まきくま山

まきくま山の備忘録。 山歩き・美味しいもの・愉快な仲間


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代休の木曜日は、お掃除とお洗濯ともろもすませて10時に家を出ました。

今日は、青梅線の南側の尾根、永山ハイキングコースを歩きます。
青梅駅の裏から10分ちょっとで小高い尾根上に上がりまして、ぽかぽか陽だまりを歩きます。
s-IMG_3713 (2)
お 真白き富士の嶺。
すっきりとした青空。南の丘陵地の尾根上にちょこんと顔を出しています。どっかーんと見える富士山もいいけど、里山からのこんな富士山は親しみがもてていいね。

尾根を10分も行かないうちに、、、
右側の藪からがさがさと動物の歩く音。
s-IMG_3719.jpg
あらま、かもしかさん。
わかります?
ほんの数メートルのところにいるのに、みんな全然気づかず通り過ぎます。
私とかもしかさんだけ、じっと見つめあって、ごあいさつ。
家からほんの20分のところにかもしか!!! そのうち、家の庭まできたりしてね。

尾根をとことこと、登ったり下ったり。
途中で、隣の駅に降りる分岐を通り過ぎ、その次の駅に降りる分岐を過ぎ、さらに次の駅に降りるコースをとりました。
ここは、去年の年末に、ろびとゆっきーと歩いたコース。
降りた先に、一軒家レストランがあるので、お昼はそこで贅沢ランチがいいかな♪
 と、思って。

沢ぞいの道をすすんであと少しで国道にでるところで、ひー ひー とルリビタキの声。
よく見ると、私のすぐ先をちょんちょん歩いていました。
s-IMG_3745 (2)
ぷっくりとしたシルエットと、つぶらなおめめがかわいいですね。
後ろから見ると、羽にきれいな青が入っています。おそらくはルリビタキのオス。あと何年かすると、もっともっときれいな「青い鳥」になるはず。

s-IMG_3788.jpg
青梅線の踏み切りを渡ればあと3分で石神前駅。

いつんまにか12時過ぎ。おなかもぺこぺこです。
駅前のちいさなイタリアンに一直線!

と、思ったら、冬休みですって・・・
なんですとー!!!

この10日後、ディナーでお邪魔したときに聞いてみたら、寒い季節なので、誰も来ないとおもって、ちょっとゆっくりお休みをとっていたのだそうです。
ま、そんなゆるゆるなところも、無人駅の一軒家レストランらしいところ。
電車が来るのをたっぷり30分待って家に帰りました。
ランチは、近所のパンやさんのパンと紅茶。
ま、安上がりでよかったけどね。
スポンサーサイト

パスワードも、新しい記事の書き方も忘れてしまったまきくまです。
今年は、ぼちぼち山の記録を再開したいと思います。

さて、2017年の初登りは、
御岳山から大岳山。

大岳山はうちから見えるいちばん高いお山です。
標高は1266メートルとたいしたことはありませんが、肩を怒らせた独特の山容は奥多摩の盟主と呼ばれるにふさわしい堂々たる姿。
わたくし、昨年の暮れに、この大岳山をまきくまの山と定めまして、100回登山の誓いをたてました。
というわけで、2017の初登りは、1月15日大岳山とあいなりました。

鷹の調査に出かけるうしの車で御岳山ケーブル駅まで送ってもらいまして、ケーブルに乗ってらくらく標高を稼ぎます。
歩き始めは9:30。ちょうどケーブルの山頂駅を境に雪が残っていました。

20170115_1314
登山道にはプチ雪崩のあとも

20170115_1317
風もなく穏やかな道です

201701113275
山頂直下の小さな神社

ここから先はちょっとだけ岩場。慎重に登れば山頂は

20170115_1317
大展望。
いつもなら富士山どーんですが、本日はお休みのよう
それでも、十分きもちのよい山頂です。

あと97回登ればめでたく100回登山となります。今年はあと何回登れるかなあ。

さすがに風が強いので、カップラーをささっといただいて、ささっと下山。
来た道を引き返して、またまたらくらくケーブルで降りました。
調度帰るタイミングのうしに迎えにきてもらって、超らくらくの初登りでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。