まきくま山

まきくま山の備忘録。 山歩き・美味しいもの・愉快な仲間


11月18日-19日の週末、新潟は越後川口の里山にきのこ狩りに行ってきた。
6月の「森と水」の山菜ツアーでお世話になった山のなんでも名人・山田師匠主催のきのこ狩の会に参加させていただいたのだ。
川口町って、なーんか聞いたことあるなあ、と思っていたら、そう、ここはなんと中越地震の震源地なのだった。一見したところ、地震の爪あとは私にはもうわからない。鮭の遡上する清流魚野川と信濃川が合流し、ゆったりとおおらかな河岸段丘を形成する。山間には棚田が広がり、赤に黄色に色づく里山がこんもりとして美しい。にっぽんの田舎のいいところをぜーんぶ集めたような、とってもすてきなところだ。
しかし、道路や家など復興工事はあちこちで行われている。そんななか、のーんびりきのこ狩とは不謹慎なっ! 感じがしないでもないが、ほれ、せっかくの山の恵に感謝して、感謝して、山の神様なだめるのも大事なこと。さぁああ、めいっぱいお山の恵みをいただくぞっ。

東京発7:08のときでmixxさんと待ち合わせ。山菜ツアーに続き、採集本能のつおーい2人で出動!
ホームで心配そーにたたずむmixxさん。ま、まきくまと新幹線、相性悪いからね(をい、だれのせいだよっ!)。その気持ちよくわかります。
13品目バランス弁当(これ定番ね)を食しながら、楽しくおしゃべりなどしていると、まもなく浦佐~、浦佐~。(ホントは国境のトンネルあたりから爆睡)
浦佐駅で半年ぶりの山田師匠とご対面。横浜から来たIさん、Kさんの仲良しコンビも合流してお山に向かう。
林道の終点に車を停めて、「はい、ここを登りマース」と師匠。
20061119231132.jpg
意外なことに紅葉がまだまだ見ごろ。
おもむろにがさがさ藪に入っていく師匠の後を必死に追う4人。ブナやナラの林のなか、下生えの若い木をなぎ倒し、踏み倒し力強く突き進む。あー、久しぶりのこの感触。登山とはまったく違う山遊びなのだ。
そこそこ急な斜面を登ること十数分、藪の少しうすくなったところを斜めにトラバースしていく。
と、「ほれ、あそこになめこがでてるでしょう?」と山田師匠。すぐ近くまでいかないと、というか近くにいっても気がつかないまきくま。
きのこの森
必殺! きのこ落とし
立ち枯れになったナラになめこがついていた。先端に刃のついた長いさお(7-8メートルはあるかな?)で掻き落とし、他の人がキャッチする。

実は山田師匠はサラリーマン。早朝、仕事の前に山か川か海に行き、山菜、キノコ、魚をとる毎日。実はこの山もつい4日前に調査済み。今日、どこの木にどんなきのこが出るか、師匠の頭の中にはすべてインプットされているのだ。師匠の導くままに山を歩けば、あるはあるはきのこのお山。
それでも、負けず嫌いのまきくまは、なにがなんでも自分で見つけたい!
師匠も気持ちを察して、ほどほどのアドバイスを残し弟子を野に放つ。

で、

見つけました! 

これが まきくまの なめこです。


まきくまのなめこ
ぴかぴか光ってるぞっ! どこにあるか、わかったかな?

ご要望に応えて、アップだぞっと
なめこアップ
はぁ~とぅるん、とぅるん!

薮をかきわけ、落ち葉が積もってすべる谷を降り、急な斜面を登り、なんてことをしているうちに、なんとなーく、どんなところに、どんな木にはえているのかがわかってくる。
そこそこ明るい林の中、ちょっと東向きで早くに陽がかげるところがきのこフィールド。
ナラの倒木には、、、、、なめこちゃん。

クリの木のあるところ、地面に腐れた木があると、くりたけちゃん
くりたけ


立ち枯れの木、わりと乾いた感じのところにひらたけちゃん。
ひらたけ


あってるかどうかわからないけど、ま、そんな感じかな。

お昼ごはんは、なめこの山を眺めながらおにぎりタイム。
師匠のザックからはプレミアムモルツがでてくるでてくる。 ひとり1本ずつわりあて~ うしし。
なめこの山と師匠とまきくま。 ぱちり。
師匠
あ、師匠、肩に手が…… あ、だめ、なめこが見ていますわよ
この倒木、木の裏側までびっちりなめこが生えていた。4人がかりで20分以上かかって収穫。

お昼のあともひたすらきのこ探索。
どんどん進む師匠に置いてきぼりをくい、途方にくれる場面あり。脚を滑らせて、怒られる場面あり。山遊びはきびしいのだ。

以下再現レポ。

ずってーん。横から出ていた木の枝(かなり太い)で耳の辺りを打ち、痛がるまきくま。
師「その濡れた木に足のっけただろっ、ばかっ」
弟子「ちがうっ、この枝が悪いっ」
師「ここにずるっと滑った後がちゃんとあるっ その足が悪いっ ばかっ」
弟子「この枝が悪いのっ……

ソウコウするうちに、mixxさん大物ゲット。
mixxのなめこ
イエーイ

同じなめこでも色、大きさいろいろだ。当たり前だけど
師匠によると、同じ木で1シーズンに3回くらいでるらしい。このなめこは3番なめこだんだそうだ。でも、この木にはまだ小ちゃい小ちゃいあかちゃんナメコがたっくさん出ていたので、4日後(ふふん本日あたり)またまたきのこの山になっているはずのだ。あー、だれかが大喜びでこの木に取り付いている様が目に浮かぶ~。(師匠の可能性大じゃ)
まだ暖かい1番きのこの時期よりも今のほうが虫が少なくなるそうだ。そしてそしてなんと2月深い雪の頃でもナメコがとれるらしい。スキーやスノーシューで山に入ると、あの立ち枯れの木の上のほうに生えてきたなめこがとれるんだって! 素敵~。

袋いっぱいにきのこを抱え、幸せ気分で歩く道~
ふかふか
杉林のなかはふっかふか~。よく見るとここにも白いきのこがたっくさん生えている。スギエダタケというらしい。ちっちゃくて集めるのたいへんだからと師匠は見向きもしない。師匠は、よほどおいしいきのこしかとらないのだ。

尾根にでたところでパッと目の前に現れたのは
越後三山クリックで拡大
雪化粧した越後三山。
このあと、車で走っていると、どこからでもこの大きな山々をみることができた。いいなあ、こんなところで暮らしてみたい。

きのこ狩りのあとは、蒼丘の杜公園のなかのコテージ村へ。今日はここの2階だてコテージでお泊りだ。師匠の親しくしている釣りの会のメンバーも加わっての宴会の予定。公園のなかには 川口温泉「和楽美の湯」があるので、そこで汗を流す。ここのお湯はちょっと茶色い強塩泉。すごく「効きそ」な湯だ。露天も大きく、開放感があってとてもいいお風呂であった。

宴会は
きのこすきやきに
20061122033105.jpg

きのこ汁
20061122033202.jpg

鶴の友、越の寒梅、緑川、mixxさん持参の甲州グレイス(白)と飲み進み、もーたくさん、というところでご就寝~。

翌日は
近くのキャンプ場の水場を借りて、きのこのお掃除大会をやった。
キャンプ場
キャンプ場はこんなナイスな場所。夏はこの池でじゅんさいが撮れるそーだ。なんと豊かなところなんだろ。

これが今回採集したきのこの標本
標本
右上から時計回りに、すぎえだたけ、くりたけ、ひらたけ、むきたけ

これらは量もすくないのでこのまま持って帰ることに。問題は大量のなめこだ。

<なめこの処理のしかた>
1ゴミ取り
荒って泥や葉っぱを落とす。
2虫チェック
軸をはさみで切る。穴が開いていたら虫のいる証拠。だんだん笠のほうに切り進み穴がなくなったらその先に虫はいないのでOK。
3下ゆで
ゆでておいたほうがもちがいいとのこと。沸騰したお湯に放って、さっとゆで、ジップロックで保存。
このまま冷凍すれば日持ちもOK。

そのまま食べられるくらいよくゆでて、からし醤油(醤油+酒+からし)に漬けてビン詰めにすればそのまま酒のさかなに。おろし和え用は、醤油+酒につけておけばOK。

山のものは、このあと処理がけっこうたいへん。帰ったらなにもしなくていいように、ここではたらかなくっちゃ。と思ってがんばったら、3時間以上かかった。ま、そのくらい大量にあったってこと???
保存
袋いっぱいのなめこも、処理してみたら、こんなにコンパクトに……。
ま、もって帰るのにはいいけどねー。

きのこ料理編はまた次回のお楽しみ。
ふぅ~、やっとアップできた。
実は、深夜までかかってできたのを、なぜか消すってばかを2回もやっていたのだ。

あーーー、この ばかっ
この指が悪いっ


美味しそうですね。
私もぜひきのこ狩りしたいです。でもプロの人と行かないとやばいことになっちゃいますね。
来年こそは、誰かについていきたいです。
お料理記事、恨めしくお待ちしております。
2006/11/23(木) 13:44:20 | |えいじ #-[ 編集]

これぞ、秋山遊びの醍醐味ですよ!こーいうの大好きv-351自然の恵みは遊んでよろし!食べてよろし!いい体験ですよね。
で、なめこはずいぶん遅くまで収穫できるんですね。一つおりこうさんになりました!
2006/11/23(木) 15:29:32 | |hiro@仕事なのーひまひま #SFo5/nok[ 編集]

すげ~!
ひらたけってあんな風に生えるんですか!
知りませんでした。
キノコ鍋おいしそうですね。

>あ、師匠、肩に手が…… あ、だめ、なめこが見ていますわよ

大ウケ!
悔しいな~・・・
師匠ずるいっす(-_-メ)

来週の、なめこ祭りに期待です(笑)
2006/11/23(木) 20:59:11 | |食う寝るさんだ-す #EBUSheBA[ 編集]

まだ復興工事やってるんですね。
あれは2年前、ボランティアにちょっとだけいってきました。
お土産に買った魚沼産コシヒカリがうまかったです。
遊びに行きたいな~って思っていてなかな行けないところの一つです。
2006/11/23(木) 21:51:20 | |十歩 #-[ 編集]

私の縄張りは今年は不作だったので・・・。うらやましっ(苦笑)
肉厚のヒラタケも炭火焼きで生醤油もいけますよ。是非お試し下さい。
「キノコ」は「木の子」良い森には沢山生まれますね。そんな森をお互いこれからも徘徊していきましょうね!ビバ秋の幸(爆
2006/11/24(金) 07:54:03 | |河童 #-[ 編集]

おつかれさまー。まっきーと行くと、ちゃんとしたレポートが自動的にできて(ぉぃ)うれしいな~。

河童さま、師匠情報によると、今年新潟は豊作だけど長野や福島はいまひとつだそうです。私もヒラタケ好き!今回はお土産分が少なかったのがちょっと残念でした(←ゼイタク)。
2006/11/24(金) 10:01:14 | |mixx@ひつじ丸 #xjc7fkBo[ 編集]

はぁ・・・まだ酔ってる感じ。
つらいっす v-12
キノコ師匠をお色気でた○らかせて、あんなに美味しそうな・・・やるなー
たっぷり伝授してもらって
今度はまっきーが師匠と呼ばれる輝かしい地位に。。v-513
がーんば!
2006/11/24(金) 12:28:35 | |ロビン@会社なりよ #qIFa0De.[ 編集]

えいじさん
ほんと、きのこは命に関わるので案内人は重要ですね。でも、今回とったきのこはたぶん誰でも見分けのつく基本きのこです。来年は是非チャレンジを!

hiroさん
いい感じでしょ? 最高に楽しかったっす。でもね、こういう山遊びって意外に体力いります。道じゃないところいくのでいつもと違う筋肉使ってるみたいだし、山から出てきたときはみんなけっこう疲れた顔してました。もちろん師匠だけはぴんぴんしてましたけどね。

食う寝るさん
なめこが見てるのにね。困った師匠です。丹沢でナメコご馳走しますんで、お楽しみに。

10歩さん
新潟の小山、好みなんじゃないかなー、って勝手に思いました。ボランティアいらしたんですね。私たちの泊まった町の施設もホテル部分は地震でダメになったらしく新しい建物を建築中でした。新潟は米も酒もうまいのでとてもとても魅力的です。

河童さん
四国不作でしたか? mixxさんも書いてますけど、今年は全国的にダメなのかな。ヒラタケはとりたかったんだけど見つからなくて……肉厚の炭火……がるるるるるー。四国山菜ツアー、四国きのこツアー開催してくださーい。

mixxさん
お疲れさんどした。いろいろあったけど(笑)、楽しかったですね。とにかく持ってきたなめこ、うまいです。なんか、味濃いです。牧熊ナイフも楽しみだ。気長に待ちましょう。

ロビ姉
うんうん、ほんとよく呑んだねー。朝ちょっとつらかったっす。かなり濃い呑みでした(爆)。やっぱ、冷酒はちょうしにのって呑むからだめだね。起きたら畳に小豆バーの包装紙が落ちててさ。びっくりしたよ。私ってば、あんなに食べたのにまた食べたらしいの。記憶に残さずに食べてるってすごいよね。猛反省。
2006/11/24(金) 16:16:57 | |まきくま@ #E5Upi6Fk[ 編集]

健啖家とはまきくまさんのような人を言うのでしょうか?
でも、食べ物が美味しくいただけるとは幸せな事ですよ。
でもキノコ類はカロリー低いし健康診断も無事クリアされたようですし・・・
でも、グビグビッと何か飲んでるでしょー、例えば昨夜はロビンさんと一緒に~!
↑でもでも攻撃だぁ。

2006/11/24(金) 19:38:38 | |かんぼ #-[ 編集]

まっきーもmixxさんもいいお山楽しんでますね。
無心にあるくのも楽しいけど
お目目ぎらぎらで、獲物を探すのもまた楽しだなあ。
afterも濃くておいしそう~
2006/11/24(金) 19:40:53 | |ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]

う、うらやましい・・
きのこってそんなにザクザク見つかるものなの~?
しかも雪山でも・・・ウヒヒ、いいこときいちゃった。
その前にどれが食べれるキノコだか見分けられるようにならないと。

キノコ料理、おいしそうだな~。
2006/11/24(金) 21:14:12 | |TiCA #-[ 編集]

かんぼさん
乾杯 じゃなくて 完敗です。その攻撃きついです。ぐびぐびいっちゃいました。ロビ姉+師匠と。おでんやです。日本酒です。もうだぁだぁです。

ぜりぜいさん
そうそう、きのこ一緒に行こうっていってたのに、なんだかツアーには参加しないことになってしまってお誘いできずにごめんね。春の山菜、都合ついたら是非ねー。たぶんぜぜさんも、ものすごーく積極できに集めまくると思いますです。

TiCAさん
えーと、でもね高い山いっちゃたらだめだよん。ナラやブナの林のある里山に入らないとね。だからボー○のついでにとっちゃお、なんてのはだめなのだー。初すべり楽しんできてねー。って、もう出発しちゃったかな。
2006/11/24(金) 22:44:39 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]

>起きたら畳に小豆バーの包装紙が落ちててさ・・・
わらえるぅー! やっぱ凄いわチミは。
ちょっとお腹へったよね。飯ナシだったから。
私はといえば、雪の赤岳を登ってる夢でした。(笑
結構きつかった。布団の中で足を動かしてたのだろーかv-361
2006/11/24(金) 23:50:01 | |ロビン #qIFa0De.[ 編集]

あ、あ、気にしないでください。
旗日以外は連休取れないんで・・・
夜ぶっとばしていっても、翌日なめこ処理じゃつらい~
2006/11/25(土) 17:42:45 | |ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]

まきくまさん、おはようございます。(ってもう昼前だけど。^_^;)
催促したのにコメント遅れてゴメンナサイ。
予想通りとゆーか、予想以上に楽しそうですね。
きのこ狩りは興味津々だけど、食用かどうか見分けられる方が一緒でないと、うかつに手を出せないし。
きのこすき焼きも、きのこ汁もおいしそう。
「森と水」さんのツアー、いいわぁ、絶対!
2006/11/26(日) 11:12:14 | |アランチャ #Toq/Ej/c[ 編集]

ロビ姉
なに? 雪の赤岳? また行っちゃう気? 今度はマット忘れずにねー。

ぜいぜいさん
日帰りプランもあるけんね。たのしいぞ。

アランチャさん
そう、ここのツアーおすすめです。ガイドさんいい人です。きのこは、命に関わるのでね、やっぱ慎重になりますよね。
2006/11/26(日) 16:57:27 | |まきくま@ #E5Upi6Fk[ 編集]
勉強になりました
まきくまサン、楽しそうですね~!!!。私も、ここ数日、新潟遠征で、同様に登山とキノコ狩りを楽しんでいました。
そちらのお師匠さんのお言葉、勉強になりましたよ。確かに今までは虫食いのキノコ多かったですが、今回は天然乾燥気味のキノコでも、虫食いが少なかったですね。
ヒラタケも今回初めて大量ゲットしたし、今週末も新潟の里山、行きたいな~。
天然きのこ美味しかったよね、たまりませんよ(笑。
2006/11/27(月) 10:14:20 | |テントミータカ #SVWlgnzY[ 編集]

ミータカさん、越後の里山よくご存知ですよね。そっかー、自力できのこゲットですね。
ほんとうにうまいですよね。昨日もなめこのからし醤油漬をあてに新潟の酒をちびちびi-270 しあわせ~
2006/11/27(月) 18:07:20 | |まきくま@ #E5Upi6Fk[ 編集]
リンクを貼らせてくださいね
天然キノコの幸せを皆さんにも紹介したく、リンクを貼らせて貰いました。もし、不都合でしたら、ご連絡下さいね。
2006/11/29(水) 19:41:12 | |テントミータカ #SVWlgnzY[ 編集]

ミータカさんリンクありがとうございます。
いま、見てきましたよー。そちらのきのこもすごいもりもりですねー。ヒラタケもあんなに! うらやましーーー。
2006/11/29(水) 22:57:53 | |まきくま #E5Upi6Fk[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://makikuma.blog34.fc2.com/tb.php/113-400f7587
トラックバック