まきくま山

まきくま山の備忘録。 山歩き・美味しいもの・愉快な仲間


四国は讃岐のこんぴらさんに行ってきました!
メンバーは<世界遺産の旅&食べ部>のまきくま、Y子、K代ちゃんの三人。四万十川&初がつお編、白神山地&とれたてうに編 に続く第3回の部活動だ。
金比羅は世界遺産じゃない、って? うん、うん、知ってるよ。
今回のテーマは、世界無形遺産(えらそーだ)であるところの歌舞伎&讃岐うどん。
     続きを読む

鉄は熱いうちに打て! レポは冷める前に書け!
わかっちゃいるけど、日々の仕事、もとい呑み会に呑まれてついつい遅くなるアップ。
そう、春爛漫の高尾に行ったのは4月15日。もう10日も前のことになってしまった。ついさっき食べたご飯の内容も定かでなくなってきたまきくま、なけなしの記憶力を振り絞ってのすみれレポートです。
     続きを読む

先週の高尾すみれの山旅のアップも出来ずに、あー、週末に突入してしまっただ。
sumire
ごめん、すみれちゃん

今週末は久しぶりの旅行なのだ。
     続きを読む

さて、愉快な仲間のあとは、やっぱりこれでしょう。
困ったチャンである。

     続きを読む

そう、オフの成功を左右するの参加者である!
いままで数少ない経験ではあるが、オフでいやな人にあったことは、ない。
じゃあ山の好きな人はみんないい人か、というと、そんなことはない。だって、山道で、山小屋でいやな思いをすることは、やっぱあるもんね。
きっと、山旅MLとたけ小屋の番人の人徳であろう。(あー、なんか出るかな。期待)

しかし、人間いい人ならいいか、というとそうでもない。愉快であることが重要なのだ。というわけでスクープ映像を取り混ぜて、愉快な仲間たち編といきましょう。
     続きを読む

4月9日(日) 山旅MLおよび「たけさんの山歩き」の掲示板に集う人々のオフ山行が開催された。
     続きを読む

今日は花見の茶会。

桜の帯にするか、カタクリの帯にするか。迷うなあ。
sakura-katakuri

ほんとは桜がメインの茶会に桜をきるのはルール違反なのだろうけど、かといって、ほかの季節にきられるものでなし、へんなルール。

というわけで、無視することにした。もっともこれは紅葉と桜吹雪の春秋兼用柄。

カタクリは明日山で会えるはずだしね。
期待してるよー、カタクリちゃん。

怒涛の大菩薩オフの帰り、温泉の売店で地元産うどを購入した。
どうやって料理するの? という声があったので、僭越ながらまきくま料理教室なのだ。

うど=あんこう
なのである。捨てるところがない。
皮をあつーくむいて茎の真ん中の白いところをスライス。
udo
すぐに酢水にさらしてあくをとる。
この部分は酢味噌あえがよろし。京都の白味噌がだんぜんおすすめ。
siromiso

酒と味噌と酢をといて弱火に。甘いのが好き人はみりんか砂糖を使いましょう。分量は、好みなので試行錯誤が大切。さらしたうどスライスとあわせてできあがり。しゃきしゃき感と香りが命。

皮と芽の部分は細く切って、水にさらし、ふつーにきんぴらにしましょう。唐辛子をきかせるのがまきくま好み。
kawa

春の香り満載。簡単つまみのできあがり。
kannsei
庭の木の芽を、ちょっとあしらってみました。

あー、やっとアップできた。
作ってすぐにアップするつもりが1週間たっちまった

山ブログ仲間のビスターリさんを関東に迎えてのオフに参加した。
ナイスなイラストと簡潔で核心に迫るコメントにはいつも脱帽の「ビスターリ通信」。ファンの一人として、末席に加えていただいた。
     続きを読む