まきくま山

まきくま山の備忘録。 山歩き・美味しいもの・愉快な仲間


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

27日の日曜日、奥多摩の棒ノ折から岩茸石山まで歩きました。
コースはこんなふう。

飯能駅→名栗橋→棒ノ折山→黒山→岩茸石山→惣岳山(実はまいた)→青梅線沢井駅

参加は、さいたまあずのかいねこさん、まゆ太さん、ゆきさん、そしてたまあずの師匠、たけさん、まきくま。サイタマからタマをつなげる忘年山行でした。

     続きを読む
スポンサーサイト

11月23日(月・祝) 湯ノ沢峠~大蔵高丸~ハマイバ丸~大谷ヶ丸~滝子山~初狩駅

天気予報では昨日の午後から夜半に雨か雪、今日は晴れでした。
まきくま楽天気予報では、夜の間雪がしんしんと降り積もり、翌朝は一面の銀世界。

のはずが、

夜の間雨が降り続き、起きてみたらなんだか曇り空のさえない天気。

モチベーションはダダ下がりです。自然と撤収作業がゆるゆるになり、私たちの準備が整う頃にはほとんどの登山者は姿を消していました。
ま、こんななりゆき登山もいいもの。
7時半に出発です。

昨日満員で宿泊をあきらめた避難小屋の横を通ってほどなく草原状の尾根にとりつきます。
     続きを読む

もう10年以上前からつなぎたいと願っていた、大菩薩~小金沢連嶺。
天気だの体調だの、仕事だのいろんなことが邪魔をしてなかなか歩けなかったこの山の連なりを、2009年11月の連休にようやく歩くことができました。

     続きを読む

ひとつずつさかのぼるレポ@まきくま山でございます。

11月最終週は富士山の展望台、冬の日だまりハイクの定番矢倉岳に行ってきました。
山友ぜいぜいさんが呼びかけてくださった、ワインの会です。

     続きを読む

今年も残すところあとわずか。
です。

思い返せば、ずいぶんたくさんの山を旅しました。
振り替えれば、レポも、、、  うぅ

レポはほとんど書いてません。。。。

というわけで、残すところあと半月ですが、
まきくま山レポ月間宣言!
とにかく記憶の新しいところから一つ一つやっつけますぞ。  きっぱり!


…………………………………………………………………………………………………………

12月最初のの土曜日、信州の山友の家に行くついでに山梨の低山に登ろうということになりまして、ガイドやら地図やらひっくり返して検討した結果、南アルプスの前衛、釜無川右岸に位置する荒倉山が浮上してきました。
分県ガイド「山梨県の山」によれば、登山道の途中、平川峠までは鳳凰山へのかつての登山道だったとか。
ならば、一度登ってみよう ということになりました。同行はご近所山友達のたけさん。

     続きを読む

坂の上の雲

えと、司馬ファンのまきくまのなかでも、司馬遼太郎最高傑作です。
まあ、司馬史観ならびにこの作品に関しては、賛否両論ありましょうが、とにもかくにもこのドラマ、前宣伝かまびすしく非常に非常に非常に 楽しみにしておりました。

で、内容はさておきですね。


エンディングの山映像、ご覧になりました?
唐突な山映像にびっくりされた方多いのでは?

     続きを読む

それは昨日のことでした。

じぶんの家にたどりつける最終の山手線にようよう乗り込み ほっと息をつけば、

おや、席がひとつあいているわ。

ふう。  座ります。

     続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。