバース
ほらね、ぐっときだでしょ?

トラバースの先はちょっとした広場。
ここからは、なんといっても八ヶ岳の眺め。
八ヶ岳
ここに八つがあってくれてよかった~(byたけさん)

編笠から蓼科まで、ひとつひとつピークの名前を確認しながらゆっくり眺める。権現と重なって赤岳は先っぽだけちょこっと見えている。

さらに、秩父の山々もみんなではしから同定する。雲ひとつない青空が最高のご馳走だった。

山頂は少し進んだ林の中だ。三角点確認しそこなったなあ。

下山はカラマツの林の中、粉雪の道を快調に下る。
積雪は10~20センチといったところ。
このくらいの雪って、夏道よりずっと歩きやすい。
らったたー
らんらんらん らったったー♪(byぜいぜいさん)

古い道なのだろうか? 途中にはこんな石仏が。
石仏
なんだかほっとするね。

すっかり葉を落としたカラマツの林の向こうには、どっちを向いても名山が透けて見える。こんなところも冬の山旅ならではの楽しみ。

八つ
左に見えますのは、八ヶ岳でございま~す!

甲斐
右にみえますのは、甲斐駒さま~

チェーン
車に戻って、みなでわいわいがやがやチェーンを装着し、
ゆるゆる慎重に下った。


帰りの車のなかで楽しむ富士山劇場。
屋根から
ああ、楽しかったなぁ。


まきくまさん、こんにちは。
花崗岩がにょきにょきしていて、日向山って面白い所ですね。
でUPの時間がちょい不思議なんですが。
確か今年の目標は、日付が変わる前にお休みになることだったかと。v-236
2007/01/20(土) 10:34:29 | |アランチャ #Toq/Ej/c[ 編集]

レポアップおつかれさま。
平均睡眠4時間って…私の半分だ(^^;;
じゃあ12時前に寝たら4時起きではないですか。
2007/01/20(土) 11:07:39 | |mixx(ひつじ丸) #xjc7fkBo[ 編集]

う~ん、4時間か~
拷問だな
一日に4時間しか起きてなかったってことは良くあるけど。

それにしても日向山ってアプローチが正直しょぼいのに山頂の花崗岩がインパクトありますね~。
2007/01/20(土) 12:51:54 | |十歩 #-[ 編集]

日向山、良かったですね。甲斐駒に似た花崗岩の山頂風景、展望もよい。甲斐駒ほど名前や形はかっちょ良くないが、なかなかの山頂でした。
2007/01/20(土) 20:00:37 | |つばさ #-[ 編集]

アランチャ様
にょきにょきすごいです。プチ甲斐駒? プチ鳳凰って感じかな。アップの時間、最初にタイトルをいれた時間が表示されてましたね。ほんとは1月19日23:50頃かなあ。なのでこの日は12時前に寝てますヨ。(アップ時間も訂正しときました)って、なんの意味もないいいわけ。

ひつじ様
プラス通勤時間2時間プラス会議睡眠2時感……、おっといけない、会議中寝ないも目標であった。

十歩さん
アプローチしょぼいですかね。わたし結構好きになったんだけどなあ。とにもかくにも頂上の景色は抜群ですよね。スライド見に行きますねー。

つばささん
ご一緒できて楽しかったです。今日ろ○んさんが、あのメンバーのなかではつばささんが一番お酒つよいはず、といってました。つばささん、セーブしてました? 
2007/01/20(土) 23:48:14 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

まっきー、お仕事はや~
滝からのコース絶対いいよね。
同じお山でも登り方でイメージ随分かわるよね。
2007/01/21(日) 18:34:55 | |ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]

ほんと滝から登るのが正解とみました。さすが長沢さんですねー。
ぜいぜいさん、日向山でロビ姉にあったんだって??? びっくり!
2007/01/21(日) 21:00:20 | |まきくま@お仕事 #E5Upi6Fk[ 編集]


うんとこしょ。
逆コースいったロビンでござーますよ。
あそこの滝は凍るんだ?ふえー
あそこの景色はホント意外性が魅力v-343
トルコ風かぁ??
って、あたいトルコいったことないけど。
ぜいぜいさんにトルコでばったり。
2007/01/21(日) 21:17:22 | |ロビン #qIFa0De.[ 編集]

ロビンさん
逆コースだと下りいやじゃなかった? 景色の意外性も滝からのほうが大きいかも。あの、ざれた斜面が眼前にたちはだかるって感じ。いいよぉ。
その、トルコってなんの意味があるの? ぜんぜんわからんぞーーー
2007/01/22(月) 20:13:36 | |まきくま@お仕事 #E5Upi6Fk[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://makikuma.blog34.fc2.com/tb.php/130-8ece9daa
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。